「遺品整理」という言葉は近年、かなり身近な言葉になってきています。言葉のイメージは付きますよね。それだけに、突然のタイミングで遺品整理をしなければならないとなると、とても慌ててしまいます。甘く見ていると、大変な思いをしてしまうことも…。この記事では、悩める遺品整理について、コツや業者に依頼する際の注意点などを含めご紹介します。

遺品整理が大変な理由と解決法まとめ

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国619社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

お急ぎの方はお電話にてご相談ください!

通話無料0120-905-734

※お客様相談窓口につながります。受付時間 8:00~19:00 (土日祝も対応)

遺品整理とは

遺品整理とは、故人が遺していった品を整理すること。単純なように聞こえますが、遺族が実家から離れ遠方に住んでいたり、残された遺族自身も高齢だったりすることが多くなってきて、徐々にその整理が難しくなってきている現状があります。

それに日頃の片付けとは違い、大型の家具・家電、普段は使わない押入れや物置の中身も含め、一度にたくさんのものを整理しなければなりません。しかも大切な人を失った傷心で行うということも含め非常に大変であり、悩んでしまったり途方に暮れたりすることも多いといいます。

遺品整理が大変な理由

遺品整理を実際にしていくにあたって、どんなことに悩むのか、大変なのかについてまとめてみました。

作業時間の確保

先程も挙げたように、近年の核家族化の進行によって故人と、整理を行う遺族が同居していることが少なくなってきています。そうすると遺品整理をするために実家に赴き、作業をしなければなりません。持ち家などで特に急いでいない場合、時間があるときに少しづつ整理していけばいいですが、賃貸などで原状復帰の義務・退去のタイミングなどがある場合作業を急がなければならないケース、実家が遠方で度重なる移動や日時が限られているケースなども含めて大変な苦労を伴います。

精神的負担・こころの負担

遺品に向き合うということは、その人の死と直接的に向き合うということ。まだ心の整理もついていない中遺品整理をするのは、精神的に大きな負担になります。特に突然亡くなった場合、心の準備、生前整理などを前もってしていることもないため整理が大変なだけでなく、精神的・こころの負担は更に大きくなり、多くの遺族を悩ませる問題になります。

金銭的負担と時間的な負担

ちょっとしたゴミであれば自治体に無料で回収してもらえますが、家具や家電となるとそうはいきません。自治体の粗大ごみ回収を申し込んだり、不用品回収業者を申し込んだり、家電などは販売店に回収してもらったりと、様々な処理方法がありますがどれもお金がかかります。

実家まで移動が必要な場合交通費も馬鹿になりませんし、何度も片付けのためだけに行くのは大きな一軒家ですと何度も往復が必要になります。

親戚間や相続のトラブル

親戚間でしっかりと話し合うことができていればいいのですが、なかなか話し合う機会もないまま、遺品整理をしなければいけないという状況もまったく珍しくありません。

特に親が資産家だったり、逆に多くの負債を抱えていたりする場合や、家にあるものが多かった場合など、しっかりと話し合いをしないとその遺産や遺品整理を巡って親戚間でトラブルになる可能性が多くあります。

遺品の中に金銭的な価値があるものが紛れているケースだと相続で揉めてしまうこともあります。また相続人同士の同意が得られず手続きがうまくいかなかずに専門家に法律相談しなければならないケースも…。

遺品整理はうまく行わないと経済的にも精神的にも負担が大きいのです。

遺品整理を上手に行うコツ

時間的・精神的・経済的負担を減らして、遺品整理を上手に行う方法はないのでしょうか。以下では、遺品整理の悩みを少しでも減らせるように、作業を効率的に行えるコツを紹介しています。

コツ①:家具・家電など「大きなもの」から整理!

家具・家電などは、大きくて物理的に大きく場所を取るばかりか、多くが量産品ですので市場価値も高くないようです。特に思い入れがあったり、貴重なものであったりすることがなければ、悩まずにすぐに処分するといいでしょう。作業スペースも増え、整理もしやすくなります。以下の記事に、家具や家電の処分方法について詳しくまとめてあります。

家具・家電の処分方法について

コツ②:たくさんの人を集めて整理!

遺品整理はその量の多さや体力的負担の高さから、大人数でやれるならそれに越したことはありません。人手が多ければその分日数も短く済みますし、悩みも減り負担も軽減することができるでしょう。

また親戚が多く集まれば、その場で話し合いながら整理できますので、あとになってトラブルになるリスクも減らせます。遺品整理は四十九日法要のタイミングなど、できるだけ多くの親戚で集まって作業できる日にするといいでしょう。

コツ③:価値のありそうな品は専門業者に査定依頼!

