最近ではすっかりおなじみの言葉となった「終活」。終活とは、「人生の終わりのための活動」の略語で、前向きな気持ちで最期に向けての準備や総括をすることです。人によって内容は様々ですが、

遺言書の執筆、お墓の決定、身のまわりの片付け、エンディングノートの作成を行う場合が多いです。

この記事では、終活にあたっての身のまわりの片付け、またその方法についてご紹介します。

終活の上手な片付け方と注意点はこれ!

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国634社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

お急ぎの方はお電話にてご相談ください!

通話無料0120-905-734

※お客様相談窓口につながります。受付時間 8:00~19:00 (土日祝も対応)

終活における片付けとは?

終活とは、最後まで自分らしく生きるために準備をすることです。最近はよく耳にすることが多い言葉ですが、終活では具体的に以下の4つのことを行います。

①片付け(生前整理)

②エンディングノートや財産目録をつくる

③葬儀やお墓の準備

④遺言書を書く

終活動の中での片付けとは、最期を迎えるにあたってあらかじめ身のまわり整理をしておくことです。別名、生前整理ともいいます。最期を意識した整理とはいえ、大切なのは前向きな気持ちで臨むことです。この記事では終活における片付けの意味から方法までをご紹介します。

片付けの目的は?

家族と自分に対するメリット

終活で片付けに取り組むのは腰が重いという方も多いのではないかと思います。一方、片付けを行うことで、家族にも自分自身にもこのようにメリットがあります。

①家族が物を整理する負担削減

片付けを行えないままになってしまうと、遺品整理を行う家族に片付けを行う負担がかかってしまいます。また、遺品整理は処分の費用がかかるという負担もあります。特に別居している場合は、時間的・体力的な負担が大きくなってしまいます。

終活で片付けを行うことで負担を削減することができます。

②家族の相続トラブルを防ぐ

ものの整理と一緒に財産の整理をし、重要な書類などもまとめてくことで、相続の際にどこにどの資産があるのか家族が把握することができます。また、資産をどのように相続するのかをあらかじめ決めておくことで、家族が相続に関するトラブルに巻き込まれなくなります。

③片付けで新たな一歩を踏み出せる

片付けを通してこれまでの人生を振り返り、新たな気持ちで第二の人生を送れるようにすることができます。広くなった部屋ですがすがしい気持ちで過ごすことができます。

④安全・安心な住まいに暮らせる

片付けにあたって特に意識したいことは、今後の生活を考えて「安心で安全な住環境をつくる」ことです。室内の動線上に障害物があったり、高いところまで物が積み重なったりしている状況では、思わぬケガをしてしまうかもしれません。

時期はいつ?

最適なタイミング、気力も体力もある元気なとき

自分で片付けを始める最適なタイミングは、「気力も体力もある元気なとき」です。

片付けは時間も体力も要するものなので、足腰が弱くなったり、持病が悪化したりしてからでは大きな負担となります。50代~60代といった、できるだけ早い時期に始めることがポイントです。

また、時間や体力の余裕がある定年退職の時期に終活をおこなうと、ちょうどよいかもしれません。

終活の片付けの手順

不用品の選定と処分

終活の片付けで行うことの手順について、2段階に分けてご紹介します。

1.不用品を選び、処分する

まずはこれまでの生活で溜まった荷物の整理から着手します。ここでは、「いかに荷物を少なくするか」を念頭において作業しましょう。

「要るもの」「要らないもの」を基準をつくって分別しましょう。思い出のつまったものは残しておく方がよいですが、ここ数年着ていない衣類や、使わなくなった食器類、古くなった家具・家電類は思い切って処分してしまうことが大切です。ベランダや庭がある場合は、植木鉢などの整理もあわせて行いましょう。

とはいえ、処分するべきかすぐには判断できないものも多いでしょう。悩みに悩んで手が止まってしまうことも…。そのようなときは、「保留用」の段ボールを作り、いったん入れておくことをおすすめします。数か月程度時間をおいて再度手に取ってみたら、「やはり必要なものだった」あるいは「案外処分しても差し支えないものだった」とすんなり判断がつくかもしれません。

2.資産や貴重品を整理する

部屋の中が片付いたら、次は資産整理に取りかかりましょう。金融財産を整理することは相続トラブルの防止にもなります。下の項目を一度明らかにし、財産目録やリストにまとめておくとよいでしょう。

・預金口座の銀行名・預金額

・株券などの有価証券

・加入している保険の内容

・所有不動産

・借金・ローンの額

・個人的な金銭の貸借

これらの貴重品や重要な書類をまとめておくことで、いざ必要になったときに探しなおさなくてもよくなります。

インターネット上の情報整理も忘れずに

整理しないとデジタル遺品に

意外と忘れてしまうのが、ネット証券やFX、SNSのアカウント、クレジットカード情報といったインターネット上の情報の整理です。この整理を忘れてしまい「デジタル遺品」として放置されると、情報が悪用される危険性もあります。整理すべきインターネット上の情報には以下のようなものがあります。

・パソコンやスマホのデータ

・SNSのアカウントや、ブログ・HPなどのデータ

・ネットショップやオンライン有料サービスのアカウント

・ネット金融の口座

特に、お金に関わるアカウント・口座は注意して整理を行わないと、後のトラブルになります。インターネットが当たり前となった現代だからこそ、きちんと事前に整理しておきたいものですね。


「デジタル遺品」について詳しくはこちら

片付けで出たゴミの処分方法は?

