最近ではすっかりおなじみの言葉となった「終活」。終活とは、「人生の終わりのための活動」の略語で、前向きな気持ちで最期に向けての準備や総括をすることです。人によって内容は様々ですが、

・遺言書の執筆

・お墓の決定

・身のまわりの片付け

・エンディングノートの作成

を行う場合が多いです。

この記事では、終活にあたっての身のまわりの片付け、またその方法についてご紹介します。

終活の上手な片付け方と注意点はこれ!

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国471社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

お急ぎの方はお電話にてご相談ください!

通話無料0120-905-734

※お客様相談窓口につながります。受付時間 8:00~19:00 (土日祝も対応)

終活における片付けとは?

終活における片付けとは、最期を迎えるにあたってあらかじめ身のまわり整理をしておくことです。別名、生前整理ともいいます。最期を意識した整理とはいえ、大切なのは前向きな気持ちで臨むことです。

片付けの目的は?

目的としては、

①片付けを通してこれまでの人生を振り返り、新たな気持ちで第二の人生を送れるようにする

②安心で安全な住環境をつくる

③残された家族の負担を減らす

ことが挙げられます。

片付けにあたって特に意識したいことは、今後の生活を考えて「安心で安全な住環境をつくる」ことです。室内の動線上に障害物があったり、高いところまで物が積み重なったりしている状況では、思わぬケガをしてしまうかもしれませんよね。

時期はいつ?何をすればいいの?

自分で片付けを始める最適なタイミングは、「気力も体力もある元気なとき」です。片付けは時間も体力も要するものなので、足腰が弱くなったり、持病が悪化したりしてからでは大きな負担となります。50代~60代といった、できるだけ早い時期に始めることがポイントです。

では、具体的に何をすればよいのでしょうか?2段階に分けてご紹介します。

1.不用品を処分する

まずはこれまでの生活で溜まった荷物の整理から着手します。ここでは、「いかに荷物を少なくするか」を念頭において作業しましょう。

思い出のつまったものは残しておく方がよいですが、ここ数年着ていない衣類や、使わなくなった食器類、古くなった家具・家電類は思い切って処分してしまうことが大切です。ベランダや庭がある場合は、植木鉢などの整理もあわせて行いましょう。

とはいえ、処分するべきかすぐには判断できないものも多いでしょう。悩みに悩んで手が止まってしまうことも…。そのようなときは、「保留用」の段ボールを作り、いったん入れておくことをおすすめします。時間をおいて再度手に取ってみたら、「やはり必要なものだった」あるいは「案外処分しても差し支えないものだった」とすんなり判断がつくかもしれません。

2.資産を整理する

部屋の中が片付いたら、次は資産整理に取りかかりましょう。金融財産を整理することは相続トラブルの防止にもなります。下の項目を一度明らかにし、リストにまとめておくとよいでしょう。

  • 預金口座の銀行名・預金額
  • 株券などの有価証券
  • 加入している保険の内容
  • 所有不動産
  • 借金・ローンの額
  • 個人的な金銭の貸借

インターネット上の情報整理も忘れずに

意外と忘れてしまうのが、ネット証券やFX、SNSのアカウント、クレジットカード情報といったインターネット上の情報の整理です。この整理を忘れてしまい「デジタル遺品」として放置されると、情報が悪用される危険性もあります。インターネットが当たり前となった現代だからこそ、きちんと事前に整理しておきたいものですね。


「デジタル遺品」について詳しくはこちら

片付けで出たゴミの処分方法は?

ゴミが少量の場合は自治体の回収日に出すのがよいでしょう。しかし、処分量が多い場合や、家具・家電等その処分方法に悩む処分品の場合、業者に頼んでみるのも一つです。費用はかかってしまいますが、分別不要なうえ、希望する日時に回収しにきてくれます。

下のリンクもぜひ参考にしてみてくださいね。
家財別の処分方法を知りたい!

ゴミ回収業者の料金相場は?

ゴミ回収業者を調べてみる

自力で難しいときは業者に依頼してみよう

ここまで読んでみて「やることが多くて大変そう…」と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。そのような方は、生前整理を請け負ってくれる業者に依頼するのも選択肢の一つです。

遺品整理や生前整理を専門とした業者でしたら、高齢の方のお部屋の整理に長けていますし、整理にあたっての悩みや不安に寄り添いながら丁寧に作業をしてくれます。また、家具類の搬出や部屋の清掃、不用品の回収や買取まで行ってくれるので、一度の依頼で片付けを終えることができます

お近くの生前整理業者を探してみる

ポイントは相見積もりをとること

依頼するにあたってできるだけ費用を安くするコツは、3社を目安に複数の業者に相見積もりをとるこ とです。「みんなの遺品整理」では、遺品整理士認定協会による認定を受けたけた優良業者の中から相見積もりをとることができます。

「みんなの遺品整理」の特長 ~安心・カンタン・お得~

当サイトでは、追加料金一切無し・作業経験が豊富な業者に一括で相見積もりを取ることができます。400社以上の業者が掲載されており、料金や口コミ、スタッフ、作業事例で比較することもできます。

安心

・遺品整理士の資格を持つ業者の中から厳選して掲載

・問い合わせ時に個人情報がすぐに業者に公開されない

カンタン

・様々なサービスや口コミで生前整理業者を比較

お得

一度のお問い合わせで3社まで相見積もりを手配。実際の金額を比べて、依頼する業者を決定!

生前整理業者の料金や口コミを調べる

一括見積もりをしたい方・お急ぎの方はこちら

みんなの遺品整理」では、全国に10,000社以上いるといわれている遺品整理業者の中から、【回収した遺品を法律にそって処分しているか・過去のクレームはどのようなものか・追加料金の請求をしていないか・電話対応や接客態度が一定のレベルを超えているか】などを審査し、厳選して掲載しています。

片付けをして新たな人生のスタートを

片付けを通して自身のこれまでを見つめなおす時間は、今後の人生を前向きに生きるうえで豊かな糧となるはずです。新たな人生のスタートのきっかけとして、あなたも片付けをしてみてはいかがでしょうか?