遺品整理をする上で、処分するか迷うのが思い出の品。捨ててしまったら二度と手に入らないものなので、なかなか処分できないことも多いと思います。とくに写真となると、故人の生前の思い出を遺すものなので、なおさら捨てにくいこともあるのではないでしょうか。このページでは、そんな写真の遺品整理について、やり方とコツを詳しく說明しています。

故人の写真はどう遺品整理する? 手順とコツまとめ

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国605社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

お急ぎの方はお電話にてご相談ください!

通話無料0120-905-734

※お客様相談窓口につながります。受付時間 8:00~19:00 (土日祝も対応)

故人の写真の整理に困る人は多い

両親が亡くなり、普段見ることのなかった押し入れや本棚を整理していると、古いアルバムが出てきた。中には故人の生前の写真がたくさん。簡単に捨ててしまうことはできないけど、かさばるからそのままとっておくわけにもいかない…

このような悩みは、多くの人が抱えているようです。それでは、どのようにして写真の遺品整理を行ったら良いのでしょうか。

手順①:写真・アルバムを探す

まずは遺品整理をしつつ、遺された品の中に写真・アルバムがどれくらいあるか、探してみましょう。その枚数に応じて、そのまま取っておくのか、処分するのかを決めておく必要があります。本棚や押し入れのアルバムはもちろん、机の引き出しの中や本のページの間など、意外なところに写真が隠されていることもあります。

手順②:必要な写真を仕分けする

写真の遺品整理をしていて、ここが一番悩ましいところでしょう。量的にすべての写真・アルバムを取っておくのが難しい場合、どれを残すか取捨選択しなければいけません。

どの基準で判断したらいいか、あくまで例ですが、載せておきますので参考にしてみてください。

取っておく写真の例

①遺族・親族が写っている写真(家族旅行のときの写真など)
②友人や大切な人と写っている写真
③故人の節目の時の写真(成人式・結婚式の写真など)

ちなみに分類・整理をするときに、アルバムの粘着性台紙から写真を取る必要がある場合、ドライヤーなどを使って温め、少し冷やしてから丁寧に持ち上げると、簡単に剥がすことができますよ。

手順③:取っておく写真は大切に保存する

取っておく写真を決めたら、それらを上手に保管しましょう。以下に、写真を保存する上でのコツをご紹介します。

新しいアルバムで保存する

ずっと押入れにしまったままのアルバムや、直射日光や蛍光灯の光などにさらされた写真など、保存状態の悪いまま保管していると、写真が色あせてしまったり、シミができてしまったします。

これ以上写真が痛むことのないように、新しくてきれいなアルバムに保管しなおしましょう。このとき、粘着性台紙のアルバムに保存する場合は、写真間の余白スペースなどを広めにとって、台紙とフィルムの間に空気がなるべく入らないように気をつけましょう。

デジタルデータ化する

この方法は非常に便利でおすすめです。保管するための場所も取らないですし、画像データとしていつでもパソコンやスマホで見ることができたり、テレビで家族みんなで思い出に浸ることもできたりします。一度デジタル化してしまえばこれ以上劣化することもないですし、好きなタイミングで現像化できるというメリットもあるでしょう。

スキャナーを持っている場合、ご自分でスキャンして画像データにできます。また写真屋さんにお願いすることで、CDやDVDなどに保存してもらうこともできます。

ただし、枚数が数千枚以上になってくると、スキャンだとかなり時間がかかってしまいます。また保存領域の容量によっては、すべてを保存しきれないこともあります。

デジタル化したことで要らなくなった写真は、手順④の方法で処分するといいでしょう。

手順④:取っておかない写真を捨てる

取っておかないと決めた写真がある場合、処分をしなければなりません。当然そのまま捨てることもできますが、燃えるゴミとしてただ処分するのは気が引ける…ということもあるかもしれません。以下に、写真を処分する際のコツについてご紹介します。

遺品のお焚き上げ供養を利用する

近所の寺社などで、仏具や人形・ぬいぐるみなどといった品と共に、写真もお焚き上げ供養をすることができることもあります。中にはインターネットで申込・郵送受付をしてくれる寺社もあるので、調べてみるとよいでしょう。

親族や遺族の友人に渡す

「故人と遺族・親族の写真」「故人と友人の写真」は、捨てる前に写っている人に確認してみるのもいいでしょう。他人にとっては大切な写真ということもあるかもしれません。

写真以外にも整理で迷う遺品がある場合

遺品整理で処分に困ってしまう品は、写真以外にもたくさんあります。いざ、自分で遺品整理を始めてみたはいいものの、仏壇や故人が集めていたコレクションなど、自分だけではどう整理したらいいかわからなくなることもあるのではないでしょうか。

そんなとき、写真や仏壇などの整理も含めて、プロの遺品整理業者におまかせすることもできます。

写真など遺品の供養を受け付けてくれる業者を探す

このサイト「みんなの遺品整理」では、遺品整理に困ってしまったときに安心して任せることのできる、信頼のおける厳選された業者のみを掲載しています。

「みんなの遺品整理」の特長~安心・カンタン・お得~

このサイト「みんなの遺品整理」では、追加料金一切無し・作業経験が豊富な業者に一括で相見積もりを取ることができます。500社以上の業者が掲載されており、料金や口コミ、スタッフ、作業事例で比較することもできます。

安心

・遺品整理士の資格を持つ業者の中から厳選して掲載

・問い合わせ時に個人情報がすぐに業者に公開されない

カンタン

・様々なサービスや口コミで掃除業者を比較

お得

・一度のお問い合わせで3社まで相見積もりを手配。
 実際の金額を比べて、依頼する業者を決定!

遺品整理業者の料金や口コミを調べる

一括見積もりをしたい・お急ぎの方はこちらから

みんなの遺品整理」では、全国に10,000社以上いるといわれている遺品整理業者の中から、【回収した遺品を法律にそって処分しているか・過去のクレームや追加料金の請求をしたりしていないか・電話対応や接客態度が一定のレベルを超えているか】などを審査し、厳選して掲載しています。

また個人情報もいきなり業者に公開されないのでご安心下さい。みんなの遺品整理の相談員にメールや電話で質問をして、納得してから依頼が可能です。もちろん利用料金は無料です。

終わりに

遺品整理をする上で、故人の写った写真をどうするかというのは罪悪感も伴い、非常に悩ましい問題です。「遺品整理」は、整理を通じて故人の遺した物の整理だけでなく、自分たちの心の整理も必要となります。その上で、故人の遺した写真をきちんと整理するというのは重要になります。周りの人に相談したり、遺品整理業者に相談したりしながら、無理せず少しずつ整理していきましょう。