いつか片付けようと思いつつ、家の中が不用品だらけのまま放置している人は多いのではないでしょうか。気がつけば高齢になり、片付けるのも一苦労という事態もよくあります。そうなる前に書籍などで話題の整理法、「老前整理」をすることが効果的です。この記事では、老前整理のやり方や費用について解説します。

老前整理のやり方と費用を解説!

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国471社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

お急ぎの方はお電話にてご相談ください!

通話無料0120-905-734

※お客様相談窓口につながります。受付時間 8:00~19:00 (土日祝も対応)

老前整理とは

老前整理とは、株式会社くらしかるの代表・坂岡洋子さんが提唱した活動のことです。坂岡さんは在宅介護の現場に関わったことで、高齢者の自宅には物が非常に多いことに気づきました。そこで、高齢になる前に持ち物を整理する老前整理を考えたのです。坂岡さんは老前整理についての本を書かれています。

老前整理のメリットは、まだ体が元気なので無理なく整理ができることです。記憶がはっきりしているため、どこに何がしまってあるかを思い出しやすい点も重要でしょう。老前整理を行えば、老後の負担を減らせるだけでなく、気持ちをスッキリさせて第2の人生を歩みやすくなります。老前整理は、働き盛りの40代ごろに始めるのがおすすめです。

老前整理と生前整理の違い

老前整理と似た言葉に生前整理があります。こちらも少子高齢化社会の到来によって注目されている活動ですが、老前整理とは何が違うのでしょうか。

生前整理の目的は、自分の死後に備えて持ち物や財産を整理しておくことで、家族の負担を減らすことにあります。そうすることで、相続などでのトラブルを回避したり、経済的な負担も軽くなったりするのです。つまり自分自身というよりは、家族の生活に重点を置いた整理が生前整理なのです。それに対して老前整理は、自分自身の老後の生活を視野に入れて整理をしますから、さらに一歩進んだ整理だと言えます。

老前整理のやり方 ~3つのコツ~

老前整理のポイントは、老後に使うものを中心に残し、他のものを処分することです。また、老後は体力が落ち、体が不自由になっている可能性を考慮しなくてはなりません。家の中を動きやすくするために、ものを保管する場所や家具の配置なども見直しましょう。行うべきことはたくさんありますから、以下に老前整理を行うにあたっての3つのステップを簡潔にまとめます。

コツ①:見るだけではダメ!一度収納から出してみよう

収納の中身を見直していないと、どこに何があったかが曖昧になり、それがいわゆるタンスの肥やしとなってしまいます。まずは一度出してみて、今実際に何を持っていて、何が必要で、何が必要でないのかを実際に手にとって考えましょう。

日の目を見ないものの中には壊れてしまっているものもあるかもしれません。取っておいても場所をとるだけなので、すぐに捨てましょう。また「いつか使うかもしれない」という程度の理由でものを残しておくと、整理はなかなか進みません。「なぜ」「いつ」「誰が」「どのように」使うものなのかをよく考えてください。まだ十分使えるものであっても、使う機会がなさそうなら処分しましょう。

コツ②:場所・時間を明確に決めあまり無理しない

実際に整理を始める前に、整理する場所と時間を決めておきましょう。家の簡単な間取り図があるとやりやすいでしょう。老前整理はあくまで必須の作業ではないため、ほかの日常生活に影響を与えずにやるのが鉄則です。

また、働き盛りの時期は多忙な方が多く、老前整理に対して多くの時間はそんなに取れないと思います。「一日一つの引き出し」「CDラック一列分」といったように、本当に少しづつで構いません。無理のない計画を立て、それを長く継続できるように心がけましょう。

コツ③:収納場所は最初に決め、迷ったものは「保留ボックス」へ

「捨てる」「なくす」ことだけが老前整理ではありません。最初の定義でもあったように、老前整理はその後の自分の生活を身軽にするために行うものですから、その後の生活がしやすいように整理するのが基本です。その後自分が老いても使いやすいか、ということを意識した上で、大方のものの収納場所は始める前に決めておきましょう。その際家具の配置(特に手に届く高さかどうか、など)や、電源の配線なども見直しておきましょう。ホコリが被っていて、火事の原因になる可能性もあります。

また、作業している上でどこに収納するか迷うもの、そもそも取っておくか迷うものも当然出てくるでしょう。それらは一旦「保留ボックス」なるものに保管し、一週間後、改めてそのボックスを整理しましょう。その場で決めようとしてダラダラと長い時間をかけてしまうのではなく、一度頭を冷やしてより正しい決断をすることが、早く確実に老前整理をやる近道です。

老前整理を業者に頼むといくらかかる?

老前整理を自分だけで行うのは大変な場合は、専門の業者に依頼することもできます。老前整理を専門にしている業者はもちろん、生前整理業や遺品整理業と兼業している業者もあります。それぞれ、整理作業に慣れた専門のスタッフが丁寧に整理を行ってくれるため、不用品回収業者に頼むよりも安全です。

業者に依頼する場合の料金は、家の広さや立地、整理するものの量によって大きく変動します。相場としては、2LDKなら15万円~、3LDKなら20万円~といったところです。できれば複数の業者に見積もりを出してもらい、優良な業者を選択するようにしましょう。

以下のページから、老前整理に一番近い生前整理業者の詳しい料金相場をご覧いただけます。

生前整理の料金・費用相場

良質な業者を探すために

老前整理や生前整理を扱う業者を、当サイト「みんなの遺品整理」では簡単に探すことができます。みんなの遺品整理」は、遺品整理士認定協会と提携しており、遺品整理士が在籍する業者のみをご紹介しています。

ご希望のサービス内容、地域に沿った業者を下のリンクからぜひ探してみてくださいね。

〈協会認定〉生前整理業者の検索はこちらから

業者選びのご相談も承ります

また、「業者選びから相談したい」「どの業者が良いのか分からない」という方のご相談も受け付けております。こちらからお気軽にお問い合わせください。

「みんなの遺品整理」の特長  ~安心・カンタン・お得~

当サイトでは、追加料金一切無し・作業経験が豊富な業者に一括で相見積もりを取ることができます。400社以上の業者が掲載されており、料金や口コミ、スタッフ、作業事例で比較することもできます。

安心

・遺品整理士の資格を持つ業者の中から厳選して掲載

・問い合わせ時に個人情報がすぐに業者に公開されない

カンタン

・様々なサービスや口コミで遺品整理業者を比較

お得

一度のお問い合わせで3社まで相見積もりを手配。実際の金額を比べて、依頼する業者を決定!


生前整理業者の料金や口コミを調べる

一括見積もりをしたい・お急ぎの方はこちらから

みんなの遺品整理」では、全国に10,000社以上いるといわれている遺品整理業者の中から、【回収した遺品を法律にそって処分しているか・過去のクレームや追加料金の請求をしたりしていないか・電話対応や接客態度が一定のレベルを超えているか】などを審査し、厳選して掲載しています。

また個人情報もいきなり業者に公開されないのでご安心下さい。「みんなの遺品整理」の相談員にメールや電話で質問をして、納得してから依頼が可能です。もちろん利用料金は無料です。

終わりに

日本では少子高齢化が進み、老前整理の重要性も増してきています。老後も豊かな人生を送るためには、早い段階から準備をしておかなければなりません。老前整理はその一環なのです。まだ元気なうちに身の周りをスッキリさせて、充実した老後を送りましょう。