親しい方がなくなった後に行われる「形見分け」という習慣。しかし、実際に自分で形見分けをしたことはないという方も多いのではないでしょうか。そもそも形見分けとはどのようなものなのでしょうか?方法、時期、注意点を踏まえてポイントをご紹介していきます。

形見分けの時期や方法は?注意点もあわせてご紹介

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国394社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

形見分けとは?

言葉だけは聞いたことがあるという方も多いであろう形見分けという習慣。これは日本で古くから行われているもので、「個人が生前身近に持っていたものや大切にしていたものを、親族や友人に分け与える」という風習です。形見を身近に置くことで、個人との思い出や生前の行いを身近に感じ、喪失感を埋めるためなどにも有効とされてきました。

何を形見とするかといった点については、特に決まりはありません。個人が生前大切にしていたり、好きだったものを形見とすることが多いようです。

形見分けをする時期

形見分けを行う時期ですが、こちらも特に厳密にこの日と定められているわけではありません。一般的には一同が集まる場として、四十九日や法要の際などに行われることが多くなっています。

ただし、信心している宗教によっては、厳密に決められている場合もあります。一度お坊様や神主様、牧師様などに相談してみるのもおすすめです。

宗教別・形見分けの時期

ここでは宗教別の形見分けの時期を見ていきます。明確に決まっているわけではありませんが、どの宗教でも「忌明け」以降に形見分けをすることが多いようです。

仏教

仏教では、「四十九日法要」が忌明けとなります。親戚や故人の親しかった人が集まる機会でもあるので、その時に形見分けを行うのも良いでしょう。

神道

神道では、「三十日祭」または「五十日祭」が忌明けとなります。それ以降に形見分けを行うのが一般的です。

キリスト教

キリスト教の中では形見分けという習慣はありません。日本のキリスト教徒の方は、亡くなって1か月が経った時に行われる「追悼ミサ」で形見分けすることが多いようです。

形見分けをするときの注意点

故人をしのぶための形見分けですが、いくつか注意点もあります。

1.相続放棄をしている場合は形見分けができない

その最たるものが相続放棄をしていた場合。形見分けは相続に当たるので、相続放棄をしている方が形見分けを受け取ってしまうと、相続放棄が無効となってしまうケースがあるのです。資産価値がないものならば相続には当たらない、とされる場合もありますが線引きは非常に難しくなります。

相続放棄をしたうえで、どうしても形見分けをしたい時は、相続放棄の際に頼った弁護士などに見極めてもらいましょう。

2.目上の方への形見分け

昨今では肩書や年齢にとらわれることなく、親しくしていた方が故人をしのぶためのものとして、目上の方への形見分けも一般的となってきています。ただ、贈られる本人がどのように考えているのかはわからないので、一度確認をする、または先方から希望があった時のみとしておくのが無難でしょう。

3.贈与税がかかるケースも

宝石や貴金属などの資産価値があるものを形見分けとして受ける場合、「遺産分割協議書」に記しておく必要があるのです。あまりにも高価なものを受け取った場合、贈与税を払う必要が出てくるので、注意しておきましょう。

4.遺産の相続協議は終わらせておく

形見は、遺産として相続の対象となります。そのため遺産分割が終わっていない段階では、形見は相続人の共有財産です。相続に関する協議を終えるまでは、形見分けをしないように注意しましょう。

形見分けをする方法

形見分けをする方法として、特に決まった形式はありません。ただし、形見分けはプレゼントではないので、品物を包装する必要はありません。そのまま渡すのでは汚れてしまう可能性がある場合などは、懐紙などで軽く包む程度で十分です。

終わりに

大切な方とのお別れはとても悲しく、深い喪失感を味わうもの。しかし形見分けは、喪失感や悲しみを思い出に変えてくれる優秀な風習です。最後のお別れを済ませた後、前向きになるためにも行ってみてはいかがでしょうか。