実家の片づけをしていたらたくさんの書類を発見。このような時どう処分すればいいか悩みますよね?燃えるゴミの日や資源ごみの日に出してしまってもいいのですが、捨てる時に考えてしまうものもあります。大量の年賀はがき、仕事で使っていたと思われる会社書類、クレジットカードの明細など見つかるものは様々です。

この記事では遺品整理をしていて処分に困るものをどうすればいいのかをご紹介いたします。

大量の書類の処分、どうすればいいの?

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国263社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

お急ぎの方はお電話にてご相談ください!

通話無料0120-905-734

※お客様相談窓口につながります。受付時間 9:00~18:00(土日祝日除く)

シュレッダーで処分する

家にシュレッダーがあればそちらを利用しましょう。最も費用がかからずに楽に安全に書類を処分することができます。最近では大きな家庭用シュレッダーもECサイトで購入できます。デメリットとしてシュレッダーは処理に時間がかかります。また実家の片付けのためにだけに購入するのも億劫なものです。

機密書類の処理を専門とする業者に依頼する

段ボールでひと箱いくらという単位で書類を溶解処理してくれる業者も存在するため、検討してみましょう。

業者によってはひと箱2,000円~から対応してくれます。専用の段ボールを自宅に郵送してくれ、溶解処理の証明書まで発行してくれる場合もあります。業者は箱を開封せずに溶解してくれるので中身を誰かに見られる心配もありません。また特徴としてはクリアファイルやバインダーに入った書類もそのまま処分してくれるため、手間が省けます。

遺品整理業者に依頼する

書類以外にも家具家電などの処分を検討している場合、遺品整理業者に依頼するのも一つの方法です。実家の片付けがなかなか進まない、家財をまとめて回収・処分してほしいというニーズにこたえてくれますし、大量の書類の中の重要書類の捜索までをしてくれます。当サイトみんなの遺品整理では全国の優良遺品整理業者と提携しておりますので、お気軽にご相談ください。

みんなの遺品整理トップページへ

遺品整理を業者に依頼するメリットと良い業者の選び方