「断捨離で後悔するものって何?」

「断捨離で後悔しないコツが知りたい」

そう思っていませんか?断捨離をしたいけれど後悔したくないという人は多いですよね。

結論からお伝えすると、断捨離で後悔することが多いものは主に4つあります。

【断捨離で後悔しやすいもの4つ】

・写真やアルバム

・思い出の品

・季節用品

・災害時に使用するもの

このように、写真やアルバム、思い出の品など同じものが二度と手に入らない場合や季節用品や災害時に使用するものなど、使用頻度は低いが重要度が高いものは断捨離で後悔することが多いです。

一方、断捨離で後悔しないことが多いものは4つです。

【断捨離で後悔しにくいもの4つ】

・明らかに使用期限が切れているもの

・3年以上着ていない服

・一度も使っていない貰いもの

・押し入れに入ったまま開けていない箱の中身

このように、明らかに期限が切れているものや長年使っていないものは、断捨離しても後悔しない傾向にあります。

「捨てなければ良かった!」と断捨離で後悔しないためには、先ほどお話した断捨離で後悔しやすいものと後悔しにくいものを事前に把握することが大切です。

そして、断捨離はただ物を処分すればいいのではなく、後悔しないためのコツがあります。断捨離で後悔しやすいものと併せて断捨離のコツを知っておくことで、初めての断捨離でも失敗なく進めていくことができるでしょう。

そこでこの記事では、

◎断捨離に後悔しやすいもの

◎断捨離に後悔しにくいもの

◎断捨離に後悔した実際の声

◎断捨離を後悔する理由

◎断捨離を後悔しないようにするコツ

について説明していきます。この記事を最後までお読みになれば、断捨離のコツや捨てるべきものなどを理解することができ、後悔することなく断捨離ができるでしょう。

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

断捨離で後悔するものとしないものとは!【後悔しないコツを解説】

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国825社優良遺品整理業者から
複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

あなたの地域の業者はいくら?希望に合う業者を探す

みんなの遺品整理 お客様相談窓口

相談無料

  • 複数見積もり可(最大3社)
  • 買取対応などの相談も◎
  • 即日・最速対応業者をご案内

1.断捨離をして後悔することが多いもの4つ

 

冒頭でもお話しした通り、断捨離には後悔してしまうものがあります。

 

細かいことを言えば断捨離をして後悔するかどうかは人によって違いますが、今回は後悔する可能性が高いものを4つあげていきましょう。

 

断捨離に後悔するものとは、

 

・写真やアルバム

・思い出の品

・季節用品

・災害時に使えるもの

 

の4つです。それぞれの理由について、もう少し詳しく説明していきます。

1-1.写真やアルバム

 

写真やアルバムは、一度捨ててしまうと再度入手するのが大変困難です。

 

このように「もうほとんど見ないから捨ててもいいかな…」と思っても、捨ててしまったら二度と手に入らない、手に入れるのは極めて難しいものは後悔することが多いので注意しましょう。

 

ただ、写真やアルバムは確かにかさばるので、収納スペースを圧迫しがちです。

しかも過去の写真を毎日見る人はほとんどいないでしょうから、捨てたくなるもの無理はありません。

 

そんな時は、写真のデータ化が便利です。

 

気に入った写真はデータ化して保存し、現物は捨てることも視野に入れてしばらく保管しておきます。2〜3年経ったら、また見直してみましょう。

 

ほかに、同じような写真はどれか一枚だけ残し、捨ててしまうのもおすすめです。少しずつ減らすことから始めると、後悔や罪悪感なく断捨離を進めることができます。

1-2.思い出の品

 

このように、昔大切にしていたものを捨ててしまった場合、何年かしてから後悔することがあります。

 

先ほどの「写真やアルバム」と同様、思い出の品も一度捨てたら二度と手に入らないからです

もし同じものが手に入ったとしても、それを入手するまでに苦労するでしょうし、物は同じでも思い出がある現物とは違うことに心を傷めるでしょう。

 

ほかに思い出の品とは、次のようなものがあります。

 

・初めての発表会で着たドレス

・中高生の時にベッドに置いていたうさぎのぬいぐるみ

・子どもが小学生の頃に獲ったトロフィー

・両親から譲り受けた着物

 

