どんなに愛着のある家具や家電でも、時間が経つと使えなくなってしまったり、引越しや家族が増えたときなどに買い換えなくならなければなったり、処分が必要なときは訪れます。そんなとき、家具家電をどのように処分したら良いのか、どの方法が一番簡単で安いのか、疑問に思う方も多いでしょう。

今回は、ご家庭の大きな荷物の処分方法や料金相場について解説します。

家の荷物の処分方法 どれがお得?

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国620社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

家具家電処分方法7選

粗大ごみに出す

不用になった家具や家電が壊れてしまっていて、買い取ってもらうことが難しい状態の場合には、地方自治体のルールに従って粗大ごみとして出すと良いでしょう。ルールは自治体によってさまざまなので、粗大ごみに出す前に確認をしましょう。引越しの場合、引越し先でごみを出したほうが安く済むケースもありますので、どうしても安く済ませたい場合には事前に確認してみると良いでしょう。

リサイクルショップに買い取ってもらう

まだ商品が使えそうな場合には、リサイクルショップに持ち込んでみましょう。不用品ですが、お金に変えられるかもしれません。リサイクルショップに持ち込む場合には、その商品を次に購入する人のためにも不用品をなるべく綺麗な常態にして持っていきましょう。

その際に気をつけたいのが、リサイクルショップに持っていっても買い取ってもらえない場合があるということです。そのため、買い取り依頼をする際に、リサイクルショップになにを買い取ってもらいたいのかを伝え、万が一買い取ってもらえなかった際にそのまま引き取ってもらうことは可能なのか確認しておくと、処分の手間も省け二度手間にならないでしょう。

オークションサイトで出品する

不用品をお金にする二つ目の方法としてメルカリやヤフーオークションなどのオークションサイトで出品するという方法があります。簡単に出品できるだけでなく、自分で価格を設定できるのもオークションサイトのメリットです。

しかし、同時に労力と時間がかかるのも事実です。自分で出品するため、文章を考えたり写真をとったり商品の状態についても細かく記載したり、商品が売れた場合には自分で包装しなければなりません。また、商品が必ず売れるとも限らないため万が一売れなかった際にどう処分するかも考えておきましょう。

出張買取業者に依頼する

こちらもリサイクルショップやオークションサイト同様に、不用品をお金に換えられる処分方法です。出張買取業者は、家まで直接買い取りにきてくれるため、自分で運ぶ手間が省けます。

一方で、業者の中で査定方法やポイントも様々なので、いくらで買い取ってもらえるのかがあまり明確ではない点がデメリットだといえます。

知人や友人に譲る

不用品を使ってくれる友人や知人がいれば、家具家電を譲ることもおすすめです。特に愛着のわいた家具や家電であれば、ごみに出したり知らぬ人に買い取ってもらったりするよりも知人や友人が使用してくれたら嬉しいですね。

しかし、大きな家具や家電であれば、持ち運ぶのはとても大変です。そんなときは、宅配業者に相談してみましょう。すべての宅配業者が行ってくれるわけではないですが、ヤマト運輸などの宅配業者では商品の梱包から運び出しなどの作業を一括で行ってくれるサービスもあります。重くて大きな荷物は無理して運ぶのは危険なため、友人や知人に譲る場合は無理をせず業者に運び出しをお願いしましょう。

引越し会社に依頼する

お引越しをする際に出た不用な家具や家電であれば、依頼する引越し業者に引き取ってもらうことが可能です。ただし大体の引越し会社では追加料金がかかるオプションサービスの場合が多いので注意しましょう。

大きな家具や家電が引越しと同時に不用品となってしまう場合には、引越し業者に依頼すると良いでしょう。お引越し前のぎりぎりまで家具や家電を使用でき、お引越しと同時に引き取ってくれるので、邪魔にならず楽に処分することができます。

不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者に依頼をすれば、自分でほぼ手間をかけずに重たい荷物でも安心して業者に依頼することができます。

また、回収業者の場合、自分で回収してほしい日時の指定ができるので、平日が忙しい方でも自分の都合の良い日に不用品を処分することができます。

一方、不用品回収業者の中には悪徳業者も多いため、自分で業者を見極める必要があります。

悪徳不用品回収業者の注意点・見極め方についてはコチラ

処分が不要な場合もある

実は、一部の家電量販店やいくつかの家具店では、買い替えのときのみ古い家具を引き取ってくれるサービスを行っています。また、家具店や家電量販店によっては下取りはもちろん、対象商品に限り買い取りを行ってくれるサービスがある場合もあります。事前に下取りができるか家電量販店のホームページなどで確認してみましょう。

お店は限られていて、また対象商品も限られている場合が多いですが、新しい家具や家電を購入すると同時に古いものを引き取ってくれるため、場所をとらず、さらに手間をかけずに不用品を処分できます無印良品などのお店では、対象商品に限り、同じ商品でかつ同じ数の引き取りなどと詳しくルールが決まっているため、あらかじめウェブや店舗で確認しましょう。

荷物処分の料金相場目安

ここでは、自治体で処分する方法と回収業者に依頼して処分を行う方法の料金相場の目安について紹介します。

品目 自治体での処分 回収業者での処分
ベッド \1,000~\2,000 \3,500~\5,500
ソファ \1,800 \3,000~\7,500
冷蔵庫 回収不可 \4,200~\11,000
洗濯機 回収不可 \3,700~\5,800
エアコン 回収不可 \3,000~\6,500
テレビ 回収不可 \3,000~\7,500
たんす \300~\2,500 \3,000~
食器棚 \100~\1,000 \3,500~

