遺品整理をしていて物置から古いバッテリーが出てくることはよくあります。バッテリーの処分は大変なためきっと放置した結果なのですが、そのまま放っておいてはいけません。この記事では古いバッテリーの処分方法を紹介します。

車のバッテリー処分ってどうすればよい?

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国394社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

バッテリーとはどんなもの?

バッテリーとは農機具や車など電気を使う機械に必ず搭載されているものです。一般的に箱の形状のものを思い浮かべると思いますが、用途・構造は電池(蓄電池)と一緒です。基本的にバッテリーは極板と電解液でできています。

極板とは正極と負極の役割をする2枚の金属板と、その間のセパレータが一体になったものです。電解液は濃度35%程度の希硫酸(薄めた硫酸)です。

古くなったバッテリーは自治体で回収できる?

多くの自治体では古くなったバッテリーの回収はしていません。自治体のホームページを見ると「販売店や処理業者に依頼して処分して下さい」と書かれていることが多いです。

しかし自治体ならどうにかしてくれるという思いからかゴミ捨て場に不法投棄する人が多いです。こうすると回収されず残されるため、それを見た人が自治体が回収してくれると勘違いしてしまうことが多いです。バッテリーをゴミ捨て場に捨てることは不法投棄となるので注意しましょう。

またバッテリーの不法投棄は電解液が漏れたり漏電したりで事故が起きることがあります。電解液は薄められていますが希硫酸です。手で触れたりすると皮膚がただれ(火傷)、衣類につくと衣類が溶けてしまいます

バッテリーを廃棄するにはどこにいけばよい?

バッテリーはリサイクル可能です。そのため販売店やガソリンスタンドでバッテリーを回収していることがあります回収サービスを行っているかどうか事前にお近くの販売店やガソリンスタンドで確認してみましょう。

回収業者に依頼できる場合も

近隣の販売店やガソリンスタンドで回収していない場合は回収業者に依頼しましょう。回収業者の思内回収方法は出張回収なので簡単に廃棄することができます。

しかし回収業者の場合は注意が必要です。バッテリーの回収は一般的に有料ですが、無料で回収するとうたって、トラックに乗せた瞬間に高額な請求をする悪徳業者も存在します。またもし無料で回収してもらえたとしてもそのバッテリーに使い道や金銭価値がない場合、業者が不法投棄をする場合も。そうすると回収をお願いした依頼者が罰せられるケースもあるため注意が必要です。引っかかると後日トラブルに発展するので無料につられず十分に注意しましょう。

バッテリーの回収費用の相場

きちんとした業者に引き取ってもらった場合でも、バッテリーの回収費用は500~1000円が相場です(出張費別の業者がいるため、引取にきてもらう前に事前に確認してください。)

バッテリーは鉛でできているため、資源としてリサイクルができます。そのため、そこまで高い金額にはならないようです。ただし電解液が漏れてしまっているような状態だと、費用がさらにかかるケースもあるかもしれません。

バッテリーを処分する際の注意点

古いバッテリーを処分するときの注意はまず電解液の漏えい(液漏れ)です。不用意に素手で電解液に触れると危険です。バッテリー周辺をよく確認し、濡れていたり箱の周辺が変色している場合は注意して移動させましょう。

 

この場合は自分で移動させようとせず回収業者の出張回収にお任せした方が安全です。次に注意したいのがこの回収業者です。繰り返しになってしまいますが回収業者(特に無料回収業者)の場合は悪徳業者である可能性もあり、後日のトラブルとなることもあります。周辺を徘徊している回収業者に安易に依頼せず、きちんと業者について調べてから回収依頼をしましょう。

 

古くなったバッテリーは自治体で回収しておらず、販売店やガソリンスタンド、回収業者に廃棄依頼をします。手間や費用がかかるためゴミ捨て場に放置する人もいますが、これは不法投棄です。不法投棄は罪であり、バッテリーの場合は液漏れなどで重大な事故に発展することがあります。