相続する際は、親が滞納していた税金・家賃・借金などが残っていることもあるのではないでしょうか。この場合、支払い義務があるのでしょうか?また相続放棄はできるのでしょうか。

親が滞納していた税金の支払い義務は?相続放棄できる?

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国465社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

お急ぎの方はお電話にてご相談ください!

通話無料0120-905-734

※お客様相談窓口につながります。受付時間 8:00~19:00 (土日祝も対応)

親が滞納していた税金・家賃・借金などの支払い義務について

相続は、基本的に、次の世代に財産のプラスのものを譲るというイメージがあります。しかし、相続は、実際には財産としてプラスのものだけでなく、マイナスのものでも引き継ぐ必要があります本来の相続の意味は、亡くなった人の想いや姿を譲り受けるというものです。しかし、法律上の一般的な解釈としては、子供や配偶者が亡くなった人の財産や持ち物を全て相続するものです。

そのため、親が亡くなった際に滞納していた税金・家賃・借金などは、財産のマイナスのものになりますが、子供や配偶者が相続して支払う義務があります亡くなった親が滞納していた税金・家賃・借金などが、連絡が税務署からあった時期に、初めて分かるような場合はよくあります。そのため、莫大な支払い額のために驚くケースも少なくありません。

相続放棄を検討する

遺族の支払い義務が無くなる方法としては、相続放棄があります。放棄放棄というのは、相続財産がプラスのものでもマイナスのものでも、その義務や権利を全て手放すものです。結論から言うと相続放棄をすることで支払い義務をなくすことができます

一般的に、相続放棄を選ぶのは、亡くなった人の財産のマイナスのものが多くある場合や、相続トラブルにならないようにしたいという場合などが多くあります。

相続放棄の条件

ただし条件として相続の開始があったことを知った時」から3か月の間に行う必要があります。

支払い義務が発生するものはなにがある?

ここでは、相続する際に支払い義務が発生するものについてご紹介しましょう。

・税金

亡くなった人が滞納していた固定資産税や市民税・県民税は、遺族が基本的に支払う義務があります。

・家賃

亡くなった借家人が家賃を滞納していた場合は、遺族に家賃の支払い義務が相続されます。

・国民健康保険

国民健康保険は、遺族に支払いの義務が相続されます。

・クレジットカード

クレジットカードを持っていた人が亡くなった場合は、遺族からカード会社に解約を連絡する必要があります。しかし、解約しても、遺族にクレジットカードの残債の支払い義務が相続されます。

相続放棄の方法とやり方

相続放棄の方法としては、

・相続放棄のための必要書類を準備する

・相続放棄申述書を作る

・申請書類を家庭裁判所へ提出する

・質問書が家庭裁判所から届く

・相続放棄が受理される

というような流れになります。

相続放棄の注意点

ここでは、相続放棄の注意点についてご紹介しましょう。

誰が相続放棄するか?

相続放棄の場合は、順位があります。相続放棄の順位としては、

・亡くなった人の配偶者

・亡くなった人の実子、あるいは法律上で認可された養子

・亡くなった人の父母、あるいは祖父母

・亡くなった人の兄弟姉妹

になります。

相続人に自分がなった期日を正確に把握する

相続放棄の場合は、相続人に自分がなった日から、申請書を3ヶ月以内に提出することが必要です。そのため、相続人に自分がなった期日を正確に知ることが大切です。相続放棄を高い優先順位の相続人が行ったので、親が滞納していた税金・家賃・借金などの支払い義務が自分になったことが分からなかったというのみでは、支払い義務は免除されません。

相続放棄の手続きを3ヶ月の期限内に行わないと、相続人は財産のマイナスのものも含む亡くなった人の全ての財産を条件無しで認めたようになります。

相続放棄するつもりなら遺品整理はしない

もし相続放棄を検討しているときは遺品整理をするのはストップしましょう。理由は遺品に手を付けてしまうと相続放棄ができなくなるからです。ゴミの処分をしただけだとしても財産に手をつけたとみなされて法的に認められないケースもあります。