女の子の健やかな成長を願う雛人形。処分したいと思っても、お守りの意味もある分、どう処分すればいいか、困る人もいるのではないでしょうか。

今回は、雛人形の処分方法や、どのくらい費用がかかるかについてご紹介します。

雛人形を処分したい!どうすればいいの?

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国442社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

お急ぎの方はお電話にてご相談ください!

通話無料0120-905-734

※お客様相談窓口につながります。受付時間 8:00~19:00 (土日祝も対応)

雛人形は一般ゴミ?粗大ゴミ?

雛人形は家庭ゴミとして処分することができます。一般ゴミと粗大ゴミの区別は、雛人形の大きさや各自治体で異なります。
一般ゴミの場合は、決められた収集曜日に回収場所へ持ち込めば回収してもらえますが、粗大ごみの場合は、事前に申し込みが必要になることが多いです。
収集に際し料金が発生することもあるので、各自治体のゴミ収集に関する情報をチェックしましょう。

雛人形の処分方法

神社やお寺で供養してもらう

日本では昔から「人形(顔のあるもの)には魂が宿る」という意識を持つ人が多く、処分するときは、神社やお寺で供養してもらう人が多いです。人形供養は、近くの神社やお寺で行っている場合もありますが、見つからなければ郵送で受け付けてくれる社寺へ送るといいでしょう。指定の日時に持ち込むか、届ければ供養してもらえるので、インターネットで検索してみるのがおすすめです。探す手間を省きたい場合は、代行サービス業者に供養を依頼する方法もあります。

寄付をする

ただ処分するのではなく、新たに誰かの役に立ってほしいという思いがある人は、寄付をするのもひとつです。老人ホームや保育所、幼稚園などの施設や、イベント、発展途上国の子どものために、雛人形の寄付を受け付けている場合があります。募集情報はインターネットや広告などで見つかることが多いので情報を確認し、引き取ってもらいましょう。

リサイクル・オークションに出す

処分に時間はかかるかもしれませんが、リサイクルやオークションに出す方法もあります。代々受け継がれた古い雛人形の場合は、高値で引き取ってもらえるかもしれません。オークションの場合は、直接次の持ち主とやり取りができることが、気持ちの切り替えにつながることもありそうです。

雛人形の処分費用

雛人形の処分にかかる費用は、処分方法によって異なります。ゴミに出す場合は、粗大ゴミだと一つ数百円の手数料が必要になることが多いです。
人形供養に出す場合は、持ち込みや代行サービスともに3,000~5,000円というのが一般的ですが、寺社や業者によって異なります。
寄付やリサイクルなどは、引取自体は無料ですが、郵送料がかかる可能性があります。

雛人形は捨てる前に供養しよう

雛人形は、どんな形で処分するにせよ、捨てる前に自分たちでも供養をしましょう。
供養の仕方は、雛人形を半紙で包んで塩をかけてお清めをする方法が一般的ですが、供養は感謝の気持ちを込めれば十分です。雛人形の汚れをとったり。「ありがとう」と言葉をかけるだけでもかまいません。飾り付けして写真におさめるなどしてもOKです。

終わりに

雛人形の処分方法やかかる費用はさまざまです。ベストな方法を探すとともに、子どもの成長を見守ってくれた労をねぎらってから、処分するようにしましょう。