何度片付けてもすぐに散らかってしまう部屋に嫌気がさしていませんか?部屋の片付けにはやり方があり、コツさえ掴んでしまえば、綺麗な部屋の状態を保つことは難しくありません。

この記事では、片付けを始める前に準備するものや効率的な片付けの順番などをお伝えしていきます。

部屋の片付けのコツをご紹介

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国394社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

お急ぎの方はお電話にてご相談ください!

通話無料0120-905-734

※お客様相談窓口につながります。受付時間 8:00~19:00 (土日祝も対応)

散らかってしまう原因3つ

1 片付ける場所を決めていない

普段よく使うテレビのリモコンなどを置く所定の位置を決めていますか?片付ける場所が決まっていない物はあらゆるところに置かれ、部屋が散らかってみえます。散らかるだけでなく、使いたいときにすぐに見つからないという不便も。

2 収納スペースがいっぱい

いざ片付けようと思っても、収納スペースがいっぱいだと片付けが進みません。そして、入らなかった物は結局、部屋の隅に積み重ねられたまま放置されてしまうのです。

3 使った後にすぐ片付けない

筆記用具を使ったらそのままテーブルの上に置き、洋服を脱いだら脱いだままになっていませんか?使った後はすぐに片付けないと部屋はすぐに物であふれかえります。

部屋を片付ける時に準備するもの

・ゴミ袋

片付けをしていると要らないものが沢山出てきます。思い切って処分するためにゴミ袋を用意しましょう。おすすめはスーパーのゴミ袋。ゴミの種類別に入れておくと、後で分別の必要がなくなります。

・紙袋など大きめの袋または段ボール箱

部屋の中に散乱しているものは収納場所ごとにまとめて移動させると効率が良くなります。紙袋や段ボールは運びやすいため便利です。

・古布(新しめの雑巾)

ずっと置いたままにしてあったものは、ホコリをかぶっています。収納場所に入れる前に、布でホコリを拭き取る必要があります。 ・掃除機 物が置いてあったものの周りにはホコリが溜まっています。こまめに掃除機で吸い取り、部屋の中に飛び散らないようにしましょう。

片付けで手を付ける順番

1 収納場所を整理する

クローゼットや押入れなどの中を整理し、不要な物は捨てましょう。これで収納スペースを確保します。

2 部屋に散乱している物をまとめる

収納場所ごとに用意した段ボール箱などに入れてから収納場所へ運びましょう。この時点でも不要なものはその都度捨てることが大事です。

3 いつも使うものは所定の場所を決める

リモコン類は小さなカゴにまとめてリビングのテーブルにおく、などの決まりを作って家族全員に共有しましょう。

4 掃除機をかけ、テーブルの上をふく

床の上に物がなくなったら最後に全体的に掃除機をかけましょう。テーブルの上のほこりを拭き取るのも忘れずに。

おすすめの片付け方法

片付けをするためには、まず十分な時間を確保しましょう。散らかり具合によりますが、かなり散らかっている部屋であれば丸一日確保しておくと良いでしょう。時間が足りなくなって途中で片付けをやめてしまうと、「始めの状態よりもひどくなった」ということにもなりかねません。

また、「途中で他のことをしない」と決めてから片付けに取り組むことが重要。途中で用事を思い出したり、懐かしいアルバムを見たくなっても、「片付けが終わってから」にする事がスムーズに片付けを行う秘訣です。

終わりに

片付けをスムーズに行うコツをご紹介しましたが、いかがでしたか?片付けが長くかかりそうな場合は、休憩をこまめに取って水分を補給することも忘れないでくださいね。