家を解体するときの悩みのひとつとして、遺された家具をどうするか?というものが挙げられます。大きな家具は簡単には運べませんし、処分する際の費用などを知る機会は多くありません。

家を解体するとき家具はどうすればいいの?

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国331社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

家具を処分するか残すか決める

まず、解体業者に来訪してもらう前に、家の中にある家具を前もって2つのグループに選別する必要があります。どのように選別するかというと、自分で処分するものと、そのまま残しておいて解体業者に引き取ってもらうものの2つのグループです。なぜこのように選別することが必要なのでしょうか。それは、家具の種類や状態によっては解体業者に引き取ってもらうよりも、自分で処分したほうが費用を抑えられる場合があるからです。

家具を処分は自分で行ったほうが安くなる

解体業者にそのまま家具の処分をお願いする際、種類や量にもよりますが、大体数千円~数万円の費用が掛かってしまいます。それに対して、無料の出張買取サービスを行っているリサイクルショップがあります。

家具の状態が良ければ、逆にお金を得ることが出来ます。その他、状態が良くない場合や、かなり年期が入っている場合は、粗大ごみとして自治体に引き取ってもらうことが可能です。こちらも種類と量によりますが、数百円~数千円で済みます。

解体業者にお願いするよりも費用は抑えられますが、デメリットもあります。まず、自治体に引き取りを申請する際、市町村に連絡し指定された粗大ごみシールを購入する必要があり、少し手間がかかります。また、指定された日時に家具を玄関前に置いておく必要があるので、2階以上の階から家具を運ぶ場合は体力が必要になります。

家具の処分を業者に依頼することもできる

上記に記載した通り、自力で家の外運び出すことが困難な重たい家具を処分したい場合は、一人での作業や年配の方には少し厳しく感じてしまうでしょう。また、勉強机やベッドのように自力での解体が困難な家具もあります。

そのような場合は、そのまま解体業者にお願いするのが賢い判断です。自治体よりも費用はかかりますが、家具の解体もトラックへの積み込みもすべて行ってくれるので安心です。家具の状態や見積金額と照らし合わせながら、業者にお願いしたほうが良いのか、自分で処分したほうがいいのか判断しましょう。

家具を残しておきたい場合はトランクルームや貸倉庫に預ける

近いうちに子供が独立するのでその時にこの家具を使用したい、という場合もあるかと思います。少しの間捨てずにとっておきたいけれど、家の中に置くスペースがない…。そんな時には、トランクルームや倉庫をレンタルし、一時的に保管しておく方法もあります。

スペースの広さにもよりますが、月額2,000円~15,000円程でレンタルすることが出来ます。短い期間の保存であれば、一度捨てて再度買いなおすよりも費用を抑えることが出来ます。

 

一見手間とお金が掛かりそうな家具の処分ですが、工夫次第で手間や費用を抑えることが出来ます。ぜひこのページを参考に、その時のご自身の状況によって一番最適な方法で家具の処分を行ってください。