両親や親族が亡くなった際の遺品は、形見として使い続けられるものから、捨てるには忍びないが自分には不要…というものまで様々です。そこで上手に利用したいのがプロの業者。ここでは遺品整理・片付けを専門とする買取業者、リサイクルショップ、質屋の各特徴とメリットをまとめました。

遺品を売るならどこ?買取業者、リサイクルショップ、質屋の違い

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国449社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

買取業者の特徴とメリット

遺品整理・片付け業者の最大の特徴としては、専門業務として遺品整理における「仕分け、処分、買取、掃除」を一気通貫でスムーズに行ってくれることが挙げられます。そのため、例えば故人が賃貸住宅に住んでいて早々に退去の必要がある場合や、故人の住居が遠方で、現地へ出向いて遺品整理ができない場合などに大きなメリットがあります。

また大型の家財道具を整理・売却するのは素人にとって容易なことではない上、親しい故人の遺品を前にした途端に胸が詰まり、作業が進まないという人も少なくないでしょう。そんなときは専門の遺品整理・片付け業者に依頼することによって、作業がすばやく進む上に、肉体的・精神的な負担が軽くなるというメリットもあります。

リサイクルショップの特徴とメリット

リサイクルショップは経済産業省の商業統計上「中古品小売業」に該当するため、あくまで再利用できる物品の買い取りが主な業務であり、不用品の回収・処分までは自社で行っていないのが通常です。(もちろん中には一般廃棄物処理業の許可を取得し、法的に回収まで請け負える業者もあります。)

そのため遺品整理に手間と時間をかけられる人であれば、家電・家具・服飾雑貨などショップの得意分野別に相見積を取り、買い取り金額を比較することで、より有利な条件を引き出すことが可能になります。ただし遺品の売却をできるだけ早く済ませたい、あるいは一連の作業を一括して任せたいという方には不向きです。

質屋の特徴とメリット

質屋は物品の担保価値に応じて金銭を貸し付けることや、妥当な金額で買い取ることが主な業務であり、貴金属やブランド品の真贋を見分け、正確な市場価値を査定する専門性の高さが特徴となります。

そのため遺品の中に高額な宝飾品、貴金属類、骨董品、高級時計、ブランド品などがありそうな場合は利用価値があるでしょう。また質屋の場合、品物を一度質入れという形にした後、3ヶ月以内なら取り戻せる「質預かり」という仕組みがあるため、手放した後で「やはり手元に置きたい」と思い直す可能性がある場合にもメリットがあります。

ただし大型家具や使い古した家電製品、生活雑貨などは買い取ってもらえず、処分を請け負うこともありませんので、遺品の買い取りという点では限定的な利用になると思われます。

家具や家電などが多ければ片付け業者に買取ってもらう

遺品の中には貴重品だけでなく、大型の家具や家電製品なども数多く含まれており、それらがすべて再利用が可能なものばかりではありません。おそらく大半は処分が必要な物品がほとんどでしょう。

そのため遺品の中に家具や家電が明らかに多い場合は、買い取りだけでなく処分まで請け負ってもらえる遺品整理・片付け業者に買い取りを依頼するのが、最も便利で賢い選択肢と言えるかも知れません。

終わりに

故人の遺品を正しい価値で買い取ってもらえたり、有効に再利用することができれば、故人にとっても供養となり、遺族にとっても新たな一歩を踏み出す良いきっかけとなります。この記事が上手な遺品整理の参考となれば幸いです。