自治体で回収を行うと、回収業者に依頼するよりも比較的に安いお値段で不用品を処分することができます。一方で、自治体での不用品回収は日にちが指定できず、重い荷物を自分で運ばなければならないため、手間がかかります。

自治体によって値段が異なったり、回収できる不用品が異なったりルールも様々なため、自治体にお願いするときは事前にホームページなどで確認しましょう。

値段だけでなく、手間なども考慮したうえで自分に合った処分方法を選ぶと良いでしょう。

まとめて処分するなら遺品整理業者に依頼も

不用品回収に遺品整理業者?と疑問に思った方も多いかもしれませんが、遺品整理業者も不用品回収を行っています。

また、不用品回収だけでなく家の整理も気持ちに寄り添った上で全て行ってくれるので、実家の整理から不用品回収まで全てまとめて依頼したい方にはおすすめです。

不用品回収業者と遺品整理業者の違い

【徹底解説】遺品整理の料金相場と安くする方法

遺品整理業者のメリット・デメリット

安くて評判の良い荷物処分業者への依頼方法

一つひとつの業者に見積もりを依頼するのは意外と手間と時間のかかる作業です。「気軽に相見積もりしたい」という方は、「みんなの遺品整理」を使ってみてはいかがでしょうか?一度のお問い合わせで3社に見積もりを依頼できます。

また掲載・ご紹介している業者は全て遺品整理士認定協会からの認定を受けた優良業者なので、安心した業者選びをサポートすることができます。

注意点として遺品整理業者は単品の不用品回収だけだと割高になる可能性があります。理由はお部屋の広さやトラックの積み込み量によって料金設定をしている場合が多いためです。そのため家のものをまとめて回収してほしいときに利用するのがオススメです。

荷物処分を業者に依頼する際に何よりも重要なのは、「しっかりとした安心できる業者に依頼すること」です。スタッフが家に訪問してきてサービスを受けるのですから、いい加減な業者、ましては悪徳業者には依頼したくないものです。

また料金を安くしたい・出費を抑えたいというご要望もあるでしょう。私たちみんなの遺品整理は「安心×低価格×高品質」なサービスを多くのユーザー様に届けたいと考え、以下のサービスを提供しています。

みんなの遺品整理が選ばれている3つの理由

1、業者比較で最安値が見つかる!

・業界最安値級 (1K:15,000円~)

・複数社への一括見積もりで、本当に安い業者がわかる

・見積もり無料・追加料金一切なし

・高価買取とリサイクルでさらにお値引き

・全国600社以上の空き状況、希望エリアから業者をご紹介

 

2、安心して利用できる仕組みを実現

・個人情報がいきなり業者に公開されない

・専門アドバイザーに無料相談可

・上場企業基準の厳しい加盟審査

・遺品整理士の資格をもつ優良業者のみ紹介

・作業後の口コミアンケートで評判の良い業者を厳選

 

3、ご利用満足度98.1%!カンタンで手間まで削減

・1度の問い合わせで3社に一括見積もり

・業者に何度も説明する手間を省きます

・キャンセルや日程調整も代理対応

・忙しい方、遠方の方は立ち合いなしの作業可

・即日対応、供養、清掃、消臭まで豊富なワンストップサービス

遺品整理業者の審査基準について

また当サイトみんなの遺品整理は、遺品整理士認定協会と提携しており、遺品整理士が在籍する業者のみをご紹介しています。またご紹介する業者はすべて厳しい加盟審査をおこなっております。

全国10,000社以上いるといわれている業者の中から、

・法律を守って運営しているか

・過去にクレームや追加料金がないか

・電話対応や接客の質が良いか

などの項目で審査し、厳選して掲載しています。600社以上の業者から料金、口コミ、スタッフ、サービス内容、作業事例、実際の支払い費用で比較できます。

安くて評判の良い荷物処分業者の料金や口コミをみる

まずは無料相談

はじめての遺品整理でどうすればいいかわからないという方のご相談も受け付けております。

・遺品整理の料金や流れ

・どの業者が良いのかわからない

・ホームページでみつけた業者は大丈夫?

など気軽にご相談くださいませ。業界歴9年以上の業界知識の豊富なスタッフが回答いたします。

まずは無料相談・お急ぎの方はこちら

最後に

不用になった家具や家電を処分する、と一言で言ってもその方法は様々です。家族で食卓を囲んだダイニングテーブルや、長年愛用したソファなど、愛着のわいた家具や家電は処分するのが辛いこともありますが、料金やかかる時間などを考慮した上で自分に合った正しい方法で不用品を処分をしましょう。

【監修者:一般社団法人遺品整理士認定協会】

遺品整理業界の健全化を目的に2011年設立。

遺品整理士養成講座を運営し、認定試験・セミナー・現場研修などを実施している。

法令順守をしている30,000名を超える会員、1,000社を超える法人会員が加盟。法規制を守り、遺品整理業務を真摯に行っている企業の優良認定、消費者保護のための遺品整理サービスガイドラインの制定もおこなっている。

 

【執筆者:みんなの遺品整理事務局】

東証一部上場企業の株式会社LIFULLのグループ会社である株式会社LIFULL senior(ライフルシニア)が運営しています。2017年より業界最大級の遺品整理・実家の片付け業者の比較サイト「みんなの遺品整理」を運営し、全国で累計件数30,000人以上の皆様からご相談・ご依頼をいただいております。

はじめての遺品整理でも、専門知識が豊富な相談員が中立な立場で、無料アドバイスをさせていただきます。大切な人の生きた証を残しつつ、気持ちよく次の世代へ資産や遺品を引き継ぐために、私たちは、お客様一人一人に最適なお手伝いができる情報提供・業者のご提案を致します。