実家を出て生活している人にとって、実家の親の様子は気になるものです。親が亡ってしまった後には責任を持って実家を整理しなければなりません。ここでは、実家の整理のポイントについて見ていきましょう。

実家の整理はどうする?その方法を解説!

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国620社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

お急ぎの方はお電話にてご相談ください!

通話無料0120-905-734

※お客様相談窓口につながります。受付時間 8:00~19:00 (土日祝も対応)

整理するべき理由とは?放置することで起こりうる問題

いざ取りかかろうにも「焦ることはないだろう」と放置してしまいがちな実家の整理。しかし、そのままにしてしまうといくつか問題も起きてしまいます。 

① お金関係の放置は相続に関わる

預金通帳や有価証券、土地の権利書といった貴重品は相続にも関わるものですので確実に見つけ出さなければなりません。

また、親が実は莫大な借金をしていたなど、隠された事実が発覚することもあります。大きなトラブルにつながりかねないので、一刻も早く見つけ出す必要があるのです。

② ものの放置は思わぬケガにつながる

ついつい買ってしまったものや、なかなか捨てられずにいるもので実家が溢れていませんか?動線上にものが置いてあると思わぬケガに繋がりかねません。高く不安定に積まれた荷物は地震の際に落下してくる可能性もあります。

足腰が弱い方は少しの段差でもつまずいてしまうので、床にものをおかず、行動できるスペースを広くとることが大切です。

整理するタイミングはいつ?

実家を整理するタイミング、きっかけとして

①生前整理

②遺品整理

が挙げられます。それぞれの片付け方について見ていきましょう。

生前整理のメリット

生前整理とは、近年注目を集めている「終活」の一環です。

生前整理をしておけば、死後の家族の負担を減らすことができます。その他にも、すっきり片付いた家で安全に老後を送れたり、存在を忘れていた貴重品を発見できたりするなど、多くのメリットがあるのです。

ポイントは親とのコミュニケーション

生前整理を行う場合は、当事者である親と相談しながら進める必要があります。親がこの先も実家で生活することを考え、自分だけの判断で進めることは避けましょう。

いつもどのように生活しているのか、どんな服を気に入ってきているのか、残しておいてほしいものはどのようなものか、を事前に聞いておくと、自ずと必要なもの、不要なものの分別がわかってくるでしょう。

生前整理は親が元気なうちに

親の意見をしっかりとヒアリングするためにも、親が元気なうちに生前整理に踏み切りましょう。

親が認知症になったり重病で入院したりしてからでは、協力を得ながら整理を進められません。将来のことについて親と相談する時間を持ち、納得してもらった上で整理を進めましょう。

実家の整理は「安心で安全な部屋」の構築がゴール

生前整理のゴールは、「ものが少ないきれいに片付いた部屋」ではありません。自分の家なら、整理を機に家具の配置を変えたり模様替えをしたりすることも楽しみの一つかもしれません。しかし実家の片付けでは「親がいつもの暮らしを送れる空間」を残しておくことが大切なのです。

また、けがをしないためにも床にものを置かない、高い場所に荷物を入れすぎないことも大切です。

片付けの流れは分別→処分→収納

生前整理の具体的な進め方は、

①分別:必要なものと不要なものに分ける

②処分:ゴミの種類別に適切な処分方法に従い処分する

③収納:残したものを安全に使いやすく収納する

です。

一軒家を丸ごとや、物の多い部屋を片付ける場合には多くの時間を費やしてしまいます。まとまった時間が取れない場合には、場所や時間を限定して片付けるのも一つです。

貴重品の保管場所も決めておこう

親に万が一のことがあっても大丈夫なように、貴重品の保管場所も決めておいてください。

後になって貴重品や金銭関係の書類が見つからない場合、相続トラブルに繋がってしまいます。

親が亡くなった後の遺品整理について

親が亡くなれば、遺族は遺品整理をする必要があります。前述の通り、整理をせずに実家を放置すると、多くのトラブルが発生しかねません。親を亡くした悲しみは大きいでしょうが、できるだけ早く遺品整理に取り掛かる必要があるのです。

遺品整理のタイミング

葬儀が終わって落ち着いた段階で、親族にも声をかけつつ始めるといいでしょう。 遺品整理は生前整理と異なり、親がいない状態で行うことになるので、より注意深く進めなければなりません。

具体的な片付け方

基本的には生前整理と同じく分別から取りかかります。しかし、遺品整理の場合には生前整理と違い何がどこにあるのかを親から聞くことができません。

そこで、まずは実家にあるものをすべて取り出し、広い部屋に並べてましょう。タンスの裏や洋服のポケットの中など思わぬところに貴重品が隠れていることもあるので、細やかな確認も必要です。

