実家や自分の部屋がゴミ屋敷となってしまった場合、どうしたらよいのでしょう。自力で片付けるためには何度かに分けて行う方が良いかもしれません。広さやゴミの量にもよりますが、1日ですべてを片付けるのは難しいためです。ここでは、ゴミ屋敷の片付けを自力でするコツを紹介していきます。

自力でゴミ屋敷を片付ける方法

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国471社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

お急ぎの方はお電話にてご相談ください!

通話無料0120-905-734

※お客様相談窓口につながります。受付時間 8:00~19:00 (土日祝も対応)

ゴミ屋敷を自力で片付け・掃除できる基準

一口に「ゴミ屋敷」と言っても、様々なパターンがあります。まずは部屋の現状把握から始めてみましょう。

自分で掃除・片付けできるケース

  • 間取りがワンルームや1K
  • 特定の1部屋だけがゴミ屋敷となっている

いわゆる「足の踏み場もない」状態でゴミが散乱しているのでなければ、1人でも1日から2日ほどで片付けることが可能です。

日数を要するが自力で掃除できるケース

  • 間取りが2Kから3DK程度
  • キッチンやお風呂などの水回りが使用可能

自力での作業が難しいケース

  • 4DK以上や一戸建て
  • 水回りが使用不可能な状態
  • 室内だけでなく庭や屋外にもゴミが溢れている

この場合には家族や友人などから3人以上のお手伝いをしてくれる人を確保したいところです。また水道はゴミ屋敷の清掃において必須です。使えない場合は業者に依頼して工事してもらう必要があります。

もしゴミがあることで人を呼ぶのが恥ずかしかったり、手がつけられないほどゴミがあふれてしまったりしている場合は片付けの専門業者に相談してみるのも良いでしょう。設備の修理や処分するゴミ収集の手配などすべて行ってくれます。

ゴミ屋敷清掃業者の料金や口コミを見てみる

ゴミ屋敷の片付けに必要な道具

ゴミ屋敷の片付けに必要な道具は次のようなものがあります。

1.軍手・マスク

片付けている最中はホコリが舞うので、マスクは必需品です。素手で片付けると、思わぬところで指などを傷つけてしまいがちなので、軍手も用意します。手のひらにゴム製のすべり止めが付いているタイプがオススメです。

2.作業服・雨合羽

作業服といっても、わざわざ購入する必要はなく、動きやすく汚れてもいい服装であれば問題ありません。

3.殺虫剤

ゴミが多い場合、ゴキブリやハエなどの害虫が潜んでいる確率が高いため、作業前に一度殺虫剤を噴霧しておきます。スプレータイプと部屋全体系のタイプの両方を用意しておくと完璧です。

4.ゴミ袋

市区町村の自治体指定のゴミ袋です。後で持ち運ぶことを踏まえると、40~50リットルあたりが使いやすいでしょう。

5.紐・ガムテープ

雑誌や新聞などの梱包には、紐があると便利です。布製のガムテープがあると、包丁に新聞紙や古いタオルを巻いた後などに留めることができます。

6.掃除道具

片付け後の清掃のために、雑巾や洗剤、ほうきやちりとり、バケツや掃除機といった掃除用具を準備します。

ゴミの処分方法も事前に確認しておく

ゴミの処分方法も事前に確認しておくと安心です。それほど多くない量であれば通常のゴミ回収の日に出すことができます。しかし曜日が合わなかったり、ゴミが大量だったりする場合は、

①自治体のゴミ処理センターへ自己搬入

②ゴミ処理業者に依頼

という方法もあります。下の記事で詳しくご紹介しているので参考にしてみてください。

量のゴミの処分、どうしたらいいの?

ゴミ屋敷の片付けの手順とコツ

作業する上での大まかな手順と、その際に意識したいコツをまとめてみました。

手順① 殺虫剤の噴射

まずは、部屋全体に向けて殺虫剤を噴霧します。ゴミ屋敷ではゴキブリやハエといった害虫がどこに潜んでいるのか分からないので、あらかじめ殺虫剤を噴射しましょう。

手順② 狭い範囲から片付け始める

搬出口への動線を確保するためにも、出入口に近いところから少しずつ片付けていきます。ゴミ袋にゴミをどんどん入れて行きましょう。着手する範囲は1メートル四方を目安にすると良いです。

ポイントはいきなり広い範囲から片付けるのではなく、小さな範囲からじわじわと片付けの範囲を広げていくことです。

またどこから害虫が現れるか分からないので、掃除をする際にはスプレータイプの殺虫剤を手元に用意し、適宜噴射しながら作業をするようにしましょう。

手順③ 仕分けの箱は3種類用意

一通り目に見えるゴミの処理が終わったら、残っているものの仕分け作業に取り掛かります。

仕分け作業では、「捨てるもの」と「残すもの」の他に「保留」の箱を作っておくと効率的です。手際よく作業を進めるためにも、仕分けに迷うものは一旦「保留」の箱へ入れておきましょう。

ただし保留箱がいっぱいになってしまうことのないよう、自分で厳しく基準を作ることも大切です。「今使っていないものは処分する」という心持ちで臨むとよいでしょう。

作業する上でのコツ

実際に作業を進めていく上で意識しておくべきことをまとめました。

  • 「生活に最低限必要なもの」以外は「すべて処分」するという意識を持つ
  • 思い出の品をとっておくときは、予めその量を決めておく
  • あまり頻繁に移動せず、立っているその場所にあるものを仕分ける
  • 棚や引き出しは最初は開けず、とにかく床が見える状態にすることを意識

業者に頼むのも選択肢の一つ

ここまで読んでみて「自分で片付けるのは大変そう」、あるいは「いざ始めてみたら予想以上に大変だった」という方は、業者に頼んでみるのもよいでしょう。

短時間できれいに清掃をしてくれるので時間のない方にはおすすめです。下のリンクからご希望に合った業者を検索してみてくださいね。

〈協会認定〉お近くのゴミ屋敷清掃業者を探してみる

業者選びからご相談したい方はこちらからお問い合わせください

「みんなの遺品整理」の特長 ~安心・カンタン・お得~

当サイトでは、追加料金一切無し・作業経験が豊富な業者に一括で相見積もりを取ることができます。450社以上の業者が掲載されており、料金や口コミ、スタッフ、作業事例で比較することもできます。

安心

遺品整理士の資格を持つ業者の中から厳選して掲載

・問い合わせ時に個人情報がすぐに業者に公開されない

カンタン

様々なサービスや口コミで片付け業者を比較

お得

一度のお問い合わせで3社まで相見積もりを手配。実際の金額を比べて、依頼する業者を決定!

片付け業者の料金や口コミを調べる

一括見積もりをしたい方・お急ぎの方はコチラ

みんなの遺品整理」では、全国に10,000社以上いるといわれている遺品整理業者の中から、【回収した遺品を法律にそって処分しているか・過去のクレームはどのようなものか・追加料金の請求をしていないか・電話対応や接客態度が一定のレベルを超えているか】などを審査し、厳選して掲載しています。

まずは意識を変えてみよう

ゴミ屋敷になってしまった自分の部屋や家を見て「なんとかしたい」という意識は持っていながら、「どうしてもやる気が起きない」「友人や業者に相談するのが恥ずかしい」「せっかく取っておいたものを捨てるのがもったいない」などの理由でどうしても一歩が踏み出せずにいる人は多いのではないでしょうか。この記事を参考にして、「まずはこうしてみよう」というように、片付けを始めるきっかけにしてください。