実家の片づけなど様々な事情で、仏壇を処分しないといけないとき、どうすればいいのか困りますよね。また、引き取るにしても、部屋のスペースの問題などで自宅に仏壇を置くのが困難な場合もあります。この記事では廃棄するときの方法や、買い替えをするときの注意点について紹介いたします。

仏壇の4つ処分方法と事前にやるべきこと

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国273社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

事前に確認すべきこと

処分する前にまずは開眼法要(かいげんほうよう)がされているか確認しましょう。これは魂入れ(たましいいれ)とも呼ばれており、仏壇を購入したときに亡くなった方の魂を納めてもらうよう依頼するものです。開眼供養がされている仏壇には故人の魂がまだ宿っているため、このまま捨てることはできません。

開眼法要されている場合は魂抜きをしましょう

まだ亡くなった方の魂が収められている場合は閉眼法要(へいげんほうよう)を行いましょう。別名魂抜き(たましいぬき)と呼ばれているもので、亡くなった方の魂を抜く作業になります。お寺に依頼をすれば、行ってもらえます。これによって仏壇の役目がおわり、一般ゴミとして処分できるようになります。

魂抜きをしてくれるお寺は、お葬式を依頼したところや、お墓がある菩提寺などがあります。お寺によって費用やサービスは異なりますが、持ち込みによる合同供養や、出張手配を行っているところもあります。

仏壇の処分方法4つ

お寺(菩提寺)にそのまま依頼する

閉眼供養をおねがいしたお寺にそのまま依頼してみましょう。有料になり、費用はお寺によって異なりますので、具体的なことは直接お寺に問い合わせをしてみましょう。

粗大ごみとして出す

最も安価な処分方法は粗大ごみにだすことです。自治体によりますが300~3000円程度で回収をしてくれます。また小さいサイズのものであれば自分で解体して燃えるゴミの日にだすこともできます。ただしエリアによっては粗大ごみとして受付をしていないところもあります。

仏具店に依頼する

近隣の仏具店で回収サービスを行っている場合があるので、問い合わせをしてみることもおすすめです。回収の費用はサイズによって異なりますが、8,000円~40,000円ほどのようです。家財宅急便などでの配送受付を行っている業者もありますので、その場合上記に追加で送料がかかります。

遺品整理業者に依頼する

遺品整理業者であれば、片づけ作業をするその場で回収してくれます。寺院とも提携しているため、合同供養やお焚き上げの手配も行ってくれます。なるべく早く処分をしたい場合や、自分では体力的に粗大ごみの処分場まで運べない場合は検討してみましょう。

当サイトみんなの遺品整理では全国の遺品整理士が在籍する優良遺品整理業者と提携しております。ご相談やお見積もりは無料になりますので、お困りの方はお気軽にお問合せください。

みんなの遺品整理トップへ