全てのものを種類ごとに分け、貴重品から保管に回し、不要なものは処分しましょう。家電や大型家具は粗大ゴミに出せない物もあるので、適切な処分方法を事前に調べておくことが必要です。

家財別の処分方法のまとめはこちらから

また、貴金属類や家具・家電、着物、ブランド品は買取ってもらうことできます。単に処分するには勿体無い物が見つかった場合には、買取に出してみましょう。

高く買い取ってもらうコツはこちらから

「開かずの扉」は作らない

何がどこにしまってあるかわからないのですから、実家を隅から隅まで調べましょう。親のパソコンやスマートフォンの中身も調べる必要があります。ロックを解除できなければ、専門業者に解除を依頼することもできます。

生前整理も遺品整理も業者に依頼できる

具体的に実家を片付けるとなると、時間と人手が必要だと実感された方も多いのではないでしょうか?自身の日常生活を送りつつ整理を進めるのは、なかなか難しいことでしょう。特に実家が遠方にある場合、片付けのために実家に赴くだけでもかなりの負担となってしまいます。

そこでおすすめなのが、遺品整理業者に整理を依頼することです。遺品整理業者は、家にあるものを丁寧に仕分け、不用品をすべて回収してくれます。部屋の清掃まで請け負ってくれるので、長年放置され汚れてしまった部屋の掃除も安心して任せられるのです。

また、単なる不用品回収業者とは異なり、すべての品物を遺品として大切に扱ってくれます。丁寧に遺品整理を進めることは、故人の供養にもなるでしょう。

さらには買取まで行ってくれる業者もあるので、料金を抑えることもできます。

遺品整理士認定協会認定!しっかりした業者を探すにはこちらから

業者選びからご相談したい方はこちらからお問い合わせ下さい

業者の相場はいくら?

業者に依頼する場合のデメリットとしては料金がかかることが挙げられます。目安ではありますが、間取り別の料金は次の通りです。

間取り 料金相場 作業人数 作業時間
1R・1K 30,000円~80,000円 1~2名 1~3時間
1DK 50,000円~120,000円 2~3名 2~4時間
1LDK 70,000円~200,000円 2~4名 2~6時間
2DK 90,000円~250,000円 2~5名 2~6時間
2LDK 120,000円~300,000円 3~6名 3~8時間
3DK 150,000円~400,000円 3~7名 4~10時間
3LDK 170,000円~500,000円 4~8名 5~12時間
4LDK以上 220,000円~600,000円 4~10名 6~15時間

※上記金額は作業費を含む人件費・車両費・回収運搬費・廃棄物処分費をあわせた概算費用となります。 ※ゴミ屋敷清掃や特殊清掃が必要な現場の場合、料金が大きく変わります。

費用を安く抑えるコツは「相見積もり」

できるだけ費用を安く抑えるコツは3社を目安として複数の業者に見積もりをとることです。相見積もりをとることで、業者間のサービスや料金を比較できますし、大まかな相場もわかるので不当に高い料金を提示している業者を避けることもできます。

相見積もりをとるなら「みんなの遺品整理」

「一社ごとに見積もりをとる手間を省きたい!」という方は、「みんなの遺品整理」を利用してみてはいかがでしょうか?一度のお問合せで最大3社まで相見積もりができるサービスです。

「みんなの遺品整理」の特長 ~安心・カンタン・お得~

当サイトでは、追加料金一切無し・作業経験が豊富な業者に一括で相見積もりを取ることができます。400社以上の業者が掲載されており、料金や口コミ、スタッフ、作業事例で比較することもできます。

安心

・遺品整理士の資格を持つ業者の中から厳選して掲載

・問い合わせ時に個人情報がすぐに業者に公開されない

カンタン

・様々なサービスや口コミで掃除業者を比較

お得

一度のお問い合わせで3社まで相見積もりを手配。実際の金額を比べて、依頼する業者を決定!


遺品整理業者の料金や口コミを調べる

一括見積もりをしたい・お急ぎの方はこちらから

みんなの遺品整理」では、全国に10,000社以上いるといわれている遺品整理業者の中から、【回収した遺品を法律にそって処分しているか・過去のクレームや追加料金の請求をしたりしていないか・電話対応や接客態度が一定のレベルを超えているか】などを審査し、厳選して掲載しています。

実家の整理は業者依頼も視野に

実家の整理は、遅かれ早かれ誰かが必ず行うことになります。生前にある程度整理を行っておくことが大切です。まずは親と相談し、早めに準備を始めましょう。

自力での作業が難しいと判断した場合には、遺品整理業者への依頼も選択肢の一つにしてみてくださいね。