ストーブやファンヒーターなどの処分は、頻繁に行うことではなく、どうすればいいのか悩むことも。処分方法を間違うと危険な場合もあり、気をつけたいものです。この記事では、暖房器具の処分と費用について説明しています。

ストーブやファンヒーターの処分費用

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国471社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

暖房器具の処分方法

ストーブやファンヒーターなどの暖房器具の処分方法は4つあります。

1.自治体に粗大ゴミとして出す

ストーブやファンヒーターなどの暖房器具は、多くの自治体で粗大ゴミとして扱われます。まずは電話やインターネットなどで粗大ゴミ収集の受付を申し込みます。その後、粗大ゴミ処分シールを購入し、指定された収集日に出すという流れが一般的です。しかし、自治体によっては流れが違う場合もあるので、必ず確認しましょう。

また、自治体によっては、各自治体が運営するゴミ処理場などへ直接自分で運搬し、処分することも可能です。

2.家電量販店の引き取りサービスを利用する

暖房器具の購入にともなって処分したい場合には、購入した家電量販店で引き取ってもらえることもあります。購入時に相談してみるとよいでしょう。

3.リサイクルショップなどに売る

製造から5年以内で、動作が確認できる暖房器具であれば、リサイクルショップなどに売ることも可能です。状態がよければ、高価で買取してもらえることもあります。

4.不用品回収会社に依頼する

すぐにでも処分したいという場合には、不用品回収会社に依頼するとよいでしょう。電話一本で家まで引き取りに来てくれるので、重くて運べない高齢者にもおすすめです。

粗大ゴミとして捨てる場合の注意点

ストーブやファンヒーターを粗大ゴミとして捨てる場合には、必ず灯油を使い切るかすべて出しておきます。また乾電池を取り出すことも忘れずに。

不要になった灯油は、ガソリンスタンドか灯油販売店に持ち込み、処分を依頼しましょう。

ストーブやファンヒーターの処分費用は?

1.自治体での処分費用

各自治体によって処分費用は変わってきますが、ファンヒーターは200円〜700円、ストーブは200円〜400円程度の場合が多いようです。直接ゴミ処理場などへ持ち込む場合は、無料〜300円程度です。

2.家電量販店の引き取りサービス

新品を購入したときに、多くの場合、1,000円程度で引き取ってもらえます。各家電量販店によって対応が変わってくるので、問い合わせてみることをおすすめします。

3.リサイクルショップ

買取価格は、暖房器具の状態によって大きく変わってきます。少しでも高価で買取してもらうためには、できるだけきれいな状態に掃除しておき、説明書や外箱などがあるとよいでしょう。また、寒くなる少し前の時期に売る方が、より高価買取が期待できます。

4.不用品回収業者

不用品回収業者への依頼では、多くの場合、1,000円〜2,000円程度での引き取ってもらえます。しかし、悪質な不用品回収会社も存在し、最初に提示した見積もりに追加して不当な代金を請求する業者もいます。利用する場合は、信頼できる業者かどうかしっかりと見極めてから依頼しましょう。

ストーブやファンヒーターなどの暖房器具を処分するには、以上のような方法があり、費用もさまざまです。暖房器具の状態や、自分の都合に合った方法で処分を行いましょう。