生前整理は死後の事を考えてやっておいたほうが良いとは聞きますが、実際やろうとしてもどうすればいいのか困りますよね。財産関係や家財道具を整理するとなると大変な作業になることも。今回は生前整理がどのようなものなのか、また整理の仕方はどうするのかをご紹介いたします。

生前整理のやり方はどうすればいい?

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国297社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

生前整理とは

生前整理とは一言でいうと、生前に身の回りの物を整理することをいいます。死後、遺された家族が行う遺品整理の負担が軽くすることと、財産や貴重品などをきちんとまとめておくことで自分自身がどこになにがあるか把握できるというメリットもあります。作業は1人でやることもあれば、家族や業者に頼むとスムーズに整理することができます。

生前整理をやったほうがいい理由

生前整理をやるメリットは先にも述べたように、遺族の方の遺品整理が簡単にできるということです。遺品整理はデリケートな作業なので遺族間のトラブルや、業者に依頼しても高額な費用がかかってしまうなど、遺された家族の方々にとっては大変な作業になります。

また家族のためだけではなく、生前整理直後の自身の生活にも良い影響があります。長年しまい込んでいた物をひとつひとつ確認していくと様々な思い出が蘇ってきたり、いらないものを断捨離したりすることで部屋がスッキリするので、暮らしやすくなり明るい気持ちになることも。

死後のことを考えるだけでなく、今後の生活をより良くするためにも生前整理をすることをおすすめします。

生前整理のやり方と手順

財産リストを作成する

財産目録とも呼ばれるリストを作成することで、家族間のトラブルや相続にかかる税金が必要かどうかが分かりやすくなります。

記載する財産とはお金に換えることができるものを指します。例えば土地や預貯金、家財道具などがあります。重要書類とともに所在を明らかにしておくと、家族の探す手間が省かれます。また借金も相続の対象になるので忘れずに記載しておきましょう。

段ボール箱やゴミ袋を用意する

整理する中で残しておく物や捨てる物が大量に出る可能性があります。それらを収納しておく箱が無いと、後でいいやとそのまま放置してしまうことも。整理するつもりが余計に散らかってしまったなんてことにならないように、収納する段ボール箱や捨てる袋などは多めに用意しておきましょう。

生前整理のコツ

生前整理を始めようとすると張り切って全部終わらせようと思いがち。長年使った物や思い出の物を整理しようとなるともちろんすぐには終わらないでしょう。

生前整理をするコツは「小さなものから少しずつ」。今日は財産をまとめよう、明日は写真を整理と文房具類を片付けようなどと、負担にならない範囲から始めてみましょう。

大きな家具やまとめて家財を処分したい場合、自分では判断が付かない物は家族の手を借りたり、業者に頼んだりすると作業の負担が軽減されます。また不用品の処分だけでなく、仕分けや貴重品の捜索までしてくれるプロの業者もいます。自分でやってみて大変であれば相談してみるのもよいかもしれません。

生前整理業者の料金やサービスを見てみる

生前整理はいつまでにという期限がないので余裕をもってできます。始めは少しずつやりながら、家族や業者の手を借りながら進めてみてはいかがでしょうか。