実家や自室がゴミ屋敷となってしまった場合、自力で片付けるためには何度かに分けて行う方が良いかもしれません。広さやゴミの量にもよりますが、1日ですべてを片付けるのは難しいためです。ここでは、ゴミ屋敷の片付けを自力でするコツを紹介していきます。

自力でゴミ屋敷を片付ける方法

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国394社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

お急ぎの方はお電話にてご相談ください!

通話無料0120-905-734

※お客様相談窓口につながります。受付時間 8:00~19:00 (土日祝も対応)

ゴミ屋敷を自力で掃除できる基準

一口に「ゴミ屋敷」と言っても、様々なパターンがあります。自分で掃除ができる基準は、前述したようにワンルームや1DKのような間取りであったり、特定の1部屋だけがゴミ屋敷となっているたりする状態です。いわゆる「足の踏み場もない」状態でゴミが散乱しているのでなければ、1人でも1日から2日ほどで片付けることが可能です。

もう少し広い間取りの場合、2Kから3DK程度であれば、日数をかけることで自分で掃除できる範囲と言えるでしょう。キッチンやお風呂などが通常の使用ができるようであれば、途中で心が折れない限りは片付けられるかもしれません。

4DK以上や一戸建ての場合には、自分一人での作業は厳しいため、家族や友人などから3人以上のお手伝いをしてくれる人を確保したいところです。もしゴミがあることで人を呼ぶのが恥ずかしかったり、手がつけられないほどゴミがあふれてしまったりしている場合は片付けの専門業者に相談してみるのも良いでしょう。

ゴミ屋敷片付け業者の料金や口コミを見てみる

片付けに必要な道具

ゴミ屋敷の片付けに必要な道具は次のようなものがあります。

1.軍手・マスク

片付けている最中はホコリが舞うので、マスクは必需品です。素手で片付けると、思わぬところで指などを傷つけてしまいがちなので、軍手も用意します。手のひらにゴム製のすべり止めが付いているタイプがオススメです。

2.作業服・雨合羽

作業服といっても、わざわざ購入する必要はなく、動きやすく汚れてもいい服装であれば問題ありません。

3.殺虫剤

ゴミが多い場合、ゴキブリやハエなどの害虫が潜んでいる確率が高いため、作業前に一度殺虫剤を噴霧しておきます。スプレータイプと部屋全体系のタイプの両方を用意しておくと完璧です。

4.ゴミ袋

市区町村の自治体指定のゴミ袋です。後で持ち運ぶことを踏まえると、40~50リットルあたりが使いやすいでしょう。

5.紐・ガムテープ

雑誌や新聞などの梱包には、紐があると便利です。布製のガムテープがあると、包丁に新聞紙や古いタオルを巻いた後などに留めることができます。

6.掃除道具

片付け後の清掃のために、雑巾や洗剤、ほうきやちりとり、バケツや掃除機といった掃除用具を準備します。

ゴミの処分方法も確認しておこう

ゴミの処分方法も事前に確認しておくと安心です。それほど多くない量であれば通常のゴミ回収の日に出すことができます。しかし曜日が合わなかったり、ゴミが大量だったりする場合は、

①自治体のゴミ処理センターへ自己搬入

②ゴミ処理業者に依頼

という方法もあります。下の記事では詳しくご紹介しているので参考にしてみてください。

大量のゴミの処分、どうしたらいいの?

片付けの手順とコツは?

まずは、部屋全体系の殺虫剤を噴霧します。その後は、出入口に近いところから少しずつ片付けていきます。1メートル四方を目安にすると良いでしょう。ゴミ袋に入れられるゴミを分別しながら入れていきます。スプレータイプの殺虫剤を手元に用意しておくと便利です。

仕分け作業では、「捨てるもの」と「残すもの」の他に「保留」の箱を作っておくと効率的です。ゴミをすべて運び出したら、清掃をして完了です。

自力でゴミ屋敷の片付けをするコツは、必要な道具をしっかりと準備して、「少しづつ」進めていくことです。日程を決めて計画的に行いましょう。

業者に頼むのも選択肢の一つ

ここまで読んでみて「自分で片付けるのは大変そう」、あるいは「いざ始めてみたら予想以上に大変だった」という方は、業者に頼んでみるのもよいでしょう。短時間できれいに清掃をしてくれます。

全国のゴミ屋敷清掃業者を探してみる