遺品整理のときに悩むのがガラス製品です。特に多くの人が悩むのが水槽やガラステーブルです。状態の良いものならばリサイクルショップに売ることもできます。しかし古くて割れや欠けのあるものは捨てるしかありません。この場合は何ゴミに分類されるでしょう。この記事ではガラス製品の処分方法、水槽とガラステーブルを例に紹介します。

水槽やガラステーブルの捨て方とは?

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国297社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

水槽は何ゴミに分別される?

一般的に1辺30cm以内の水槽は不燃ゴミ1辺30cmより長い水槽は粗大ゴミに分類されます。不燃ゴミとして処分する場合は自治体指定のごみ袋に入れる必要があります。粗大ゴミの場合は事前に自治体に申し込みをするのが基本です。

粗大ゴミの場合、多くの自治体では自治体指定のゴミ処理券を購入し水槽に貼り付けます。その水槽は自治体に指定された日、指定された場所に出すことになります。

※注意:処分方法は一般的な例です。必ず該当地域の自治体のルールを確認して処分して下さい。

ガラステーブルは何ゴミ?

ガラステーブルは大きさによらず一般的に粗大ゴミに分類されます。粗大ゴミの場合、多くの自治体では自治体指定のゴミ処理券を購入しガラステーブルに貼り付けます。そのガラステーブルは自治体に指定された日、指定された場所に出すことになります。

 

※注意:処分方法は一般的な例です。必ず該当地域の自治体のルールを確認して処分して下さい。

ガラス製品を処分する際の注意点

ガラス製品を処分するために移動させる場合は安全性を確保するために身を守れる衣服や器具を利用しましょうまず長袖・長ズボンを着用し、滑り止めのついた軍手などをはめます。万が一の飛散に備えて底の厚い靴を使用し、眼鏡やゴーグルで目を保護するようにしましょう。重大な事故になりかねない頭部や頸部を保護するために帽子やネックウォーマーは有効です。

水槽のガラスは厚めなので、見た目が小型でも意外と重いという特長があります。指定された場所まで移動させるときは決して無理せず、知人・友人の手を借りて安全に移動させましょう。

サイズや量がある場合は片付け業者に引き取ってもらう

ガラス製品の処分方法として自治体にゴミとして出す方法と業者に依頼して引き取ってもらう方法があります。業者に依頼すると自治体のごみ処理の何倍~何十倍の費用がかかります。(サイズ、量によります)

しかしガラス製品は重く、落下させてしまうと重大な事故を招く恐れがあります。

よくあるガラス製品による事故

・落下して足にあたり骨折

・飛散したガラスで裂傷

頭部や頸部に割れたガラスが当たったら重大な事故に発展する恐れもあります。またガラス製品が落下した先に他人がおり怪我をさせてしまった場合は賠償責任が生じます。

 

処分費用を節約しようとして事故が起きたら本末転倒、返って膨大な費用が必要になることがあります。ガラス製品を安全に処分するためには専門業者に依頼することも考えてみたほうがいい場合もありますまずは業者に見積りを作ってもらいましょう。見積もりだけなら無料という業者は多いので気軽に依頼してみましょう。またガラス製品だけでなく、他の大きな家具家電も回収してほしいのであれば専門の片付け業者もおすすめです。みんなの遺品整理では損害保険に加入している業者もいるため、対物対人など万が一のことが起こった場合でも補償してくれます。

損害保険に加入している片付け業者の料金や口コミを見てみる

 

ガラス製品は種類・大きさにより不燃ゴミまたは粗大ゴミとして処分されるのが一般的です。しかし重量があるので処分するときは無理をしてはいけません。ガラス製品の処分は安全を考慮して業者に依頼することも考えてみるのもよいでしょう。