貴金属類や骨董品、美術品、また最近ではホビーなどのコレクターズアイテムなどは、買い取りしてもらうことで高値の価値がつくことがあります。もし保存状態のいい品があったら、それを専門に扱う業者に査定を依頼してみましょう。

以下に遺品の買取について詳しくまとめてある記事を載せますので、参考にしてみてください。

遺品の買取方法について

コツ④:遺品は種類ごとに仕分けてから処分!

たくさんの物が無造作に置かれている状態だと、一つずつ処分しているようでは一向に終わりが見えません…。まずは処分する・しないに関わらず遺品の種類ごとに分けていくのがいいでしょう。衣類・書籍・食器・小物雑貨…。種類ごとにまとめておくことで、不要な衣類は捨てる、書籍は買取に出すといったように、その後の処理も楽になるでしょう。

コツ⑤:整理に行き詰まったら「遺品整理士」に依頼!

遺品整理を始めたはいいものの、いざやってみるとその大変さに何もできず、行き詰まってしまうこともあるかもしれません。

その場合、遺品整理を専門に行う「プロ」に代行してもらうことができます。限られた時間の中で、遺品整理士はその家々の状況に合った方法で手際よくきれいに整理してくれまますので、遺品整理での多くの悩みを一気に解決できます。

ちなみに当サイト「みんなの遺品整理」では、厳選された優良業者の中から条件にあった業者を簡単に比較・検討できますよ。

〈協会認定〉全国の遺品整理業者を探してみる

整理を自力でやるか業者に依頼するか

遺品整理のコツ⑤であったように、遺品整理を自力で行うのが難しい場合、専門の業者に依頼することもできます。自分たちにとって、どっちのほうがいいか、悩ましいですよね。

以下では、自力でできる場合と、業者に頼んだほうがいい場合に分けて説明しています。

自力でできる場合

以下に該当するような場合、業者にお願いしないで、自分たちで遺品整理をしてみてもいいかもしれません。

  • 整理するお部屋が1部屋~3部屋
  • すでにある程度整理を済ませている(「生前整理」をしている)
  • 自分たちで不要物の処理ができる(処理業者を探したり、回収場所まで運んだりできる)

業者に依頼した方がいい場合

以下に該当するような場合、一度業者に相談してみるといいでしょう。業者によっては、無料で現地に出張、見積もりしてくれる業者もありますので、値段・見積もりを聞いた上でやってもらうか判断することもできます。

  • 床が見えないほどものが散らかっている
  • もう何年も整理をしていない
  • 基本的に遠方にいる(実家から出てしまっている)
  • 大型の家具などを運んだり、処分したりするのが難しい
  • 家や土地の売却なども考えている

〈協会認定〉全国の遺品整理業者で相見積もりできます

遺品整理における注意点

遺品整理をするにあたって注意する点について、特に業者に依頼する際に注意するべきことをご紹介します。

注意点①:「負の遺産」に注意!相続しないなら整理しない

死後のバタバタした中、慌てて遺品整理を始めたものの、整理しているうちに故人が多額の借金を抱えていたことがわかってしまったとします。本来故人が残した「負の遺産」がプラスの資産を上回った場合、所定の手続きを踏んで「相続を放棄」することができます(プラスの遺産もマイナスの遺産も引き継がない)。しかし、遺品整理を始めてしまうと(遺産に手を付けてしまうと)問答無用で「相続した(単純承認)」とみなされ、負の遺産のほうが多かったとしても、遺族がそれらすべてを相続しなければならなくなります。故人の遺産にはどんなものがあるか、よく確認した上で遺品整理をしましょう。

注意点②:業者を決めるときは必ず数社に!相見積もりを

遺品整理業者は、全国に約1万社あると言われており、「なんでも屋」のようなところから専門の家財整理業者まで、種類も様々あります。中には悪質な業者も存在しており、見積もりからかけ離れた額の追加請求があったり、「処分しないで」と言ったものを勝手に処分されたり、中には契約してお金を払ったが作業に来ない…など、国民生活センターなどに様々な相談が寄せられています。

そうならないためにも、価格の安さだけで決めるのではなく、必ず数社に、一度ずつは現地に見積もりに来てもらい、確認をしてもらった上で正確な見積書を出してもらいましょう。見積書の内容やそのときの対応などを踏まえて比較・検討してから申し込むことをおすすめします。

注意点③:”無料”の家具家電回収・業者の不法回収に注意

町中を走る車のアナウンスやポストのチラシで、「テレビ・エアコンを無料回収致します」といった広告を出して不法に家電を回収する業者があります。その業者の中には”無料”といいつつお金を請求してきたり、回収した家電が売れないと山地などに不法投棄するなど、違法行為をする業者も多いのが実情です。業者だけでなく利用した依頼主が罰せられる可能性もあるので、注意が必要です。

