家を掃除していたらなんとビニール袋に入ったたくさんのライターが見つかった!実家の片付けや遺品整理をしているときに家主の方が喫煙者だとたまにこういったことがあります。ライターの処分は少し面倒なのでなかなか捨てられない人もいます。この記事では捨て方や分別について紹介していきます。

大量のライターの処分・分別方法はどうすればいい?

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国263社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

お急ぎの方はお電話にてご相談ください!

通話無料0120-905-734

※お客様相談窓口につながります。受付時間 9:00~18:00(土日祝日除く)

分別についてチェックする

結論からいうとライターの分別や捨て方は自治体によってことなります。よくあるパターンとしては燃えないゴミの日に捨てるのが一般的です。ただし神奈川県横浜市などは燃えるゴミの日に捨ててしまって問題ない地域もあります。

そのためGoogleやYahooなどの検索エンジンで「市区町村×ライター処分」で検索し、各自治体の分別回収表をみることで自分のエリアの捨て方をチェックしておきましょう。100円ライターのようなプラスチック製のものが上記方法であたり、ジッポーライターなどの金属製のものはオイルを抜いて金属ゴミの日に出すのが一般的です。

ガスを抜いてから捨てる

ガスが残っているままライターを捨てるのは危険です。ゴミ回収業者や処分場で火災事故が起こる場合があるので、面倒でもガスは抜いて捨てましょう。またガスを抜く際のおすすめ方法について紹介します。

セロテープで止める

まずライターのボタン部分(操作レバー)を下まで押し下げます。その押し下げた状態を維持するようにセロテープで止めてください。シューという小さな音がでればガスが抜けている証拠です。もし音が聞こえないようであれば炎調整レバーを最大にしてください。

輪ゴムで止める

セロテープと同じようにライターのボタン部分を下まで押し下げ、輪ゴムで固定します。コツとしては1本の輪ゴムを三重ほどにしてひっかけると固定する力が強くなります。この方法は斜めに押し下げるタイプのライターでは使えないのと調整が少し面倒なため、セロテープのほうが簡単でおすすめです。

金属の注入式ライターのガス抜き法

ジッポーなどのライターについてはガス注入口をつまようじや先が細いドライバーなどで押してください。シューという音がなっていればガスが抜けています。

ライターのガスを抜く際の注意点

ガスを抜く際は必ず屋外でおこなってください。屋内だと臭いがするだけでなく、周囲の火の気に引火する可能性もあります。

ガスが抜けきる目安時間

ライターの中に残っているガスの量にもよりますが半日~1日程度かかります。そのためゴミ回収日の前日には抜いておく準備をしておきましょう。

業者に回収は依頼できる?

ライターは発火性・引火性の危険物扱いになるため回収できる業者は少ないです。みんなの遺品整理では面倒なガス抜きを含め、大量のライターの処分についてもご相談にのっております。もしお困りでしたらお気軽にお問合せください。

みんなの遺品整理トップへ