出張や旅行で使っていたスーツケースを処分することになったあなた。スーツケースは場所を取ってしまうので、いち早く片付けてしまいたいですよね。では、使わなくなったスーツケースはどのように処分するのがベターなのでしょうか?また処分費用についてもご紹介します。

スーツケースの捨て方と処分費用

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国425社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

スーツケースの捨て方と処分費用

出張や旅行で使っていたスーツケースを処分することになったあなた。スーツケースは場所を取ってしまうので、いち早く片付けてしまいたいですよね。では、使わなくなったスーツケースはどのように処分するのがベターなのでしょうか?

スーツケースは粗大ごみに出せる?

スーツケースは布やプラスチックだけでできている小型のものであれば、「燃えないゴミ」として処分することができます。ただ、このケースに該当するのは稀なので、ほとんどのスーツケースは「粗大ゴミ」などとして処分することになるでしょう。

ほとんどの自治体では、スーツケースを「粗大ゴミ」、もしくは「大型プラスチックゴミ」として集積所に出すことができます。ただ、「粗大ゴミ」として処分する場合は、一定の粗大ゴミ処分費用を支払う必要があるので、お金をかけずに処分したいのであれば友人に譲ったり、掲示板サイトでほしい方に譲ったりして処分しましょう。

スーツケースのおすすめ処分方法

スーツケースの処分方法として「ゴミの日に処分する」方法を取る方は多いかもしれませんが、スーツケースを処分する方法はそれだけではありません。仮にスーツケースの状態が良ければ、「リサイクルショップに買取してもらう」という方法もあるのです。

粗大ゴミとして処分するのであれば、所定の処分手数料を支払う必要がありますが、リサイクルショップに買い取ってもらえるのであれば、逆にお金をゲットできる可能性があるのです。まだ十分利用できるスーツケースを粗大ゴミとして処分してしまおうと考えている方は、リサイクルショップでの買取依頼も考えてみてはいかがでしょうか。

スーツケースの処分費用は?

スーツケースを粗大ゴミとして処分する場合は、一定の処分手数料を支払う必要があります。具体的な処分手数料はスーツケースの大きさによって異なりますが、概ね500円~1,000円程度かかってしまうようです。

また、回収業者に回収依頼せず、直接自分で処分場に持ち込んでゴミとして処理してもらう場合は、回収業者に依頼するよりも処分費用は安くなります。一方、リサイクルショップなどに買取を依頼する場合は処分費用はかかりませんし、状態のいいスーツケースならある程度の価格で買取ってもらえる可能性があります。できるだけ処分費用をかけたくないのであれば、リサイクルショップに買取を依頼するのが得策でしょう。

スーツケースの買取基準

もちろん、全てのスーツケースがしっかり買取ってもらえる訳ではありません。キャスターがしっかり動くのはもちろん、ファスナーはスムースに開閉し、持ち手も破損していないのは買取の最低条件です。一部が完全に破損していてスーツケースとして使い物にならないものは、買取を拒否される可能性が高いでしょう。また、スーツケースの汚れは買取金額の減額の原因になります。リサイクルショップに持っていく前に、できるだけ自力で綺麗にしましょう。

スーツケースを処分する方法にはゴミに出す以外にも専門店に買取してもらう方法があります。状態のいいスーツケースであれば買取依頼をお願いし、完全に使えなくなったスーツケースはゴミに出すのが無難でしょう。