女子の部屋片付けにはコツがあり、把握しておくと綺麗な空間を保ちやすくなります。生理用品や化粧品など一定数以上の生活必需品が必要になるため、物量がどうしても多くなりがちな女子の部屋。

工夫することで汚部屋化を対策できます。

女子の部屋を片付ける6つのコツとは?汚部屋化の原因や片付け方

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国887社優良遺品整理業者から
複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

あなたの地域の業者はいくら?希望に合う業者を探す

みんなの遺品整理 お客様相談窓口

相談無料

  • 複数見積もり可(最大3社)
  • 買取対応などの相談も◎
  • 即日・最速対応業者をご案内

女子の部屋が汚部屋化しやすい原因

部屋の汚さに悩む「汚部屋女子」は多く存在しています。片付けのコツを知る前に、そもそもなぜ女子の部屋が汚部屋しやすいのか原因を探っていきましょう。

すでに汚部屋化している方はこちら

物量が多い

女子の部屋が汚部屋化しやすい原因として、そもそもの物量が多さが挙げられます。女子は生理用品や化粧品などの生活必需品が増えやすいです。

部屋の物量が多いと、どうしても片付けに手間がかかったり、面倒になったりします。

散らかっているために探し物が見つからず、同じものを何度も買ってしまい、物量がさらに増える悪循環に陥るケースも少なくありません。

女性に限りませんが「お得・セール・無料」「〇円以上の購入で20%OFF」などの言葉に弱かったり、もったいない精神からものを捨てられなかったりする方も要注意です。

ストレスや疲れ

ストレスや疲れが原因で片付ける気力が起きずに汚部屋化してしまう女子も多いです。

仕事が忙しかったり、ストレスが大きかったりすると、どうしても片付けを後回しにしてしまいがち。

厚生労働省の調査結果でも、女性は男性よりストレスの影響を受けやすいことがわかっています。

また、うつ病や不安神経症などが原因で汚部屋化しているケースもあります。

部屋の片付けが全くできないなど、身の回りのことに対して投げやりになっている場合はセルフネグレクトの可能性も。

場合によっては治療が必要なため、気がかりな方は各自治体の窓口や病院に相談しましょう。

出典:厚生労働省「令和3年度 健康実態調査結果の報告」 (PDF)

〈参考記事〉セルフネグレクトとは?

