ほとんどのご家庭にあるウォシュレットですが、ある日突然壊れることもあります。ウォシュレットはどのようにして処分するのが正しいのでしょうか?ウォシュレットの処分方法や費用、注意点をまとめました。

ウォシュレットの処分方法と料金相場

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国474社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

お急ぎの方はお電話にてご相談ください!

通話無料0120-905-734

※お客様相談窓口につながります。受付時間 8:00~19:00 (土日祝も対応)

ウォシュレットは粗大ゴミ?

ウォシュレットは自分でも取り外し可能です。ウォシュレットが壊れてしまった場合は、自分で取り外して処分する人もいます。処分の際には便器本体は陶器ですが、ウォシュレットはプラスティック製が多いので、不燃ゴミと考える人もいるでしょう。

不燃ゴミになるか粗大ゴミになるかは、各自治体によって変わります。ですが、粗大ゴミとして扱われることが多いようです。粗大ゴミにしたくないからといって無理矢理分解する方もいるかもしれませんが、簡単には砕けません。

ホームページや役所で確認してから、各自治体のルールに従って捨てましょう。粗大ゴミの申し込みをしたら、ゴミ処理券を購入してウォシュレットに貼り付け、指定された日時にゴミを出しておきます。

ウォシュレットの処分費用

・自治体で処分

ウォシュレットの処分費用は、粗大ゴミとして処分する場合でも、数百円程度のところが多いようです。自治体によっても変わりますが、300円のところもあれば、500円のところもあります。お住いの自治体のHP等で確認するようにしてください。

・買い替え

ウォシュレットを買い替える場合は、本体料金に工事費や処分費が含まれることもあります。ですがその分、本体料金は上がります。

・リサイクルショップやネットオークションを利用する

リサイクルショップに売ったり、ネットオークションに出品することも可能です。リサイクルショップに売る場合、無料で査定を行なっているお店もあります。
ネットオークションを利用する場合は、利用するサイトによって手数料などが変わってきます。予め手数料や送料の確認をしておきましょう。

ウォシュレットを処分する際は、取り外しに注意

①止水栓を止める

ウォシュレットを取り外す際には、トイレの水道の止水栓を止めなくてはなりません。この作業を忘れてしまうと、ナットを外した途端、水が噴出します。

止水栓はトイレの中にありますが、各家庭でタイプも異なります。ドライバーで開閉を行うものやハンドルタイプのものがあります。

②ウォシュレットや便器の汚れ

ウォシュレットを取り外した時に水が漏れたり、汚れていることもあります。取り外す際には雑巾やお掃除グッズも用意しておきましょう。

また、長年使用しているウォシュレットの中には、防湿用のウレタン樹脂が溶け出て、便器などにこびり付いてることがあります。茶色いベタッとした汚れは、非常に落ちにくいです。ウォシュレットを外して、初めて汚れに気付き、掃除しきれずに新たなウォシュレットを取り付けてしまう人もいるようです。

ウォシュレットを取り外したら、汚れも綺麗に掃除した上で新しい便器を取り付けたいですよね。取れる樹脂はヘラなどを使って、可能な限り除去します。エチルアルコールで拭いたあと、水で湿らせた布を使ってアルコールを拭き取ります。固まると更に取りにくくなるので、気付いたら早めに取り除きましょう。

ちなみに、処分するウォシュレットはゴミですが、落ちる汚れだけでも拭き取ってから粗大ゴミに出しましょう。

終わりに

ウォシュレットは着脱可能なので、自分でも取り外すことができます。このような作業が苦手な人でなければ、1時間もかからずに新しいウォシュレットと交換可能です。費用を抑えたいならば、自分で交換すると安く済みます。