思い出の品自体が高価ではなくても、思い出という付加価値がついていれば、それはプライスレスです。

 

同じもので同じ思い出がついたものはこの世に2つとないので、安易に断捨離をしてしまうと後悔することになるでしょう。

1-3.季節用品

 

季節用品は元々出番が少ないものなので、「いらないかな」と思いがちですが、今使っていなくても急に使うタイミングがやってくることが多いです。

 

そのため、「クーラーを付けたから扇風機はいらない」と捨てても、予想外の猛暑で扇風機とクーラーのW使いが必要にることもあります。

 

また「子どもの喉を守るために買った加湿器があるが、もう体が丈夫になったので場所を取るから処分しよう」として、後から「やっぱり今年の乾燥がひどいから自分のためにもあの加湿器が必要だった」と後悔する場合もあります。

 

季節用品は再度購入すると費用が高い場合もあるので、断捨離する時はよく考える必要があります

 

1-4.災害時に使えるもの

 

災害時に大活躍する、懐中電灯やカセットコンロ、ハンディ扇風機、蓄電池、反射式ストーブなどは、安易に断捨離しないようにしましょう。

 

災害はいつ起こるかわからないので日頃からの備えが必要ですし、大規模な停電が長引いたりする場合もあるでしょう。

その際に、災害時アイテムの欠品や価格高騰が引き起こされるのでそもそも手に入らなくなってしまいます。

 

そうなると「なんであの時捨ててしまったんだ…」と後悔することになりかねません。

 

例え1回も使っていなかったとしても、災害時に使えるアイテムは断捨離すべきではないのです。

2.断捨離で後悔しないもの4つ

 

先ほど「断捨離で後悔することが多いもの」をご紹介しましたので、次に断捨離で後悔しないものを4つご紹介していきます。

 

断捨離をしても後悔しないものとは、

 

・明らかに期限が切れているもの

・3年以上着ていない服

・一度も使っていない貰いもの

・押し入れに入ったまま開けていない箱の中身

 

の4点です。それぞれの理由について、さらに詳しく説明していきますね。

2-1.明らかに期限が切れているもの

 

ものを溜め込んでしまう性格の人によくありがちなのが、使用期限や賞味期限が切れたものを保管しているケースです。

 

言うまでもなく、期限切れのものは使うことも食べることも適切ではありませんから、断捨離をしても後悔することはありません。

 

賞味期限や使用期限が切れているものは「いつか捨てなきゃな」と頭の隅で考えていた人も多いでしょう。

 

断捨離をきっかけに使えない・食べれないものを捨てることで、収納スペースが空きますし、気持ちもスッキリしますよ。

2-2.3年以上着ていない服

 

もしあなたのクローゼットに3年以上着ていない服があるなら、断捨離をしても後悔しないので安心してください。

 

3年以上着ていない服は、サイズが変わっていたり流行が過ぎて「ダサい」デザインになっている可能性もあります。

 

特にサイズが変わってしまって、もう着れないような服は持っていてもあまり意味がありません

そのため、服は思い切って断捨離をして、空いたスペースに新しい服を入れた方が前向きな気持ちになれるでしょう。

2-3.一度も使っていない貰いもの

 

結婚式の引き出物や試供品など、貰いもので一度も使っていないものは断捨離しても後悔することが少ないです。

 

「せっかく頂いたし…」

「いつか使うかもしれない」

 

という思いは捨てて、断捨離しても大丈夫です。

 

そもそも、貰いものは自分で選んだものではないので「とても気に入っている」「思い入れがある」という状態ではないはずです。

 

ましてや使っていないのなら早めに断捨離をして、空いたスペースに本当のお気に入りの物を置くことがおすすめです。

2-4.押し入れに入ったまま開けていない箱の中身

 

「後で片付けよう」

「いつか使うかも」

 

と一旦箱に詰め込み、押し入れの奥にしまい込んでいるものはありませんか?

