本記事では、不要品の整理や処分を検討している方に、どんな方法があるのか、費用はどのくらい掛かるのかを紹介します。

遺品整理などを行っていると、必ずといってもよいほど不要なものが出てくるでしょう。

普段通りゴミ収集場に出してよいものなのか、他に何か方法があるのかお悩みではありませんか?

専門の業者に依頼する場合は、費用面も気になるはずです。

費用を安く抑えるコツや業者選びの注意点についても紹介します。

不用品を整理・処分する方法は?業者に安く依頼するコツも

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国807社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

お急ぎの方はお電話にてご相談ください!

通話無料0120-905-734

※お客様相談窓口につながります。受付時間 8:00~19:00 (土日祝も対応)

不用品の整理が発生するケースとは?

そもそも不用品はどういった場合に発生するものなのでしょうか?

まずは不用品が発生するケースについて考えていきましょう。

 

引っ越し

一般的なシーンでいうと、引っ越しです。

新しい住まいに引っ越す際や実家に戻る際など、状況はさまざまですが、

引っ越し先の間取りや広さ、設備の違いなどによって不用品がたくさん出る可能性があります。

また、新生活を迎える際に、気持ちを新たにするために、以前使っていたものを処分して新しいものに変えようという心理が働くこともあるでしょう。

 

生前整理

生きているうちに部屋や家の整理をする生前整理の際も、不用品が多数出るきっかけになります。

例えば、自分に万一のことがあった際に、遺された家族が自分の荷物の整理をしなければなりません。

整理や処分には費用や時間が掛かることもあるでしょう。

できるだけ遺される家族に「迷惑を掛けたくない」という思いから、生前整理をする方も増えています。

また、将来の在宅介護を考えて、不用品を捨てて部屋を広くしたり、

ケガをしないような環境に整えたりする意味で片付けをするケースもあるようです。

 

遺品整理

亡くなった方の荷物などを整理することを遺品整理といいますが、遺品整理の際もたくさんの不用品が出てきます

亡くなった方にとってはとても大切なものばかりかもしれませんが、家族にとっては不要な場合もあるからです

形見として引き取る方もいますが、亡くなった方の荷物を全て引き取るのは現実的ではありません。

 

ゴミ屋敷

部屋や家がゴミやもので埋め尽くされているようなゴミ屋敷を整理する際にも、不用品が出てくるでしょう。

ゴミ屋敷を放置していると、害虫の発生や火災が起こるリスクが高くなります。

また近隣の住民から苦情がくるケースもあるため、ゴミ屋敷は放置せず、不用品の整理や処分を考えた方がよいでしょう。

 

※遺品整理とは?

 

不用品が少なければ、不用品回収業者が便利!

ここでは、不用品回収業者について詳しく紹介します。

不用品をゴミとして処分するとしても、大型の家具や家電製品の場合、自治体で引き取ってもらえないなど分別に困る方もいるはずです。

こういったケースでは、不用品の数が比較的少なければ、不用品回収業者に依頼するとよいでしょう。

 

そもそも不用品回収とは?

ゴミや不用になったものを回収してくれるサービスのことです。

生ゴミや新聞、缶などは自治体のゴミ収集日に合わせて捨てればようのですが、

大型家具や家電製品、ある程度まとまった量の不用品などは、

どのように捨てればよいのか分からず悩んでいる方もいるかもしれません。

そういった方には不用品回収業者がおすすめです。

重たい荷物であっても、不用品回収業者の取扱商品であれば、家からの運び出しから廃棄まで請け負ってくれるからです。

 

不用品回収業者が回収してくれるもの

不用品回収業者が回収できるものに関しては、回収業者によって違います。

しかし、同じような意味で使われる廃品回収と比べると、回収してくれる品物の種類は幅広いでしょう。

そもそも廃品回収では、回収したものを換金したりリサイクルしたりします。

そのため、完全に壊れてしまった家電製品やリサイクルできない商品などは回収してもらえないこともあります。

しかし不用品回収業者であれば、引き取ってもらえる可能性が高いでしょう。

 

