片付けても片付けても一向にスッキリしない我が家にため息まじりの方も多いはず。実は、家が汚い人とキレイな人には、ある違いがあったのです。そこで、今日から始められるキレイな家を保つテクニックを紹介します。

家が汚い人の特徴とは?キレイな家を保つ習慣

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国331社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

家が汚くなるのはなぜか

テーブルの上が新聞や郵便物でいっぱい。キッチンカウンターの上は、薬やメガネや携帯がおかれ、雑然としている。頑張って片付けても、数日たてばもとに戻る。こんな経験ありませんか?

 

実は、片付けても部屋がスッキリしないのは、「使い終わったものをすぐに戻さない」ことが原因なのです。このため、気合を入れて片付けても、キレイな部屋がキープできない、気持ちだけが空回り・・・そんな状況になってしまうことも。

 

また、安売りだったからと必要以上にストック品の在庫を抱えていませんか?モノが多ければ、収納スペースはもちろんのこと、納めるための収納道具や、収納テクニックが必要になってきます。その過剰なストックによって、本当に収納すべきものを納められず、「とりあえず」どこかに置いておくことに。また、使ったものを戻すことも面倒になってしまうのです。

これでは、いくら気合を入れても表面上の片付けとなってしまい、負のスパイラルから抜け出せなくなってしまいます。

家が汚い人の特徴

家が汚い・乱れている人には、ある特徴があります。それは、「忙しい」・「時間がない」といった口癖と、物事を先延ばしにすることです。

つまり、日々の小さな片付けを後回しにすることで、部屋はぐちゃぐちゃ。その中からモノを探しだすということは、探す時間だけでなく、探すといった行動そのものが、あなた自身を忙しくさせている。そのことに気が付いていないのです。本当は、忙しくて時間がないから部屋が片付かないのではなく、部屋が片付いていないから忙しいのです。

また、何とかしたいと心の中で思っていても、この部屋のどこから手を付けてよいかわからない、山積になったモノをみてやる気がでないなど、何か理由をつけて後回しにする傾向があります。これが、家が汚い人の特徴なのです。

キレイな家を保つ習慣

では、キレイな家を保っている人は、何か特別なことをしているのでしょうか?実は、家がキレイな人は、一日のどこかで使ったものをもとに戻すため、「リセット」する習慣が身についています。

しかし、家のキレイな人も、はじめから全てを習慣化できている人はごくわずか。はじめは、寝る前に新聞を片付ける、コップをシンクに持っていくなどとても簡単なことからスタートしているのです。寝る前に今日使ったものをリセットすること、どうせ明日も使うからといって後回しにしないこと。それが、キレイをキープするためにはとても大切なのです。

そのためには、まず毎日続けられそうな小さなことからスタートしましょう。あれもこれも手をだしたくなりますが、だった1つだけでいいので、習慣を身に付けることです。

キレイな家は、必要以上のものを持たないこと、日々のリセットの積み重ねから生まれます。まずはハードルをグンと下げて、小さな片付けを習慣化することが、キレイなおうちへの一歩です。