ゴミ屋敷をどうにかしたいと思いながらも、なかなか手を付けられずにいる方は多いのではないでしょうか。ゴミ屋敷はレベルに応じ対処方法が異なり、自分で片付けができるかどうかが判断できます。

本記事では、ゴミ屋敷のレベルの説明とレベルごとの対処方法とともに、片付けを業者にお願いする場合の相場についても説明していきます。ゴミ屋敷の片付けを考えている方は、ぜひ参考にしてください。

ゴミ屋敷をレベル別に分類!一人で片付けられる限界や対処法・費用について

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国849社優良遺品整理業者から
複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

あなたの地域の業者はいくら?希望に合う業者を探す

みんなの遺品整理 お客様相談窓口

相談無料

  • 複数見積もり可(最大3社)
  • 買取対応などの相談も◎
  • 即日・最速対応業者をご案内

ゴミ屋敷のレベルと対処法

ゴミ屋敷は、ゴミの種類や量などにより5つのレベルに分類されます。

レベルを客観的に知ることで、ゴミ屋敷を自分で片付けられるのか、何から始めたら良いのかが判断しやすくなります。

・ゴミ屋敷レベル1…ゴミ袋に入るサイズのゴミが床全体に散乱している

・ゴミ屋敷レベル2…ゴミとゴミではない衣類や雑誌などが散乱し、足の踏み場がない

・ゴミ屋敷レベル3…粗大ゴミレベルの大きなゴミがあり、多い場所では膝上くらいまで積もっている

・ゴミ屋敷レベル4…食べ残しや賞味期限切れの食品などがあり、衛生状態が悪く、害虫・カビの発生がある

・ゴミ屋敷レベル5…ゴミが何層にも積み重なり部屋が埋もれ、屋外にまでものがあふれている

レベル1~2は自分で片付けができる範囲、レベル3以上は業者に依頼するのが賢明です。レベルに応じて対応方法が異なるため、まずは現状を認識しましょう。

続いて具体的なレベルの内容と対処方法を紹介します。

ゴミ屋敷レベル1

ゴミ屋敷レベル1は、まだ自分だけで片付けることができるレベルです。

【散らかっているものの量】

・床全体にゴミが散乱しているが、足の踏み場はある

【散らかっているものの内容】

・ゴミ袋に収まる程度の小さいサイズのゴミが散らかっている
・食品の食べ残しなどはほとんどなく、食べ終わったお弁当のゴミや飲み終えたペットボトルが散らかっている

散らかっているものはゴミが中心で、生活日用品や衣類などは混ざっていない状態です。

次のレベルに上がってからでは、自分だけでは対応できなくなってしまうこともあるので、今のうちに手を打っておくことが大切です。

可燃ゴミやペットボトルはどんどんゴミ袋に入れ、処分していきます。ゴミ出しの方法が分からないゴミは後回しにして、床が見えるところまで片付けを進めましょう。

床が見え始めたら、大切なものの有無を確認しながら片付けを進めてください。

ゴミ屋敷レベル2

レベル2は、ゴミの中に脱ぎ捨てた衣類や読みかけの雑誌なども混ざって散らかっている段階です。

【散らかっているものの量】

・足の踏み場がないほどゴミやものが散乱している
・場所によっては膝下までゴミが蓄積している

【散らかっているものの内容】

・食べ終えたお弁当のゴミやペットボトルなどのゴミ
・脱ぎ捨てた衣類や雑誌など、ゴミではないものや捨てるか迷うもの

ゴミと一緒にゴミではない衣類や雑誌が散乱していますが、何とか自分一人でも対応できるレベルです。

しかし状況によっては、業者にお願いすることを考慮しましょう。

埃などがたまり、火災発生のリスクが高まっているため、早めに片付けを始めてください。

処分するものはリサイクルステーションや自治体の回収に出しますが、雑誌類など重さがあり自力で処分するのが困難な場合は、古紙回収業者に相談してみるのもおすすめです。

このほか売れそうなものはリサイクルショップを活用するのも良いでしょう。

ゴミ屋敷レベル3

レベル3はゴミ以外のものが多いほか、粗大ゴミに出さなければいけないほど大きなサイズのゴミが蓄積されてきます。

【散らかっているものの量】

・侵入できない部屋があるほどゴミやものが散乱している
・場所によっては膝上程度までゴミが積もっている

【散らかっているものの内容】

・ゴミ
・ゴミ袋には収まらないほどの粗大ゴミ(壊れたテーブルや椅子などの家具、壊れた家電など)
・服やタオルなど、同じ種類のもの
・拾ってきたりもらったりしたもの
・購入したものの使用していないもの