 

その箱の中身はもう使わない可能性が非常に高いので、断捨離しても後悔することはないでしょう。

 

おそらく箱の中身をはっきり思い出せる人も少ないのではないでしょうか。

 

今までも箱から出そうと思わず、中身も思い出せないなら、断捨離しても後悔することはありません。

3.断捨離で後悔する人は多い

 

実は、断捨離で後悔する人は多くいます。

その理由はやはり、捨てたら後悔しやすいものを断捨離しているからなのです。

 

断捨離で後悔した人のリアルな声をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

 

実際の声を参考にすることで、あなたがこれからおこなう断捨離で後悔することを避けることができるでしょう。

 

3-1.全巻セットの本をまた読みたくなって買い戻した

Twitterには、実際に断捨離に後悔した体験談が紹介されています。

 

こちらは、本を処分して後悔した体験談です。

 

処分したものが絶版になってしまったことで、元々購入した時よりも高額で買い直さなければならなかったとか。とても悔しい体験ですね。

 

3-2.冷静な判断ができない状態で断捨離してしまった

 

こちらは、思い出の品を断捨離して後悔したというお話です。

 

気持ちが落ち込んでいるときに断捨離をしてしまったそうで、元気になった時に「捨てなければよかった」と後悔するようです。

 

断捨離をする際は、冷静にじっくり判断することが大切ですね。

 

3-3.思い出の品を断捨離してしまった


 

こちらは、お子様の思い出の品を断捨離して後悔したという例です。物がなくなると、思い出までなくなってしまったような気分になります。

 

どんなに不要だと思っても、思い出の品はできるだけ断捨離しない方が無難です。

 

3-4.悩んだ結果捨ててしまったオタクグッズに後悔

 

こちらは、断捨離をしたオタクグッズが恋しくなり、結局買い戻したという体験談です。

 

捨てる際に少し悩んだと言い、「手放さなきゃよかった…」と後悔しています。

 

少しでも悩むなら、すぐに捨てずにもう一度考える時間を設けるとよさそうですね。

 

3-5.出番は少ないが必要なものを捨ててしまって後悔

 

こちらは、電源ケーブルを断捨離したことを後悔しているというお話です。

 

予備の電源ケーブルはたくさんあると邪魔に感じるかもしれませんが、いざ必要になったときにないと困るものです。

 

このように出番は少ないけれど必要なものを断捨離すると、後悔することが多いのです。

4.断捨離を後悔する理由4つ

 

先ほどもお話したように、断捨離で後悔する人は一定数います。

 

そこで、断捨離を後悔する理由を知り、その反省点を活かすことができれば、後悔せずに断捨離を進めることができるでしょう。

 

そこで、断捨離を後悔する理由を4つご紹介していきます。

 

断捨離を後悔する理由4つ

・もう二度と手に入らない

・手に入るが高額すぎる

・すぐに必要なタイミングが来てしまった

・断捨離をすること自体に面白みを感じて無計画に捨て始めた

 

これらの4つの理由について、もう少し詳しく説明していきますので、ぜひ参考にしてください。

4-1.もう二度と手に入らない

 

自分で望んで断捨離を行ったはずなのに後悔するのは、もう二度と手に入らないものを捨ててしまった場合に多くみられます。

 

前に「断捨離で後悔することが多いもの」でお話した通り、

 

・市場には売っていない

・思い出があるプライスレスなもの

 

このようなものは、同じものは二度と手に入らないので後悔してしまうのです。

4-2.手に入るが高額すぎる

 

一度捨ててしまってもまた購入することはできるが、値段が高すぎるという場合も断捨離を後悔しやすいケースです。

 

つい数ヶ月前までは自分の手元にあったのに、わざわざ高いお金を払ってまた購入することほど悔しいことはありません。

 

元々値段が高いものや、プレミアがついて高値になっているものなどさまざまなケースがあると思います。

 

しかし断捨離する際は今現在の市場価値も把握しておく方が賢明です。

4-3.すぐに必要なタイミングが来てしまった

 

「もういらないと思って断捨離したのに、すぐに必要なタイミングが来てしまった」ということもあるでしょう。

そのようなケースは、季節ものや災害時のアイテムを捨ててしまった場合に多く見られます。

 

例えば、

 

