断捨離の効果は想像以上に高く、巷でも「すごい」と評判になっていることをご存じでしょうか。断捨離というワードを耳にする機会が増えた近年。

実は言葉の意味が曖昧という方も多いのでは。多くの効果を得られる断捨離の定義やコツ、注意点にも触れているので、ぜひ参考にしてください。

断捨離の効果がすごい7つの理由とは?コツや注意点も解説

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国849社優良遺品整理業者から
複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

あなたの地域の業者はいくら?希望に合う業者を探す

みんなの遺品整理 お客様相談窓口

相談無料

  • 複数見積もり可(最大3社)
  • 買取対応などの相談も◎
  • 即日・最速対応業者をご案内

断捨離とは?

断捨離とは、自分にとって不必要な物を処分して、捉われない生き方を目指すことを指します。ヨガの「断行」「捨行」「離行」という考え方がベースです。

断捨離はよくミニマリストと混同されますが、大きく異なります。断捨離は自身にとって必要な物はどれだけ持っていてもOK。

一方ミニマリストは、極限まで物を減らすことを目指しています。所持する物の数やスタンスが大きく異なります。

 

断行:不要な物を断つ

捨行:長く持っているいらない物を捨てる

離行:物に執着しない

断捨離の効果がすごい7つの理由 

・余裕が生まれる

・掃除効率のアップ

・節約に繋がる

・健康に良い

・思考を整理できる

・人間関係が良くなる

・思わぬ収入に繋がる

断捨離を行うと家の中が片付くだけではなく、気持ちにも変化が生まれ、多くのメリットが期待できます。断捨離がすごいと巷で囁かれる7つの理由を解説します。

余裕が生まれる

断捨離最大の効果は余裕が生まれることでしょう。物が減ることで家のスペースに余裕が生まれ、気持ちもスッキリします。

たくさんの物があると物理的に窮屈なだけでなく、視界に入る光景としても好ましくありません。

断捨離をすると、これらが一気に解消されます。また、片付いた環境では物を探す時間も短縮できるため、時間的なゆとりも生まれます。

掃除効率のアップ

断捨離をすると掃除効率がアップする効果も。物が減ることで、掃除の邪魔になる物がなくなるためです。余分な物が多いと掃除が億劫になりがち。

一度にかかる掃除の時間も延びるため、益々やる気が起こらなくなるという負のスパイラルに陥ります。整理整頓が習慣付いて清潔な状態を保てるでしょう。

節約に繋がる

断捨離をすると、物の価値や手放す大変さを実感します。取捨選択の過程で物の多さに驚いたり、同じようなアイテムを持っていることに気づいたりできるためです。

結果、新しい物を購入する時に「似たデザインのアイテムを持っていないか」「値段が安いだけで買おうとしていないか」など本当に必要かを考えられます。

健康に良い

断捨離をすることで健康的な環境を手に入れられます。物を減らすとハウスダストやホコリが少なくなり、ダニやカビの発生を抑えられます。

結果、咳やくしゃみといったアレルギー症状の原因を根本から断つことが可能に。衛生的な環境を維持して、健康に繋げましょう。

思考を整理できる

断捨離を行うと、思考を整理しやすくなる効果も。物の選別によって得られる、行動力や判断力が日常生活にも活かせるためです。

また前途の通り、整理整頓された部屋で過ごせば気持ち的にもすっきりするので、思考も冴えわたるでしょう。

人間関係が良くなる

断捨離は良好な人間関係の形成にも繋がるでしょう。断捨離という行為で執着心を排除できるため、人に対しても依存や執着をしなくなる傾向に。

また、決断力も養われるので、自立した考えも持てるようになります。他力本願な考えや他人に振り回されるストレスも軽減。

周囲の人にも余裕を持って接することができるでしょう。

思わぬ収入に繋がる

断捨離で手放す物の中には、お金に変わる物もあるでしょう。特にブランド品やジュエリー、貴金属は専門店などで換金すれば思わぬ臨時収入に。

保管スペース分の空間が生まれるので、一挙両得です。

また、本章で紹介した以外にも様々なメリットがある断捨離。適切な手順を踏むことでより効果的に行えます。

下記の記事で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

断捨離のメリットや手順をさらに見る

効果的に行うコツ

・マイルールを決める

・時間かけて行う

・スペース分けする

・こまめに行う

・専門業者に依頼する

行き当たりばったりの断捨離をすると効率が悪くなってしまうため、コツを押さえて取り組むことが重要です。断捨離時に押さえておきたいコツを解説します。

マイルールを決める

まず大切なのはマイルールを決めることです。特に手放すか残すかの判断基準を明確にしておくと、スムーズに断捨離を進められます。

次々に取捨選択しなければいけないため、判断基準がないと作業が捗りません。次のようなルール例を参考に、マイルールを設けてみましょう。

断捨離時のマイルール例

・1年間使っていない物は手放す

・数回しか使っていない物や一度も使っていない物は手放す

・手入れが面倒な物は手放す

時間をかけて行う

手放して後悔しそうな物や判断に迷う物は、時間を置いて改めて判断します。曖昧な状態で手放してしまうと、後になって後悔することも。

判断に迷ったら、一度保留品としてまとめておくのがおすすめです。保留用の箱を一つ用意しておくと仕分けやすいですよ。

1週間後など期間を空けてから再度判断すると、気持ちも整理できているでしょう。

断捨離して後悔するもの、しない物は?

