実家の片づけや遺品整理をしていると猟銃を発見。そんなとき、どう処分すればいいのか困りますよね。銃刀法違反で逮捕されるのでは?と心配される方もいらっしゃると思います。モデルガンなどであれば特に法律に触れることはないため粗大ごみや一般ごみとして捨てることができますが、猟銃など本物の銃は適切な処分が必要になります。ここではその処分方法や手続きについて記載します。

猟銃の処分方法ってどうすればいいの?

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国263社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

免許と失効日について

遺品整理の現場では狩猟用のライフル銃や散弾銃などが多く見つかるようですが、これらを保持する場合は免許がいります。しかも、この免許は持ち主が亡くなると失効となり、他に免許保有者がいない場合は、故人の亡くなった日から50日以内に処分をしないといけません。この免許をご自身が取得すれば銃を保持することも可能ですが、講習・検定・実弾試験などで取得までに相当な費用と日数がかかってしまうようです。

廃棄するための2つの方法

1. 警察署に廃棄を依頼する

地域の生活安全課に廃棄を依頼しましょう。事情を伝えれば無料で引き取ってくれます。発見してすぐに警察に事情を伝えれば罰せられることはありません。電話で持ち込みをしたほうがよいのか、取りに来てもらえるのかを確認しましょう。

ただし残弾については引取ができないケースがあります。その際はお近くの鉄砲店にて有料で処分をしてもらいましょう。1発あたり200~300円程度で処分してもらえます。

2. 鉄砲店(ガンショップ)に引取を依頼する

もう一つの方法として鉄砲店に持ち込むことが考えられます。お近くの鉄砲店に手続きについて確認してみましょう。店舗によっては処理費用がかかりますので、注意してください。

 

銃の処分が終わって、実家の片付けも一気に済ませてしまいたいという方は、ぜひ遺品整理業者に依頼することを検討してみてください。当サイトみんなの遺品整理では、全国の優良遺品業者を即日対応・複数社の相見積もりまで手配可能です。遺品の整理や処分でお困りの方はぜひご相談ください。

遺品整理業者の料金とサービス内容を見てみる