・布団乾燥機が邪魔だったので断捨離したが、猛烈な寒波が来てしまい布団に入ると冷たくて辛い。あの布団乾燥機があれば…。

・大きめの置き型の懐中電灯を断捨離した翌週に地震で停電。

被害が大きく停電が長引き、小さい懐中電灯では不便も多い。置き型の懐中電灯を捨てなければ、仕事も料理も快適だったのに…。

 

というような場合です。

 

いずれ代わりになる新しいものを探そうと思っているうちに必要なタイミングが来てしまい、「まだあれが手元にあったら…」と後悔することになるのです。

4-4.断捨離をすること自体に面白みを感じて無計画に捨て始めた

 

無計画に始めて、捨てること自体に面白みを感じてしまうと、本当に捨てていいのか、実は必要なのかを冷静に判断できずに断捨離を進めてしまいます。

 

そうなると、一旦は物がなくなるのでスッキリとした気持ちになります。

 

しかし捨てたものが必要になるタイミングが来てしまったり、「やっぱりもう一回使いたかったかも…」と後悔してしまう可能性が高いでしょう。

5.断捨離を後悔しないようにするコツ5つ

 

断捨離を後悔してしまう理由がお分かりになったかと思うので、次は、その理由を参考に断捨離を後悔しないようにするコツをお伝えしていきます。

 

断捨離を後悔しないようにするコツは5つあります。

 

断捨離を後悔しないようにするコツ5つ

・断捨離をする期間を決める

・迷ったら捨てない選択肢もアリ

・思い出は安易に捨てない

・数年使っていないものは基本的に捨ててもいい

・同じものがある場合は基本的に捨ててもいい

 

これらのコツを、先ほどの「断捨離を後悔してしまう理由」と併せて知ることで、これから始める断捨離は後悔することなく進めることができるでしょう。

 

それでは、それぞれのコツについて、もう少し詳しくお話していきましょう。

5-1.断捨離をする期間を決める

 

断捨離を後悔しないように進めるためには、まず期間を決めて計画的に行うことが大切です。

 

断捨離をする期間に決まりはありませんが、ある程度の目安は必要です。

 

「気が向いた時にやろう」という感じで取り組んでいるといつまでも終わらず、最終的には「早く片付けたい!」と焦って一気に捨ててしまうこともあるからです。

 

断捨離をする期間の目安は、まとまった時間が取れるなら2〜3日程度、土日だけ断捨離をするなら2週間程度を見ておくとよいでしょう。

 

もちろん、部屋の広さや数、物の多さでも変わってきますので、「余裕を持って断捨離ができる」程度の日数を設けておくことがおすすめです。

5-2.迷ったら捨てない選択肢もアリ

 

断捨離をしていると、「この服、捨てようかなとっておこうかな」というように捨てるかどうかを迷う局面に出くわすことがあるでしょう。

 

断捨離で後悔しないためには、「迷ったら捨てない」という選択がおすすめです。

 

捨てないと言ってもずっと捨てないわけではありません。「迷い中」のものを入れる箱を用意し、その箱にしまっておきます

そして、1週間〜1ヶ月後に再度開けて見て、もう一度冷静な気持ちで判断することがポイントです。

 

再度箱を開けた時に、

 

・そういえば1週間思い出しもしなかった

・今見てみると必要ないかも

・やっぱり勿体無い

 

このようにさまざまな感情を抱くことでしょう。

その直感に従って、捨てるか捨てないかを判断すると後悔しにくいのです。

 

中には、「迷うくらいなら捨ててしまおう」という考えの人もいるかもしれません。

それも一理ありますが、ただ、「後悔しない」という観点でみると勢いで捨ててしまった場合は後悔をしやすいので注意が必要です。

5-3.思い出は安易に捨てない

 

前にも何度もお話していますが、大切なことなのでここでもう一度お話しますね。

断捨離に後悔しないためには、思い出に関わるものは安易に捨てないことが大切です。

 

思い出はお金を払っても買えません。

あらゆるものを捨てて空間がスッキリしたとしても、思い出まで捨ててしまったら寂しい気持ちになる可能性もあります。

 

