注射針は医療廃棄物にあたるため地方自治体にゴミとして捨てることができません。糖尿病の方でインスリン注射をされている方などは、いざ古くなった針を捨てるときにどうすればいいか困りますよね。この記事では廃棄方法についてご紹介いたします。

注射針の処分方法について

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国263社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

お急ぎの方はお電話にてご相談ください!

通話無料0120-905-734

※お客様相談窓口につながります。受付時間 9:00~18:00(土日祝日除く)

注射針は病院や医療機関で回収してもらう

専用のケースにいれて処方された医療機関に回収してもらいましょう。回収されると専門の廃棄物業者が処分をしてくれます。また病院で処方される際に処分の仕方も説明をしてくれるので、不安な場合は確認をしておきましょう。

薬局で回収してもらう

エリアによっては各地域の薬局で回収してくれています。薬局で購入、処方してもらう場合は薬剤師に処分方法について確認しましょう。専用のケースに入れて処分を依頼できますし、ケース自体もネット通販で販売しています。

ちなみに東京都では使用済み注射針回収薬局と書いてあるポスターが貼ってある店舗で回収してくれます。

正しく処分しないと大変なことに

注射針は一般廃棄物として家庭ごみとだしてはいけません。針が入ったゴミ袋をうっかりつかんで感染するリスクがあり、過去に清掃員がケガをしてしまう事件も発生しています。面倒かもしれませんが、しっかり正しい方法で処分を行いましょう。