レベル3になると若い方でも片付けが困難になるため、業者に依頼するなどして対応すると良いでしょう。

ゴミに加えさまざまなものが積み重なっており、崩壊する可能性があり危険です。

また転倒によるけがやハウスダストによる気管支系疾患など、健康被害のリスクも高まっている状態です。

新品のものや高価なものは、買取業者に依頼するのも一つの方法でしょう。

ゴミ屋敷レベル4

ゴミ屋敷レベル4は、食品の食べ残しや賞味期限切れの食品が散乱し、カビや匂いの発生とともに、害虫やネズミが発生している段階です。

【散らかっている物の量】

・散乱しているものが、頭の高さ程度まで蓄積されている
・場所によってはゴミが天井近くまで積み上げられている

【散らかっているものの内容】

・食べ残しの食品
・賞味期限切れの食品
・ペットの糞尿
・冷蔵庫内にも腐敗したものが詰まっている
・ペットボトルなどから垂れた液体
・害虫やネズミなどもいる

ゴミの片付けに加え念入りな清掃や消毒が必要になるため、業者に依頼し片付けするのが望ましい状況です。

ゴミやこぼれた液体により、壁や床などが汚染されて損傷していることもあります。

この状態を放置してしまうと悪臭も発生し、近隣トラブルの発生につながる可能性も出てきます。害虫やネズミの発生は健康被害にもつながるでしょう。

ゴミ屋敷レベル5

レベル5では、ゴミやものが何層にも積み重なっている状態で、家全体もしくは屋外にまでゴミが放置されています。

【散らかっているものの量】

・ゴミやものが何層にも積み重なっている
・家の中だけでなく、庭やベランダにまで散乱している

【散らかっているものの内容】

・ゴミやもので押し固められた塊
・食べ残しや汚れたビニール袋、衣類などさまざまなものが絡まりあっている

幾重にも積み重なったゴミがあらゆるところに蓄積されているレベル5は、家崩壊のリスクもあり、かなり危険な状態です。

近隣からの苦情が出ることもある状態であり、賃貸住宅の場合は強制退去となる可能性も考えられます。

家崩壊は住人本人だけでなく、隣人住民などに被害が及ぶこともあります。

押し固められたゴミをばらすだけでも労力がいる状態なので、早急に業者に依頼し片付けを開始してください。

専門家に依頼する場合いくらかかる?

ゴミ屋敷の片付けと通常のゴミの回収などとの大きな違いは、

・ゴミの量や種類が圧倒的に多いこと
・消臭や消毒など特殊な作業が必要なこと
・貴重品などの分別作業が必要であること

などです。片付けにかかる費用の相場は約30,000~700,000円とも言われていますが、健康被害や近隣住人とのトラブルが想定されることからも、専門家に依頼するのが賢明です。

これから説明する内容は目安になりますが、実際にどの程度の費用がかかるのか見ていきましょう。

費用はゴミの量や作業人数などで決まる

一般的な業者では、使用する車両の積載量により費用の目安を提示しています。

トラックの種類

金額の目安

ゴミの目安

軽トラック

30,000~40,000円

段ボール約25箱

2トントラック

50,000~80,000円

段ボール約100箱

4トントラック

200,000~300,000円

段ボール約200箱

費用の内訳は、ゴミの量や内容、作業人数、そして作業時間です。

お弁当のゴミなどの生活ゴミの場合、低い費用で処理してくれる業者が多くありますが、糞尿や中身の入った飲料・処理が困難なものが多い場合は費用が高くなることもあります。