断捨離はスッキリと片付けすることだけが目的ではなく、リラックスできる空間を作り前向きな気持ちで過ごすことが目的です。

 

思い出に関わるものは多少場所を取っても残しておくか、厳選して残す、またはデータ化して残す、などの方法を考えるといいでしょう。

5-4.数年使っていないものは基本的に捨ててもいい

 

「断捨離で後悔したくない」ということだけを考えてしまい、何を捨てていいか分からなくなってしまう人もいるかもしれません。

 

そういう場合は、まずは数年使っていないものは基本的に捨ててもいいことを覚えておきましょう。

 

封を開けていても開けていなくても同じです。

ここ数年で思い出すことがなかったものは、この先も思い出すことはありません。

 

思い出の品や季節もの、災害時アイテムを除き、数年使っていないものから捨てていくといいでしょう。

5-5.同じものがある場合は基本的に捨ててもいい

 

同じものや似たようなものがある場合は、基本的に捨てても後悔することはありません。例えば、

 

・新型旧型の家電

・間違って買った同じ巻のマンガ

・ほとんど変わらない連写された写真数枚

・貰いものの食器

・形違いの花瓶

・形が似ている鍋やフライパン

 

などになります。

 

いくつも同じものがあっても、本当に使っているのは1つだけという場合が多いからです。

 

後悔しないために何を捨てるか迷ったら、同じものを持っているアイテムを見つけて断捨離していくとよいでしょう。

6.まとめ

いかがでしたか?これから断捨離をする人に向けて、断捨離を後悔するものとしないもの、断捨離に後悔しないコツを解説して来ました。

 

最後にこの記事をまとめると、

 

◎断捨離をして後悔することが多いものは4つ

 

・写真やアルバム

・思い出の品

・季節用品

・災害時に使えるもの

 

◎断捨離をしても後悔しないものは4つ

 

・使用期限や賞味期限など、明らかに期限が切れているもの

・3年以上着ていない服

・一度も使っていない貰いもの

・押し入れに入ったまま開けていない箱の中身

 

◎断捨離を後悔する人は多い

 

◎断捨離を後悔する理由は4つ

 

・もう二度と手に入らない

・手に入るが高額すぎる

・すぐに必要なタイミングが来てしまった

・断捨離をすること自体に面白みを感じて無計画に捨て始めた

 

◎断捨離を後悔しないようにするコツは5つ

 

・断捨離をする期間を決める

・迷ったら捨てない選択肢もアリ

・思い出は簡単に捨てない

・数年使っていないものは基本的に捨ててもいい

・同じものがある場合は基本的に捨ててもいい

 

となります。

断捨離で後悔しやすいものや後悔しないコツをあらかじめ知っておくことで、あなたの断捨離が後悔しないものになることを願っています。

【監修者:一般社団法人遺品整理士認定協会】

遺品整理業界の健全化を目的に2011年設立。

遺品整理士養成講座を運営し、認定試験・セミナー・現場研修などを実施している。

法令順守をしている30,000名を超える会員、1,000社を超える法人会員が加盟。法規制を守り、遺品整理業務を真摯に行っている企業の優良認定、消費者保護のための遺品整理サービスガイドラインの制定もおこなっている。

 

【執筆者:みんなの遺品整理事務局】

東証プライム市場上場の株式会社LIFULLのグループ会社である株式会社LIFULL senior(ライフルシニア)が運営しています。2017年より業界最大級の遺品整理・実家の片付け業者の比較サイト「みんなの遺品整理」を運営し、全国で累計件数30,000人以上の皆様からご相談・ご依頼をいただいております。

はじめての遺品整理でも、専門知識が豊富な相談員が中立な立場で、無料アドバイスをさせていただきます。大切な人の生きた証を残しつつ、気持ちよく次の世代へ資産や遺品を引き継ぐために、私たちは、お客様一人一人に最適なお手伝いができる情報提供・業者のご提案をいたします。

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国825社優良遺品整理業者から
複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

あなたの地域の業者はいくら?希望に合う業者を探す

みんなの遺品整理 お客様相談窓口

相談無料

  • 複数見積もり可(最大3社)
  • 買取対応などの相談も◎
  • 即日・最速対応業者をご案内