遺品整理をしている時に悩むのが、故人が生前に集めていたコレクション等です。故人が好きなものなので、どう処分すればいいか悩む人がたくさんいます。こういったコレクションを上手に処分する方法やコレクションを処分するときに便利なサービスを紹介していきます。

故人のコレクションってどう処分すればよい?

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国442社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

お急ぎの方はお電話にてご相談ください!

通話無料0120-905-734

※お客様相談窓口につながります。受付時間 8:00~19:00 (土日祝も対応)

故人のコレクションや趣味嗜好品でよくあるもの

故人のコレクションとしてよくあるものとして以下の4つがあります。

①美術品や骨董品

絵画や壺などは故人のコレクションとしてよく挙がるものです。どう処分していいかわからず、悩む人が非常に多いものだといえます。

②切手などの収集品

収集するものなので、数も多くなり遺品整理の時に困ってしまうコレクションだといえます。

③本

本は一冊が重いので、処分するときに苦労するものの一つです。故人が読書好きなら大量に抱えている人も多く、場所も取ってしまいます。

④その他、故人の趣味嗜好品

故人が好きだったものや、よくコレクションしていたものです。故人にとって価値があるものでも他の人にとって無価値なものもたくさんあります。

高く売るならネットオークションやフリマアプリがおすすめ

故人のコレクションを処分する時に、ネットオークションやフリマアプリに出品するという方法があります。コレクションの中にお宝品などがある場合もあります。ネットオークションやフリマアプリなら、そういったものを適切な値で売ることができるのです。

これらのサービスを利用することで、コレクションをお金に変えて遺品整理をするときの費用に充当することが出来ます。そういった人にネットオークションやフリマアプリはおすすめです。

基本的にサービス利用料は販売価格の数パーセントを支払うケースが多いです。ただ捨てるだけじゃお金になりません。こういったサービスを使うことでお金に替えることができるので、経済的に遺品整理をすることが出来ます。思いがけないものがどんどん値が上がっていくような場合もあるので、ネットオークションやフリマアプリを有効的に使ってみましょう。

デメリットとしてはサービスを利用する手間がかかること、売れるまでに時間がかかることです。コレクションを1つ1つをスマートフォンなどで撮影して、商品としての説明を書くことが必要になります。また故人のコレクションが人気がないものだとなかなか売れないこともあります。

家具家電とまとめて処分なら遺品整理業者がおすすめ

故人の遺品は遺品整理業者を利用することで、時間を掛けずに簡単に処分することが出来ます。一つ一つ自分で売りに行ったりするのは時間も手間もかかってしまいます。一つの業者にまとめて依頼することで、時間や手間を掛けずに遺品を処分することが出来るのです。

家具や家電を自分で処分するというのは本当に大変なものです。車が必要ですし高齢のご遺族の方には不可能に近いことです。こういった業者を利用することで、お金は掛かってしまいますが簡単に遺品を処分することが出来ます。

ただ処分するだけじゃなく、買取りに強い遺品整理業者に遺品を買取ってもらって、そのお金を遺品整理の費用に充当することも可能です。遺品整理業者と聞くと不用品回収業者のようなイメージがあるかと思いますが、近年ではリサイクルショップや骨とう品鑑定を専門で行っている業者もいます。遺品整理はお金が掛かってしまうので、できるだけこういった方法で節約するのがいい方法だといえます。

買取に強い遺品整理業者の料金や口コミを見てみる

遺品整理は時間もお金もかかるものです。しかし故人のコレクションは色々なサービスを利用することで経済的に処分できます。ネットオークションやフリマアプリ等を利用して費用を出来るだけ抑えて遺品整理をするのがいいでしょう。