部屋を整理した際に、いらなくなった家具の処分方法のひとつに、引取をしてもらうやり方があります。中には無料を謳いながらも、トラックに乗せた後から高額な処分費用を請求してくるところもあります。ここでは、家具の引取の方法について解説していきます。

家具の引取って無料でできる?家具を引取ってもらう時のコツ

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国394社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

お急ぎの方はお電話にてご相談ください!

通話無料0120-905-734

※お客様相談窓口につながります。受付時間 8:00~19:00 (土日祝も対応)

家具の引取をしてもらう方法

家具の引取をしてもらう方法には、以下のようなものがあります。

1.引越し業者の引取

引越しの際に、引越し業者に事前に頼んでおくことで、不要な家具を引き取ってもらえることがあります。家具の状態によっては買取の対象となり、現金化できるケースもあります。その一方で、老朽化した家具の場合、処分費用を支払うこともあります。

2.家具の買い替え

家具メーカーによっては、新たに家具を購入した際に、古い家具を無料で引き取ることがあります。新しい家具が届いたその日に処分できるので、手間が省けるメリットがあります。

3.不用品回収業者の引取

不用品回収業者に家具の引取をしてもらうやり方もあります。例えば市区町村の自治体に依頼する粗大ごみは、申し込みから引取までの時間がかかります。不用品回収業者の場合、依頼したその日に引取をしてもらうことも可能です。

家具の引取をしている業者と費用

ここからは、家具の引取をしている業者と費用について紹介していきます。

1.ヤマトホームコンビニエンス

引越しの際に、不要となった家具を引取してもらえます。購入後6年以内の家具の場合、状態に応じて買取をしてもらえることもあります。買取できないものに関しては、処分費用がかかります。

2.無印良品

無印良品では、ソファやベッドなどを新規購入した場合、不要となった同じ家具を無料で引取してくれます。引取できるものとできないものがあるため、事前に確認する必要があります。吊り下げ作業の場合には3,000円(税抜)が別途かかります。

3.ベルメゾンネット

一定の条件を満たすことで、不要な家具の引取をしてくれます。条件は、販売価格41,040円(税込)以上、送料3,500円(税込)の商品の購入です。ソファやテーブルなどが対象となります。

家具の引取を安くするコツ

家具の引取を安くするコツには、次のようなものがあります。

1.分解してゴミ回収へ

家具の種類によっては、分解して自治体のゴミ回収に出す方法もあります。自治体ごとに大きさの規定がありますので、事前に調べた上で行うと良いでしょう。

2.リサイクルショップ

購入後の年数が新しいものであれば、リサイクルショップでの買取も検討したいところです。家具を清掃した後に査定してもらうことがコツとなります。

3.不用品回収業者の相見積もり

3社ほどの不用品回収業者に相見積もりを出す方法もあります。できれば一般廃棄物運搬許可証を持つ業者か、もしくはその業者と提携している業者がおすすめです。

不用品回収業者の選び方

もし回収してほしい不用品が多いなら、一般廃棄物運搬許可証を持つ業者に依頼するのが良いでしょう。一つ一つ別々で処分すると、膨大な時間がかかってしまいます。

ではどのように業者を選ぶのが良いでしょうか?

 みんなの遺品整理」は、『安心な業者を、カンタンに比較できて、お得に利用できるサービス』です。

当サイトでは、追加料金一切無し・作業経験が豊富な業者に一括で相見積もりを取ることができます。300社以上の業者が掲載されており、料金や口コミ、スタッフ、作業事例で比較することもできます。 

安心

・遺品整理士の資格を持つ業者の中から厳選して掲載

・問い合わせ時に個人情報がいきなり業者に公開されない

カンタン

・様々なサービスや口コミで遺品整理業者を比較

お得

度のお問い合わせで3社まで相見積もり手配。実際の金額を比べて、依頼する業者を決定!

不用品回収業者の料金や口コミを調べるにはコチラ

一括見積もりをしたい方・お急ぎの方はコチラ

みんなの遺品整理」では、全国に10,000社以上いるといわれる業者の中から、【回収した遺品を法律にそって処分しているか・過去のクレームや追加料金の請求をしたりしていないか・電話対応や接客レベルが一定を超えているか】などを審査し、厳選して掲載しています。

終わりに

家具の引取をする方法には、引越し業者や家具の買い替え、不用品回収業者への依頼があります。不用品回収業者を選ぶ際には、3社以上から見積もりを取るようにしましょう。