スプレー缶をゴミに出したいとき、どうすればいいか悩みますよね。使いきっていればゴミ回収の日に出して問題ないですが、中身がまだ入っているときは困ってしまいます。使いかけのものや、買ってから結局使わずに未開封のものをどのように処分すればいいかを紹介いたします。

スプレー缶の捨て方とガス抜きの方法について

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国263社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

お急ぎの方はお電話にてご相談ください!

通話無料0120-905-734

※お客様相談窓口につながります。受付時間 9:00~18:00(土日祝日除く)

ガス抜きをして使いきりましょう

ゴミとして出すためには入っている中身を使い切る必要があります。市販されているスプレー缶の裏には捨てる時の処分方法が書いてあることがありますのでまずは確認しましょう。

中身を抜く手順

まずは以下のものを準備します。

  • 大きめのビニール袋
  • 新聞紙、トイレットペーパー(多め)、使わなくなった布切れなど
  • マスク
  • 軍手
  • メガネやサングラス(あれば)

次にビニール袋の中に新聞紙を入れてください。これに噴射してスプレー缶の中身を染み込ませていきます。

また殺虫剤やラッカーなどの塗料は人体に有害な物質を含んでいるため、必ずマスクをしましょう。また噴霧時に手に付着することや、空気中の見えない成分が目に入ってしまうことがあります。軍手やメガネをつけて自分の体を保護しましょう。

この方法であれば整髪料(ヘアスプレー・ムース)などでも簡単に中身を抜くことができます。

消臭スプレー・制汗剤(デオドラントスプレー)は人体に影響がないため、屋外で噴出してしまって問題ありません。ただし量が多く、人体への影響や臭いなどが気になってしまう方は上記のやり方で処分してください。

古いものや壊れて中身が出せないものは?

販売元やメーカーに問い合わせしましょう。無理に穴をあけたりすると破裂する可能性があります。

穴あけしてもよいの?

結論、おすすめしません。以前までは穴あけを義務づけていた自治体も穴をあけずに捨てるようにと方針が変わってきています 。理由としては、穴あけ事故の多発です。例えばガスコンロやストーブの近くでスプレー缶の穴開け作業を行った際に、中身が引火することがあります。またあけた瞬間に中身が飛びちって顔や目に入ったりする恐れがあります。専門の穴あけ器も安く手に入りますが、面倒でも穴をあけずに中身を出しきってからゴミに出しましょう。

正しい分別で出しましょう

スプレー缶は燃えないゴミの日に回収されることが多いです。他のゴミと分別してだしましょう。また透明は半透明の袋にいれて中に何が入っているのか見えるようにすることも忘れずに。(自治体によりルールが異なる場合がありますので、必ずチェックをしましょう)

中身が入ったまま捨てるとどうなるの?

使い切っていないままゴミに出してしまうと清掃業者が収集する際にガス爆発を起こしてしまいことがあります。最悪、車両火災につながる場合もありますので、必ず捨てる前に上記処理をしましょう。