不用品を処理する業者

ゴミが少量の場合は自治体の回収日に出すのがよいでしょう。しかし、処分量が多い場合や、家具・家電等その処分方法に悩む処分品の場合、業者に頼んでみるのも一つです。費用はかかってしまいますが、分別不要なうえ、希望する日時に回収しにきてくれます。ゴミの処分をする業者には以下のような種類があります。

①不用品回収業者

不用品回収業者の特徴は、不用品をほぼすべて回収してくれることです。きちんとした業者を選ぶ際には、「一般廃棄物運搬収集運搬業許可」という許可を持っているのかどうか、また買取の場合は「古物商」の許可を持っているのかどうかを確認してみましょう。

②リサイクル業者

リサイクル業者は、「古物商許可」を所持しており、引き取った不用品の売買・交換を行う業者です。不用品を買い取ってもらうことができますが、種類によっては引き取ることのできない不用品もあります。

③遺品整理業者

生前整理から不用品の回収・買取を行ってくれます。特に、生前整理を自分が行うのが厳しい場合は遺品整理業者にお願いするのが良いかもしれません。

④行政のサービス

安い料金で家財を回収してくれることが特徴です。自治体によっては、不用品の収集車が家まで回収しに来てくれる場合があります。

下のリンクもぜひ参考にしてみてくださいね。
家財別の処分方法を知りたい!

ゴミ回収業者の料金相場は?

ゴミ回収業者を調べてみる

自力で難しいときは業者に依頼してみよう

生前整理業者に依頼するメリット

ここまで読んでみて「やることが多くて大変そう…」と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。そのような方は、生前整理を請け負ってくれる業者に依頼するのも選択肢の一つです。

遺品整理や生前整理を専門とした業者でしたら、高齢の方のお部屋の整理に長けていますし、整理にあたっての悩みや不安に寄り添いながら丁寧に作業をしてくれます。また、家具類の搬出や部屋の清掃、不用品の回収や買取まで行ってくれるので、一度の依頼で片付けを終えることができます

お近くの生前整理業者を探してみる

ポイントは相見積もりをとること

依頼するにあたってできるだけ費用を安くするコツは、3社を目安に複数の業者に相見積もりをとるこ とです。「みんなの遺品整理」では、遺品整理士認定協会による認定を受けたけた優良業者の中から相見積もりをとることができます。

みんなの遺品整理が選ばれている3つの理由

1、業者比較で最安値が見つかる!

・業界最安値級 (1K:15,000円~)

・複数社への一括見積もりで、本当に安い業者がわかる

・見積もり無料・追加料金一切なし

・高価買取とリサイクルでさらにお値引き

・全国600社以上の空き状況、希望エリアから業者をご紹介

 

2、安心して利用できる仕組みを実現

・個人情報がいきなり業者に公開されない

・専門アドバイザーに無料相談可

・上場企業基準の厳しい加盟審査

・遺品整理士の資格をもつ優良業者のみ紹介

・作業後の口コミアンケートで評判の良い業者を厳選

 

3、ご利用満足度98.1%!カンタンで手間まで削減

・1度の問い合わせで3社に一括見積もり

・業者に何度も説明する手間を省きます

・キャンセルや日程調整も代理対応

・忙しい方、遠方の方は立ち合いなしの作業可

・即日対応、供養、清掃、消臭まで豊富なワンストップサービス

遺品整理業者の審査基準について

また当サイトみんなの遺品整理は、遺品整理士認定協会と提携しており、遺品整理士が在籍する業者のみをご紹介しています。またご紹介する業者はすべて厳しい加盟審査をおこなっております。

全国10,000社以上いるといわれている業者の中から、

・法律を守って運営しているか

・過去にクレームや追加料金がないか

・電話対応や接客の質が良いか

などの項目で審査し、厳選して掲載しています。600社以上の業者から料金、口コミ、スタッフ、サービス内容、作業事例、実際の支払い費用で比較できます。

遺品整理業者の料金や口コミを見てみる

まずは無料相談

はじめての業者利用でどうすればいいかわからないという方のご相談も受け付けております。

・料金や見積もりの流れ

・どの業者が良いのかわからない

・ホームページでみつけた業者は大丈夫?

など気軽にご相談くださいませ。業界歴9年以上の業界知識の豊富なスタッフが回答いたします。

まずは無料相談・お急ぎの方はこちら

片付けをして新たな人生のスタートを

片付けを通して自身のこれまでを見つめなおす時間は、今後の人生を前向きに生きるうえで豊かな糧となるはずです。新たな人生のスタートのきっかけとして、あなたも片付けをしてみてはいかがでしょうか?

【監修者:一般社団法人遺品整理士認定協会】

遺品整理業界の健全化を目的に2011年設立。

遺品整理士養成講座を運営し、認定試験・セミナー・現場研修などを実施している。

法令順守をしている30,000名を超える会員、1,000社を超える法人会員が加盟。法規制を守り、遺品整理業務を真摯に行っている企業の優良認定、消費者保護のための遺品整理サービスガイドラインの制定もおこなっている。

 

【執筆者:みんなの遺品整理事務局】

東証一部上場企業の株式会社LIFULLのグループ会社である株式会社LIFULL senior(ライフルシニア)が運営しています。2017年より業界最大級の遺品整理・実家の片付け業者の比較サイト「みんなの遺品整理」を運営し、全国で累計件数30,000人以上の皆様からご相談・ご依頼をいただいております。

はじめての遺品整理でも、専門知識が豊富な相談員が中立な立場で、無料アドバイスをさせていただきます。大切な人の生きた証を残しつつ、気持ちよく次の世代へ資産や遺品を引き継ぐために、私たちは、お客様一人一人に最適なお手伝いができる情報提供・業者のご提案をいたします。