不用品回収の費用相場

不用品の回収では、不用品回収費用と基本料金が掛かることが一般的です。

業者によって、1品ごとの回収やトラック積み放題のプランなどもあります。

1品ごとの回収で具体例を挙げると、テーブルやソファ、冷蔵庫などがあり、費用相場は4,000円ほどから10,000円前後です。

不用品が多い場合などトラック積み放題プランを利用する際の費用相場は、10,000円ほどから60,000円前後でしょう。

以下では1品ごとの費用相場を表にまとめました。

 

 

費用相場

テーブル

5,000~8,000円

ベッド

8,000~10,000円

ソファ

8,000~10,000円

ベッドのマットレス

6,000~10,000円

タンス

8,000~10,000円

本棚

5,000~10,000円

冷蔵庫

9,000~15,000円

テレビ

5,000~10,000円

洗濯機

6,000~11,000円

 

不用品を処分する際の費用相場の参考として利用してください。

 

無料の不用品回収業者は要注意!

不用品回収業者に依頼すると、不用品の回収や運搬、処理などを行ってくれるため、

自治体に依頼するよりも手間が省ける代わりに費用が高くなるのが一般的です。

そのため「無料」を売りにしている不用品回収業者には注意してください。

もちろん「見積もり無料」や「回収費用無料」などをうたっている業者であっても、問題なく丁寧な仕事をしてくれる業者もあります。

 

しかし中には、後から高額な費用を請求してきたり、無許可で営業をしていたりするケースもあります。

不用品回収業者を探す際には、数社に見積もりを依頼し、料金表などをしっかり明示しているような業者を選ぶようにしましょう。

また、不用品回収はトラックがあれば誰でも簡単に行えます。

そのため無許可で営業し、回収した不用品を適切に処分しない業者も中にはいます。

自分の荷物が不法投棄され、後から警察から連絡がきて発覚するというケースもあります。

トラブルに巻き込まれないように注意しましょう。

 

※悪質な廃品回収業者の注意点

 

※関連記事リンク:環境省:無許可の回収業者を利用しないでください。

 

大量に整理するなら専門業者に依頼するのがおすすめ!

不用品の量が多い場合や処分方法に困っているものがたくさんある場合には、不用品整理や処分を代行してくれる専門業者に依頼するのがおすすめです。

ただ、不用品の種類や状況によって適切な業者が異なるため各業者の強みや特徴を見ていきましょう。

 

引っ越し業者

引っ越しの場合は、引っ越し業者に不用品回収を依頼することも可能です。

ただ業者によっては、請け負っていない場合や回収できないものもあるため、事前に問い合わせておきましょう。

引っ越し業者に不用品の回収を依頼できるのは、引っ越し作業を依頼した人だけです

引っ越し業者が不用品を回収する方法としては、主に引き取りと買い取りの2種類があります。

選択できる場合には、どれを引き取りにしてどれを買い取りにするのかを相談しておくとスムーズです。

 

生前整理代行業者

生前整理に特化した業者のことを指します。

生前に不用品の整理や処分をすることはもちろんのこと、生前整理のアドバイスのみを行う業者もいます。

生前整理と遺品整理代行業を兼ねているケースもあります。主なサービス内容は以下の通りです。

 

・日用品や家財などの整理

・不用品の処分

・デジタル整理

・財産目録の作成

・遺言書の作成

 

このように、一般的な不用品回収とは少しサービス内容が異なります。

そのため、生前整理を目的にしているのであれば、一般的な不用品回収業者ではなく、

高齢者への対応に慣れた生前整理代行業者に依頼する方がよいでしょう。

 

遺品整理事業所

亡くなった家族や友人の荷物などを整理したいのであれば、遺品整理事業所に依頼するのがおすすめです。

遺品整理事業所の主なサービス内容は以下のようになっています。

 