〈参考記事〉セルフネグレクトになりやすい女性の特徴

汚部屋はすぐに片付けるべき理由

・害虫が発生する

・病気やアレルギーのリスクが高くなる

・お金が無くなる

・人間関係に悪影響をもたらす

現在自宅が汚部屋化していたり、心当たりがあったりする場合はすぐにでも片付けることを推奨します。

汚部屋のまま放置すると、上記をはじめとするさまざまなリスクがあるためです。人体への健康被害に加えて、経済面や人間関係に影響を及ぼすことも十分に考えられます。

汚部屋の片付けを検討中の方はこちら

〈参考記事〉汚部屋のリスクをさらに詳しく見る

女子の部屋片付ける6つのコツ

女子の部屋片付けを効率的に行うためにはいくつかのコツがあり、普段から意識して生活することで空間も散らかりにくくなります。

部屋片付けのコツに関しては下記の記事でも触れているのであわせて参考にしてください。

〈参考記事〉部屋の片付けのコツ

不要なものは処分する

部屋を片付けるために、不要なものは思い切って処分することも大切です。先述の通り、女子の部屋が汚部屋化しやすい大きな原因は物量の多さにあります。

「もったいない」など捨てづらい気持ちがあっても、不要品を処分することで部屋がスッキリするほか、片付けも楽になります。

収納場所を決める

収納場所を決めると部屋が散らかりにくくなるほか、空間が広く見えます。収納場所を決めることで収納可能なキャパシティも把握できるでしょう。

収納スペースがいっぱいであれば不用品を処分したり、衝動買いを抑えたりして計画的に買い物をします。

キャパシティ以上の物量を持たないことで片付け時の効率化を図ることも可能です。

定期的に掃除する

定期的に掃除をすることで、部屋を常に清潔な状態に保てます。1回ごとの片付けにおける労力も少なくなるでしょう。

ゴミ箱を多く設置して捨てることを習慣付けたり、レイアウトやインテリアにこだわって汚したくない空間作りをしたりする方法も有効です。

こまめに掃除するためにさまざまな工夫を凝らしてみましょう。

人を招く

女子会やホームパーティーなど、自宅に人を招く予定を入れると片付けるきっかけ作りになります。

人を招待するとなると、汚い部屋を見られたくない気持ちから片付けに力が入るものです。1ヵ月に1回程度でも良いので、頻度を決めて人を招く予定を入れてみましょう。

家事代行サービスやお掃除ロボットを使う

家事代行サービスやお掃除ロボットなど、第三者の力を借りる方法もあります。特に仕事で忙しかったり、疲れて片付ける気力が起きなかったりする方におすすめです。

家事代行サービスを利用する場合は、女性スタッフが在籍している業者へ依頼すると安心でしょう。

食洗器を導入して皿洗いの手間を省くなど、部分的に労力を削減する方法もあります。

女性スタッフが在籍している業者を探す

業者へ片付けを依頼する

現状既に汚部屋化している場合は、1度片付けを業者に依頼するのもおすすめです。専門知識と豊富なノウハウを基に部屋を綺麗な状態にしてくれます。

片付けに関するアドバイスも貰えるため、今後の参考にもできるでしょう。綺麗になった部屋を汚したくない気持ちから、片付けのモチベーションも上がりやすいです。

汚部屋片付けを業者に依頼する

汚部屋女子におすすめの片付け方法

1. ゴミを捨てる

2. 収納

3. 掃除

汚部屋化している部屋をご自身で片付ける場合は上記のステップで掃除するのがおすすめです。ただし、ご自身で対応できるか否かは汚部屋の程度にもよります。

ゴミ屋敷化しているなど、素人では太刀打ちできないレベルの状態であれば業者へ依頼しましょう。

汚部屋片付けを業者に依頼する

〈参考記事〉女子の部屋が汚部屋化しやすい理由

〈参考記事〉家の汚なさレベルをチェックする

業者への依頼を検討したほうが良いケース

部屋の片付けは自分で行う方法もありますが、場合によっては業者への依頼が必要なこともあります。特に本章で紹介するケースに該当する場合は要注意です。

部屋がゴミ屋敷レベルに汚い

床が見えないくらい部屋にゴミや不用品が散乱していたり、悪臭が酷かったり、害虫が大量発生していたりする場合は早急に業者へ依頼しましょう。

ゴミ屋敷化している部屋を素人が自力で片付けようとすると、怪我や健康被害などさまざまな危険を伴います。

また、家の外まで悪臭やゴミが溢れ出し、近隣トラブルに発展する恐れもあるため迅速な対応が必要です。プロの業者に依頼して迅速丁寧に作業してもらいましょう。

汚部屋片付けを業者に依頼する

〈参考記事〉ゴミ屋敷に住む女性の特徴

〈参考記事〉業者に頼む判断基準とは?

時間的、精神的な余裕が無い

仕事が忙しくて片付ける時間がなかったり、気力が起きなかったりする場合も業者への依頼がおすすめです。

時間や心に余裕がないと、「片付けなくちゃ」と思っても中々第一歩を踏み出せないもの。

部屋を綺麗にしてもらうことで気分が晴れる可能性もあるため、早めに依頼を検討してみてください。

汚部屋片付けを業者に依頼する

部屋片付けにおすすめの業者とは?

部屋片付けをプロに依頼する場合は、下記のような特徴の業者を探すのがおすすめです。女性スタッフが在籍しているかどうかも確認しておきましょう。

部屋を片付けてもらう際に同性のスタッフがいると安心感が増すほか、異性には伝えづらいことも気軽に相談できます。

部屋片付け業者には悪徳業者が一定数いるのも事実です。ずさんな作業をされた挙句に高額な費用を請求されるなどの被害を防ぐためにも業者選定が重要になります。

下記の特徴を踏まえて慎重に業者を選びましょう。

おすすめの業者の特徴

・作業内容を事前に提示してくれる

・見積もりが無料

・追加の費用請求がない

・料金形態が明瞭

・必要な資格を有している

・作業実績がある など

女性スタッフが在籍している業者を探す

〈参考記事〉部屋片付けのおすすめ業者

まとめ

記事内で紹介したコツを抑えておくことで、女子の部屋を片付けやすくなったり、綺麗な空間を保ちやすくなったりします。

化粧品や生理用品などの生活必需品がどうしても増えてしまいがちな女子の部屋。物量の多さは汚部屋化の大きな要因ですが、原因を把握しておけば対策できます。

汚部屋化し始めていても、早期であればご自身での片付けも可能です。ただし、既にゴミ屋敷に近い状態など場合によってはプロの力が必要なケースも。

無理をせず、早い段階で業者利用を検討するようにしましょう。

「お部屋の片付けをプロの業者さんにお願いしたいけれど、どこにお願いすれば良いかわからない」という女性には「みんなの遺品整理」がおすすめです。

相談対応から業者紹介まで窓口がしっかりとサポート。厳しい審査をクリアした業者のみ紹介しているため、悪徳業者に引っかかる心配もありません。

女性スタッフが在籍している業者を絞り込んで探すこともできます。

お部屋の片付けを少しでも考えている女性はぜひ「みんなの遺品整理」をチェックしてください。

みんなの遺品整理が女子におすすめの理由

・全国864社加盟のネットワーク

・厳しい審査をクリアした優良業者のみ紹介

・女性スタッフ在籍業者の絞り込みが可能

・複数業者への相見積もりによる明朗会計

・窓口が業者の提示額を都度チェック

みんなの遺品整理で汚部屋片付け業者を探す

【監修者:一般財団法人遺品整理士認定協会】

遺品整理業界の健全化を目的に2011年設立。

遺品整理士養成講座を運営し、認定試験・セミナー・現場研修などを実施している。

法令順守をしている30,000名を超える会員、1,000社を超える法人会員が加盟。法規制を守り、遺品整理業務を真摯に行っている企業の優良認定、消費者保護のための遺品整理サービスガイドラインの制定もおこなっている。

 

【執筆者:みんなの遺品整理事務局】

東証プライム市場上場の株式会社LIFULLのグループ会社である株式会社LIFULL senior(ライフルシニア)が運営しています。2017年より業界最大級の遺品整理・実家の片付け業者の比較サイト「みんなの遺品整理」を運営し、全国で累計件数30,000人以上の皆様からご相談・ご依頼をいただいております。

はじめての遺品整理でも、専門知識が豊富な相談員が中立な立場で、無料アドバイスをさせていただきます。大切な人の生きた証を残しつつ、気持ちよく次の世代へ資産や遺品を引き継ぐために、私たちは、お客様一人一人に最適なお手伝いができる情報提供・業者のご提案を致します。

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国887社優良遺品整理業者から
複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

あなたの地域の業者はいくら?希望に合う業者を探す

みんなの遺品整理 お客様相談窓口

相談無料

  • 複数見積もり可(最大3社)
  • 買取対応などの相談も◎
  • 即日・最速対応業者をご案内