スペース分けする

断捨離時はスペースを分けて、取り掛かる順序を決めてスタートします。

例えば、キッチンから取り掛かった場合は調理器具や食器など、空間内で使う物をまとめて考えることができます。

残した物を置くスペースも決めやすくなり、効率的な断捨離が可能に。逆に、複数の場所を並行して進めると時間が掛かり非効率的です。

こまめ行う

こまめに断捨離を行うことで一回毎の労力をカットできます。

手放す物が少なければ、ゴミ回収で処分したりリサイクルショップやフリマサイトなどで販売したりの判断もしやすくなるでしょう。

断捨離以外にも、掃除の際にかかる時間や手間も削減できますよ。

専門業者に依頼する

物が多かったり、大型のゴミがいくつもあったりと自分での断捨離を行うのが難しい場合は専門業者を頼るのがおすすめです。

専門業者によっては、不用品の処分に加えて買取対応や簡易清掃まで行ってくれる場合も。労力削減にも繋がるでしょう。

費用面を考慮しても、納得の結果を得られますよ。

断捨離を業者に依頼するメリットや費用を見る

断捨離をしてくれる部屋片付け業者を探す

注意点

・使えるかどうかを判断基準にしない

・気分に流されない

・すべてを売らない

・焦らない

・収納品を先に購入しない

断捨離後にしっかりと効果を得るために押さえておきたい注意点を解説します。さらに効果的な断捨離を行うことができますよ。

 使えるかどうかを判断基準にしない

断捨離時に、物が使えるかどうかを判断基準にするのは絶対にNG。あくまでも、自分が使うか使わないかで判断するのが鉄則です。

最初はもったいないという気持ちが出ることもありますが、使わない物は思い切って処分しましょう。

気分に流されない

気分に流されて断捨離を行うのもおすすめできません。手放してしまった後で後悔するケースも多々あります。

使わないと判断したら思い切って捨てることが大切ですが、本当に不要かどうかの判断はじっくりと吟味しましょう。

すべてを売らない

不要品の中には換金してお金になる物もありますが、すべて売ろうとすると莫大な労力がかかります。売る際は店舗へ運んだり、査定したりと時間も要します。

リマサイトなどであれば、出品や発送などさらに手間がかかるでしょう。

効率的に断捨離を行うためにも、値段がしっかり付きそうな物のみ換金して残りは処分しましょう。

焦らない

断捨離は焦ってすぐに終わらせようとせず、ある程度期間を設けて進めてください。スタート後に、想像以上に時間がかかって疲れてしまうこともあるでしょう。

先述の通り、スペースを区切って順番を決めて焦らず作業します。今日はこのスペースまで完了できたらOKと、目標を決めて進めていくと達成感も得られますよ。

収納用品を先に購入しない

収納用品の買い足しは断捨離がすべて終わってから判断します。先に購入すると、残した物のサイズや量に合わない可能性も。

断捨離で物を減らせれば、そもそも収納用品の購入が不要になる場合もあるでしょう。まずは先に断捨離を行うのがおすすめです。

まとめ

断捨離の効果やコツ、注意点についてまとめました。ただ片付けるだけでなく「不要な物を断ち執着しない」という生き方を目指す断捨離。

生活面にまで影響を及ぼすほど、様々なメリットが期待できます。今回の記事を参考に、家の中はもちろん身心をすっきり整理してください。

物が多すぎるなどの理由で自分一人での断捨離が難しい場合は、部屋片付け業者への依頼がおすすめです。

「みんなの遺品整理」では、厳格な審査を通過した安心安全の業者を紹介中

悪徳業者に騙される心配もありません。効率的な断捨離をお考えの方は、下記をチェックしてください。

「みんなの遺品整理」で部屋片付け業者を探す

【監修者:一般社団法人遺品整理士認定協会】

遺品整理業界の健全化を目的に2011年設立。

遺品整理士養成講座を運営し、認定試験・セミナー・現場研修などを実施している。

法令順守をしている30,000名を超える会員、1,000社を超える法人会員が加盟。法規制を守り、遺品整理業務を真摯に行っている企業の優良認定、消費者保護のための遺品整理サービスガイドラインの制定もおこなっている。

 

【執筆者:みんなの遺品整理事務局】

東証プライム市場上場の株式会社LIFULLのグループ会社である株式会社LIFULL senior(ライフルシニア)が運営しています。2017年より業界最大級の遺品整理・実家の片付け業者の比較サイト「みんなの遺品整理」を運営し、全国で累計件数30,000人以上の皆様からご相談・ご依頼をいただいております。

はじめての遺品整理でも、専門知識が豊富な相談員が中立な立場で、無料アドバイスをさせていただきます。大切な人の生きた証を残しつつ、気持ちよく次の世代へ資産や遺品を引き継ぐために、私たちは、お客様一人一人に最適なお手伝いができる情報提供・業者のご提案をいたします。

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国849社優良遺品整理業者から
複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

あなたの地域の業者はいくら?希望に合う業者を探す

みんなの遺品整理 お客様相談窓口

相談無料

  • 複数見積もり可(最大3社)
  • 買取対応などの相談も◎
  • 即日・最速対応業者をご案内