・日用品や家財の仕分け

・不用品の処分・リサイクル

・貴重品の捜索作業

・部屋の簡易清掃

・遺品の供養

・遺品整理に関する各種相談

 

ただ、遺品整理業者の選択を間違ってしまうと、強引な営業で契約を迫られ、

高額費用を負担しなければならなくなったり、高価な遺品を盗まれたりする場合もあります。

悪徳業者を選ばないために、遺品整理士資格の認定を受けたスタッフが在籍する遺品整理事業所を探すようにしてください。

 

また、優良事業所の認定を受けている事業所ならさらに安心です。

優良事業所であれば、遺品整理というセンシティブな内容を秘密厳守で相談に乗ってくれるでしょう。

「みんなの遺品整理」がおすすめする業者を検索でき、口コミ付きで掲載しています。

以下より確認できます。

 

※全国の生前整理

 

ゴミ屋敷片付け業者

部屋や家にゴミやものがあふれ、「どうしたらよいのか分からない」という方は、ゴミ屋敷片付け業者がおすすめです。

ゴミ屋敷になった家の片付けを専門に行う業者で、本当に必要なものと不用品を仕分けてくれます。主なサービス内容は以下の通りです。

 

・ゴミの片付け

・必要なものと不用品の仕分け

・害虫駆除

・不用品の回収、処分

・部屋の掃除

・脱臭、除菌作業

 

業者によってはこういったサービス以外に、賃貸物件退去のための原状回復やリフォームなども行ってくれる場合もあります。

 

※ゴミ屋敷業者の片付け費用と料金相場

 

不用品回収料金を安く抑えるコツ

「できれば費用負担は抑えたい」と考えるのが一般的でしょう。

ここでは、不用品回収料金を安く抑えるコツについて紹介します。

不用品回収にはさまざまな方法や業者がありますが、コツを知っておけば悪徳業者にだまされず、費用負担も抑えられるため、ぜひ参考にしてみてください。

 

3社を目安に相見積もり!金額や作業内容を比較

不用品回収業者と契約する前に、利用する地域の相場を把握しておきましょう

そして必ず3社以上の業者に見積もりを依頼しましょう。

ホームページで格安をうたっていても、オプションばかりで最終請求料金が高額になるケースがあります。

 

また、見積もり書に記載されている内容がどういったサービスに該当するのかを確認してください。

例えば不用品を回収するだけで、処分費用は別途必要になるケースなどがあるためです。

細かい問い合わせに対しても横柄な態度を取らず、丁寧に誠実に対応してくれる業者かどうかをチェックすると、悪徳業者との契約が防げるでしょう。

 

できる範囲の片付けは自分で行う

不用品の整理や処分では、不用品の量や部屋の広さで料金が決まります。

できるだけ費用を抑えたいのであれば、自分でできる範囲の片付けは自分で行っておきましょう

ゴミ収集場に直接持ち込んでゴミの量を減らしたり、リサイクルショップに持ち込んでおいたりすると片付けもスムーズです。

 

追加料金やキャンセル金額もしっかり把握

複数の業者に見積もりを依頼する際には、追加料金やキャンセルの際に掛かる料金についても確認しておきましょう。

この点を曖昧に答える業者は、後々高額請求をしないとも限りません。

追加料金やキャンセルに関して、ホームページなどにしっかり掲載している業者や質問した際にすぐに明確な回答ができる業者は、比較的安心といえるでしょう。

ただそれだけでは悪徳業者ではないとはいえないため、必要な資格を取得している業者なのか、実績や口コミはどうなのかなど総合的な判断が必要になります。

 

※遺品整理の費用を安くする4つのコツ

 

みんなの遺品整理ならニーズに合った業者が見つかる!

