いつか片付けようと思いつつ、家の中が不用品だらけのまま放置している人は多いのではないでしょうか。気がつけば高齢になり、片付けるのも一苦労という事態もよくあります。そんな人におすすめなのが「老前整理」です。ここでは、老前整理のメリットや費用について解説します。

老前整理のやり方と費用を解説!

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国442社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

お急ぎの方はお電話にてご相談ください!

通話無料0120-905-734

※お客様相談窓口につながります。受付時間 8:00~19:00 (土日祝も対応)

老前整理とは

老前整理は、株式会社くらしかるの代表・坂岡洋子さんが提唱した活動です。坂岡さんは在宅介護の現場に関わったことで、高齢者の自宅には物が非常に多いことに気づきました。そこで、高齢になる前に持ち物を整理する老前整理を考えたのです。

老前整理のメリットは、まだ体が元気なので無理なく整理ができることです。記憶がはっきりしているため、どこに何がしまってあるかを思い出しやすい点も重要でしょう。老前整理を行えば、老後の負担を減らせるだけでなく、気持ちをスッキリさせて第2の人生を歩みやすくなります。

老前整理とは生前整理の違い

老前整理と似た言葉に生前整理があります。こちらも少子高齢化社会の到来によって注目されている活動ですが、老前整理とは何が違うのでしょうか。

生前整理の目的は、自分の死後に備えて持ち物や財産を整理しておくことで、家族の負担を減らすことにあります。つまり、自分自身よりは家族の生活に重点を置いた活動なのです。老前整理は、自分自身の老後の生活を視野に入れて整理をしますから、さらに一歩進んだ活動だと言えます。

また、老前整理をしておくことで、結果的に生前整理もやりやすくなるという面もあります。どちらも大切な活動ですから、両方とも行うのが望ましいでしょう。

老前整理のやり方

老前整理のポイントは、老後に使うものを中心に残し、他のものを処分することです。「いつか使うかもしれない」という程度の理由でものを残しておくと、整理はなかなか進みません。「なぜ」「いつ」「誰が」「どのように」使うものなのかをよく考えてください。まだ十分使えるものであっても、使う機会がなさそうなら処分しましょう。

そして、老後は体力が落ち、体が不自由になっている可能性を考慮しなくてはなりません。家の中を動きやすくするために、ものを保管する場所や家具の配置なども見直しましょう。行うべきことはたくさんありますから、働き盛りの40代ごろに老前整理を始めるのがおすすめです。

老前整理を業者に頼むといくらかかる?

老前整理を自分だけで行うのは大変な場合は、業者に依頼することもできます。老前整理を専門にしている業者はもちろん、生前整理と兼業している業者もあります。専門のスタッフが丁寧に整理を行ってくれるため、不用品回収業者に頼むよりも安全です。

業者に依頼する場合の料金は、家の広さや立地、整理するものの量によって大きく変動します。相場としては、2LDK なら15万円~、3LDK なら20万円~といったところです。できれば複数の業者に見積もりを出してもらい、優良な業者を選択するようにしましょう。

終わりに

日本では少子高齢化が進み、老前整理の重要性も増してきています。老後も豊かな人生を送るためには、早い段階から準備をしておかなければなりません。老前整理はその一環なのです。まだ元気なうちに身の周りをスッキリさせて、充実した老後を送りましょう。