また、不用品回収業者の中にも、必要な許可を取らずに不法に家電などを回収(買取)している業者もあるようなので注意しましょう。回収なら「一般廃棄物収集運搬許可(産業廃棄物に対する許可ではダメ)」、買取なら「古物商許可」がそれぞれ必要になります。申し込む前に、その業者が必要な許可を持っているか予め確認しておきましょう。

安くて評判の良い業者を探す方法

遺品整理を業者に依頼する際に何よりも重要なのは、「しっかりとした安心できる業者に依頼すること」です。大切な人の遺品を整理するのですから、いい加減な業者、ましては悪徳業者には依頼したくないものです。

また料金を安くしたい・出費を抑えたいというご要望もあるでしょう。私たちみんなの遺品整理は「安心×低価格×高品質」なサービスを多くのユーザー様に届けたいと考え、以下のサービスを提供しています。

みんなの遺品整理が選ばれている3つの理由

1、業者比較で最安値が見つかる!

・業界最安値級 (1K:15,000円~)

・複数社への一括見積もりで、本当に安い業者がわかる

・見積もり無料・追加料金一切なし

・高価買取とリサイクルでさらにお値引き

・全国600社以上の空き状況、希望エリアから業者をご紹介

 

2、安心して利用できる仕組みを実現

・個人情報がいきなり業者に公開されない

・専門アドバイザーに無料相談可

・上場企業基準の厳しい加盟審査

・遺品整理士の資格をもつ優良業者のみ紹介

・作業後の口コミアンケートで評判の良い業者を厳選

 

3、ご利用満足度98.1%!カンタンで手間まで削減

・1度の問い合わせで3社に一括見積もり

・業者に何度も説明する手間を省きます

・キャンセルや日程調整も代理対応

・忙しい方、遠方の方は立ち合いなしの作業可

・即日対応、供養、清掃、消臭まで豊富なワンストップサービス

遺品整理業者の審査基準について

また当サイトみんなの遺品整理は、遺品整理士認定協会と提携しており、遺品整理士が在籍する業者のみをご紹介しています。またご紹介する業者はすべて厳しい加盟審査をおこなっております。

全国10,000社以上いるといわれている業者の中から、

・法律を守って運営しているか

・過去にクレームや追加料金がないか

・電話対応や接客の質が良いか

などの項目で審査し、厳選して掲載しています。600社以上の業者から料金、口コミ、スタッフ、サービス内容、作業事例、実際の支払い費用で比較できます。

安くて評判の良い遺品整理業者の料金や口コミを見てみる

まずは無料相談

はじめての遺品整理でどうすればいいかわからないという方のご相談も受け付けております。

・遺品整理の料金や流れ

・どの業者が良いのかわからない

・ホームページでみつけた業者は大丈夫?

など気軽にご相談くださいませ。業界歴9年以上の業界知識の豊富なスタッフが回答いたします。

まずは無料相談・お急ぎの方はこちら

終わりに

ここまで、遺品整理が大変で悩ましい理由、上手に行うコツ、業者に依頼する場合の注意点などを見てきましたが、いかがでしたでしょうか。遺品整理は故人と真摯に向き合える大切な機会であるにもかかわらず、傷心を抱えながら様々な手続きなどと並行して行わなければならず、これは本当に大変なことなのです。ぜひ、効率的に行うコツや、遺品整理のプロを頼って、上手に遺品整理をしていきましょう。

【監修者:一般社団法人遺品整理士認定協会】

遺品整理業界の健全化を目的に2011年設立。

遺品整理士養成講座を運営し、認定試験・セミナー・現場研修などを実施している。

法令順守をしている30,000名を超える会員、1,000社を超える法人会員が加盟。法規制を守り、遺品整理業務を真摯に行っている企業の優良認定、消費者保護のための遺品整理サービスガイドラインの制定もおこなっている。

 

【執筆者:みんなの遺品整理事務局】

東証一部上場企業の株式会社LIFULLのグループ会社である株式会社LIFULL senior(ライフルシニア)が運営しています。2017年より業界最大級の遺品整理・実家の片付け業者の比較サイト「みんなの遺品整理」を運営し、全国で累計件数30,000人以上の皆様からご相談・ご依頼をいただいております。

はじめての遺品整理でも、専門知識が豊富な相談員が中立な立場で、無料アドバイスをさせていただきます。大切な人の生きた証を残しつつ、気持ちよく次の世代へ資産や遺品を引き継ぐために、私たちは、お客様一人一人に最適なお手伝いができる情報提供・業者のご提案を致します。