不用品の処理業者を探している方には、「みんなの遺品整理」がおすすめです。

ここまでで紹介したように、「不用品」と一言で言っても種類やシチュエーションなどさまざまです。

そのため選ぶべき業者も異なります。

また頻繁に依頼するような業者ではないため、どの業者に依頼すればよいのか、どの業者が悪徳業者でないのかなど見極めるのも難しいでしょう

そういった場合にぜひ参考にしてみてください。「みんなの遺品整理」がおすすめのポイントを四つ紹介します。

 

おすすめポイント1:専門アドバイザーに無料相談可

遺品整理や生前整理、特殊掃除、空き家片付け、ゴミ屋敷掃除など幅広い業者を紹介してくれます。

不用品の処分ではさまざまな状況が考えられます。

自分の場合は、どの業者を選んだらよいのか分からないという方もいるでしょう。

「みんなの遺品整理」を活用すれば、電話はもちろんインターネットからも無料で相談でき、最適な業者を見つけられます。

自社アンケートの調べによると、利用満足度も98.1%と高いのも特徴です。

 

おすすめポイント2:業者比較で最安値が見つかる!

「みんなの遺品整理」なら全国793社の業者と連携しており、複数業者への見積もり依頼が無料でできます。

不用品の整理や処分では、できるだけコストを抑えたいものです。

それには複数業者の料金比較が必要となります。複数業者で相見積もりができれば、

費用の比較はもちろんのこと、最安値の業者を簡単に探せるでしょう。

業者選びに慣れていない方や初めて不用品の処分を行う方も安心して業者探しができます。

 

おすすめポイント3:相談・見積もり段階では、連絡先は非公開

相談や見積もりの段階では、氏名や連絡先など個人情報が特定できるような内容は各業者に連絡していません。

そのためプライバシー保護が徹底されているのが特徴です。

遺品整理やゴミ屋敷の片付けなどセンシティブな依頼でも安心して相談することができます。

 

おすすめポイント4:遺品整理士の資格を持つ優良業者のみ紹介

「みんなの遺品整理」は、遺品整理士認定協会と提携しており、提携に関しては業界唯一です。

そのため「みんなの遺品整理」に相談すれば、遺品整理士が在籍する優良業者のみを紹介してくれます。

契約後に高額な費用を請求されるなど悪徳業者の被害に遭う可能性がないため、安心して任せられるでしょう。

 

※良い遺品整理業者の選び方

 

まとめ

不用品の処分にはさまざまなシチュエーションがあり、依頼する業者の種類も異なります。

だからこそどこに相談したらよいのか迷うものです。

選択を間違えば悪徳業者に依頼してしまう可能性もあるため、くれぐれも気を付けてください。

その点「みんなの遺品整理」を活用すれば、相見積もりができたり、連絡先非公開で相談できたりします。

また、優良業者のみ紹介してくれるため、自分が求めている最適の業者を簡単に見つけられるでしょう。

【監修者:一般社団法人遺品整理士認定協会】

遺品整理業界の健全化を目的に2011年設立。

遺品整理士養成講座を運営し、認定試験・セミナー・現場研修などを実施している。

法令順守をしている30,000名を超える会員、1,000社を超える法人会員が加盟。法規制を守り、遺品整理業務を真摯に行っている企業の優良認定、消費者保護のための遺品整理サービスガイドラインの制定もおこなっている。

 

【執筆者:みんなの遺品整理事務局】

東証プライム市場上場の株式会社LIFULLのグループ会社である株式会社LIFULL senior(ライフルシニア)が運営しています。2017年より業界最大級の遺品整理・実家の片付け業者の比較サイト「みんなの遺品整理」を運営し、全国で累計件数30,000人以上の皆様からご相談・ご依頼をいただいております。

はじめての遺品整理でも、専門知識が豊富な相談員が中立な立場で、無料アドバイスをさせていただきます。大切な人の生きた証を残しつつ、気持ちよく次の世代へ資産や遺品を引き継ぐために、私たちは、お客様一人一人に最適なお手伝いができる情報提供・業者のご提案を致します。