遺品整理で大切なのは貴重品の捜索です。後々大きなトラブルを引き起こさないためにも、相続や不動産を処分する際などに必要となる権利書や証書、通帳、印鑑、現金…などなど、貴重品を探し出すためのポイントについてまとめてみました。

遺品整理で貴重品を捜索するポイント

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国394社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

お急ぎの方はお電話にてご相談ください!

通話無料0120-905-734

※お客様相談窓口につながります。受付時間 8:00~19:00 (土日祝も対応)

遺品整理で見つからない貴重品一覧

まず遺品整理を始めるに際して、必ず見つけ出しておきたい主な貴重品をリストにしました。

■銀行等の預金通帳

■印鑑(銀行印・実印)

■遺言書

■土地の権利書など不動産関連の書類

■生命保険・損害保険の証書と関連書類

■年金の書類や年金手帳

■有価証券に関する書類、金融資産の書類

■結婚や結納指輪(通常のファッションリングも含む)

■宝石・宝飾品類、高級時計、金・銀・プラチナなどの貴金属

■契約書(賃貸契約、リース契約ほか)

■借金などに関する書類、覚書

■現金・商品券

■カード類(キャッシュカード・クレジットカード、健康保険証、マイナンバーカードなど)

■各種契約書(携帯電話、インターネット、公共料金など)

■骨董品・美術品

■切手・コインなど小型のコレクション品

■金庫と金庫の鍵

遺品整理や片付けを始める前に、まずはこれらをもれなく探し出して保管しておく必要があります。

亡くなった方の貴重品を探し出すコツ

貴重品を収納する最もポピュラーな場所といえば、リビングや書斎、寝室に置かれた引き出しや、仏壇の引き出しの中が挙げられます。故人の生活空間の中で身近にある整理ダンスの引き出し、寝室脇のサイドボードの引き出しなどは、一つずつ抜き出して中身を全部チェックするなど、ていねいに見ていくようにしましょう。

また、愛用のカバンの中にさりげなく貴重品が忍ばせてある場合も多々あります。バッグの中にあるファスナー付きの内ポケットなども確実に見る必要があるでしょう。そのほか防犯対策として食器棚の引き出しの中、洋服ダンスの奥、冷蔵庫の中、書棚の本の中、台所の煎餅缶の中などに隠されていた場合もありますので、困ったときは心に留めておいてください。

探しても見つからないときはプロに依頼する

遺品整理の専門業者は業務の一環として、「貴重品、重要書類の捜索」に力を入れています。そのため遺品と誠実に向き合う姿勢を持つ業者ほど、日々の業務を通じて、「故人が大切な品を隠しがちなのはどの辺りか」「間違ってゴミとして分別されがちな貴重品は何か」などの知識と経験を自ずと培っていくことになります。

独自の経験に基づき、故人がこっそり貯めていたへそくりや、内緒の借金に関する借用書など、遺族でさえ「知らなかった!」という品を探し出すケースもあります。また良心的な業者であれば、依頼された捜索対象以外でも、経験上貴重品と思われる品は必ず保管報告してくれます。

いわば、「遺品の中から貴重品を探し当てるプロフェッショナル」ともいえる存在なので、事前に探しても見つからないときは、遺品整理専門業者に任せてみるのも賢い方法といえるでしょう。

終わりに

膨大な遺品の中から貴重品を見つけ出すのは、容易なことではありません。最終的にプロの手を借りることで解決できるかも知れませんが、できることなら日頃から貴重品の保管場所について、家族で情報を共有しておくことをおすすめします。