人件費は1人1日約10,000~15,000円です。部屋の広さやゴミの量により異なり、1人で行える場合から4~5人程度で作業することもあります。

作業時間も1~2時間程度の場合から、10時間以上かかる場合とさまざまです。

このほか、ハウスクリーニングや買取サービスなどのオプションの有無により費用が変動します。

業者により請け負っているサービス内容も異なるため、料金と併せて確認しましょう。

ワンルーム

部屋の広さはあくまでも目安にすぎません。しかし、部屋の広さを知らせるだけでおおよその費用を出してくれるところも。だいたいの目安を紹介します。

ワンルームの場合、作業人数は1~2人、作業時間は1~3時間で費用の相場は30,000~100,000円程度です。

【ゴミが膝くらいまで散乱している状態】

作業人数

1人

作業時間

1~2時間程度

料金の目安

30,000~50,000円

【ゴミが天井近くまで埋まっている状態】

作業人数

2~3人

作業時間

2~3時間程度

費用の目安

50,000~100,000円

ゴミの量により必要になる作業人数や作業時間が異なるため、費用が大きく異なります。

ハウスクリーニングなどのオプションを追加すると、必然的に作業人数が増えるため、費用は高くなります。

ものが多い場合には、買取サービス行っている業者を選ぶのも良いでしょう。多くのリサイクル市場などと取引のある業者の場合、高価買取してもらえることもあります。

一軒家

ひとことに一軒家と言っても、間取りや広さはさまざまです。表に広さごとの作業人数や作業時間、費用の目安をまとめました。

広さ

作業人数

作業時間

費用の目安

1LDK

3人~

2~4時間

80,000円~

2LDK

4人~

2~6時間

140,000円~

3LDK

4人~

5~8時間

180,000円~

4LDK

5人~

8~10時間

220,000円~

広さに加え、ゴミの量により費用は異なります。

4LDKの場合、ゴミが膝程度までの量で約220,000円かかり、それに対し、床上の高さ100cmになると約550,000円、150cmだと約150万円以上かかる場合もあります。

ゴミ屋敷清掃業者の選び方

ゴミ屋敷の清掃業者を選ぶときには、複数の業者に見積もりを依頼することや、料金表が明確な業者を選んで見積もり以外に追加費用がかからないことなどを確認しましょう。

また、特に下記の内容に注意して選ぶことが大切です。

実績や技術力をチェック

ゴミ屋敷を掃除するときは、順序立て手際よく片付けをしないと、けがをしたり時間がかかったりする可能性があります。

また、実績が少ない業者では、ゴミの処分方法が不適切である、清掃が十分に行われないということもあるでしょう。

業者のホームページで作業事例をチェックして、実績がある業者を選択ぶことをおすすめします。

スタッフの対応はどうか

スタッフの対応の良し悪しは、個人の問題にもよるためなかなか判断が難しいですが、電話や現地見積もりを取ってもらう際に比較できます。

中には社員教育に力を入れ、一定水準のサービスを維持している業者もあります。

社員教育をきちんと行っている業者では、必要なものと不要なものをしっかりと分別してくれたり、近隣にゴミ屋敷だとばれにくいように作業してくれたりするため安心です。

優良事業所認定などを受けた事業所か

業者がゴミ屋敷の廃棄物の処理を行う際は、「一般廃棄物収集運搬業許可」や「古物営業許可」が必要になります。

ゴミ屋敷清掃業者の免許がなくても違反ではありませんが、悪徳業者の中には回収したものを不法投棄したり高額な処分費用を請求したりしてくる業者もあります。

そのため、許可証を掲げている業者を選ぶと良いでしょう。

メニューが充実しているか

ゴミ屋敷の片付け業者とひとことに言っても、サービスやメニューの内容はさまざまです。

業者によっては不用品回収や清掃だけでなく、消毒や除菌などのハウスクリーニングを行っているところもあります。

またトラックに不用品を積み込めるだけ積み放題のプランを用意していたり、家電や家具の中で使えるものを買取してくれたりするメニューがある業者も。

サービス内容やメニューを比較して、どの業者に依頼するかよく検討しましょう。

万一のために保険に加入している業者か

掃除を行う際には、大きな家具や家電を動かすこともあり、間違って壁にぶつけてしまう可能性も考えられます。

何かあったときに補償してもらえるよう、損害賠償保険に入っている業者を選ぶことも大切です。

みんなの遺品整理では、安心できるゴミ屋敷の片付け業者を紹介しています。ゴミ屋敷の片付けを考えているのなら、ぜひこちらからご検討ください。

 

