ひな人形や五月人形など、飾らなくなった人形をしまったままにしていませんか?手放すにしても供養しなくてはいけない、でもお金がかかるから…とそのままにしている方もいらっしゃると思います。そこでこの記事では、人形供養を無料でする方法について紹介いたします。

人形供養を無料でする方法は?

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国394社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

お急ぎの方はお電話にてご相談ください!

通話無料0120-905-734

※お客様相談窓口につながります。受付時間 8:00~19:00 (土日祝も対応)

通常だと供養の費用がかかる

通常人形供養をする場合、神社やお寺に持っていきお金を払ってお焚き上げなどを行ってもらいます。その際神社なら「初穂料」「玉串料」、お寺なら「お布施」と言う形でお金を納めなくてはなりません。

費用は人形1体につきいくら、あるいは人形が入った段ボール箱1箱につきいくら、という形になります。相場は1体あたり安いところで500円から、3,000円というお寺もありまちまちです。ひな人形や五月人形など大きなものになると一式1万円と言った形で大きな費用となるケースもあります。箱の場合は1箱で5,000円が目安になります。

神社やお寺に持ち込んで供養してもらう方法以外では、宅配便で神社やお寺に人形を送り供養してもらう方法、葬儀会社に依頼して供養してもらう方法、日本人形協会の「人形感謝(供養)代行」サービスを利用する方法などがありますが、いずれも費用が掛かってしまいます。

費用をかけずに人形を供養する方法

感謝祭や供養祭をチェックする

費用をかけずに人形を供養する方法の一つは、感謝祭や供養祭を栄養する方法です。感謝祭や供養祭とは人形を供養するイベントのようなもので、神社やお寺、また人形店や葬儀社などが行っています。

こういった感謝祭や供養祭のなかには費用が無料になるものがあります。無料にはならないものの、通常個人で持ち込む場合よりも費用が安く済むものもありますので、日ごろから情報収集しておくとよいかもしれません。

自分で人形を供養する

人形供養は自分でできれば一番いいのだけれど、やり方がわからないという方は自分で人形供養をしてみましょう。やり方としては感謝の気持ちを忘れず、人形の顔をきれいに拭き、塩をかけて和紙や包装紙で包みます焼却炉などがある場合は焚き上げでも良いのですが、火を扱える環境がない方はそのままゴミとして出しましょう。

施設や団体に寄付をする

ゴミとして処理するのが抵抗がある場合、老人施設や児童養護施設、保育園などに寄付したり、雛人形を発展途上国の子供たちに寄付することもできます。ただ人形を贈る際に郵送料が発生してしまう場合、無料とはいきませんのでご注意ください。

処分にお金をかけられないときは買取業者に依頼する

人形と一口に言ってもその種類は多岐に渡ります。ひな人形だけでなく、フランス人形やぬいぐるみ、こけし、リカちゃんなどビニール製の人形、男の子が好きな超合金ロボットも人形です。

その量は段ボール1箱や2箱にはとても収まりきらない量となるケースもあるでしょう。それらをまとめて供養して貰うことになれば、多額の費用を支払わなくてはなりません。

このように処分に大きなお金がかかる、あるいはお金自体を掛けられない場合、人形の買取業者に依頼して引き取ってもらうと良いでしょう。また遺品整理業者を利用すれば、遺品整理の基本料に人形供養の費用が含まれているケースがあり、無料で処分してくれることもあります。

ここまで人形供養を無料でする方法についてご紹介してきました。神社やお寺に持ち込む、自分で供養する、業者に引き取ってもらうといった方法がありますが、いずれも人形への感謝の気持ちを忘れないようにしたいですね。