※関連記事リンク:全国のゴミ屋敷片付け業者を探す

一度片付けた状態を維持する方法

せっかく綺麗にしたゴミ屋敷、できることならこの状態をキープしたいものです。片付けが苦手な場合には、以下のことを意識して生活してみましょう。

ゴミ捨ての日を把握する

まずはお住まいの地域のゴミの回収日程を把握していることが大切です。

ゴミを片付けられない理由は、日程の把握ができていない可能性も考えられます。わからない場合にはホームページで確認し、自治体に問い合わせてみましょう。

定期的に不要なものを処分する

ものをなかなか処分できないとものが溜まり、溜まりすぎたものはいずれゴミと同様の扱いになってしまいます。

長期間使っていないものは、思い切って処分するようにしましょう。ある期間使用しなかったら処分するなど、自分で期限を設けるのも良いでしょう。

片付けの習慣をつける

ものやゴミの定位置を決め、使ったら片付ける、ゴミは捨てるという習慣を作ることも大切です。

慣れるまでは少し大変かもしれませんが、こまめに片付けることがゴミ屋敷の再発防止につながります。短時間でも良いので、毎日片付けをする時間を作りましょう。

買い過ぎに気を付ける

ゴミ屋敷の原因の一つはものを買い過ぎてしまうことです。

ストックが溜まりすぎると、使いきれずに部屋のあちこちに散乱してしまいます。ストックを把握し、買い過ぎないように気を付けましょう。

定期的に人を招待する

掃除が苦手な人の場合、一人でいるとこまめに片づけをする理由がなくなってしまうことがあります。

しかし家に人を招待すると、綺麗にしておこうという気持ちが起こり、自然と片付いた状態をキープできるでしょう。

定期的にハウスクリーニングを入れる

一人で片付けをするのが大変なら、プロにお願いするのも一つの方法です。

定期的にハウスクリーニングを入れ、部屋が綺麗な状態をキープできると、徐々に自分でもその状態を維持するよう努力するようになるでしょう。

まとめ

ゴミ屋敷はレベルにより自分で片付けられるかどうか判断でき、一人で片付けられるのはレベル1~2程度です。

レベル3以上は一人で片付けをするのは困難で、業者に依頼することが望ましいでしょう。

ゴミ屋敷は放置してしまうと、健康被害や近隣トラブルに発展することもあります。まずはゴミ屋敷のレベルを把握するところから始め、早めに片付けに取り掛かりましょう。

 

【監修者:一般社団法人遺品整理士認定協会】

遺品整理業界の健全化を目的に2011年設立。

遺品整理士養成講座を運営し、認定試験・セミナー・現場研修などを実施している。

法令順守をしている30,000名を超える会員、1,000社を超える法人会員が加盟。法規制を守り、遺品整理業務を真摯に行っている企業の優良認定、消費者保護のための遺品整理サービスガイドラインの制定もおこなっている。

 

【執筆者:みんなの遺品整理事務局】

東証プライム市場上場の株式会社LIFULLのグループ会社である株式会社LIFULL senior(ライフルシニア)が運営しています。2017年より業界最大級の遺品整理・実家の片付け業者の比較サイト「みんなの遺品整理」を運営し、全国で累計件数30,000人以上の皆様からご相談・ご依頼をいただいております。

はじめての遺品整理でも、専門知識が豊富な相談員が中立な立場で、無料アドバイスをさせていただきます。大切な人の生きた証を残しつつ、気持ちよく次の世代へ資産や遺品を引き継ぐために、私たちは、お客様一人一人に最適なお手伝いができる情報提供・業者のご提案をいたします。

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国849社優良遺品整理業者から
複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

あなたの地域の業者はいくら?希望に合う業者を探す

みんなの遺品整理 お客様相談窓口

相談無料

  • 複数見積もり可(最大3社)
  • 買取対応などの相談も◎
  • 即日・最速対応業者をご案内