タンスやベッド、食器棚などの大型のものから衣類や食器などの小物まで、家財道具の処分は何かと費用が掛かります。出来れば費用をかけずに処分したいですよね。そこで、この記事では家財処分の費用とお得にするコツを紹介いたします。

家財処分の費用をお得にするコツ

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国442社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

お急ぎの方はお電話にてご相談ください!

通話無料0120-905-734

※お客様相談窓口につながります。受付時間 8:00~19:00 (土日祝も対応)

家財を粗大ごみで処分する

家財道具を一般家庭の粗大ごみとして処分する場合、費用が掛かります。自治体に回収を依頼すると以下のような費用を支払わなくてはなりません。料金の一例としては

品目 自治体の回収料金
タンス 300~1,000円
テーブル 300~700円
300~1,000円
ベッド 700~2,000円
ソファ 1,000~2,000円
こたつ 300~1,000円
自転車 700円~

それぞれ大きさでも異なりますし、自治体ごとに料金が変わってきます。また有料ゴミ処理の際にはごみ処理券を購入する必要があり、それぞれ購入代金が掛かります。一度に出せる個数も10個までといったように決まっている場合もあるので、一度に全ての家財を処分できるわけではないので注意が必要です。

粗大ごみの中には、役所で引き取ってもらえないものがある

家電リサイクル法対象の粗大ごみ

エアコン、テレビ、冷蔵・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機、

パソコンリサイクル法対象のごみ

パソコン本体、ディスプレイ、ノートパソコン、ディスプレイ一体型パソコンなどです。

その他にも、長さや高さが180cmを超えるもの(物干し竿、サーフボード、ウッド カーペット等)も引き取ってくれないので注意しましょう。

家財をリサイクルショップに引き取ってもらう

では、粗大ごみとして出せない家財の処分はどうすれば行えるのでしょうか。いくつか方法はありますが、リサイクルショップに引き取ってもらうという手もあります。

リサイクルショップではいろいろな品目を買い取ってくれます。リサイクル法対象の4品目もOKなので、本来お金を支払わなくてはならないものが、逆に買取と言う形になりお金にすることもできます。ただし、ネックとなるのは持ち込まなくてはならない点です。それゆえ大きな家財は処分しにくいと言えるでしょう。

家財処分は片付け業者に依頼する

リサイクルショップでも引き取ってもらえない古いものや、大きなものを処分する場合、粗大ごみ回収業者を利用しましょう。こういった粗大ゴミの片付け専門業者なら、どんなものでも処分を申し込むことができます。

一般家庭の粗大ごみでは処理できなかった、冷蔵庫や洗濯器、タンスにベッド、サーフボードや金属製のラック、スノーボード、タイヤやホイールなどのカー用品や、業者によってはパソコンなどのOA機器まで回収対象としている業者もあります。

こういった業者なら、ゴミの収集場までもっていかなくても自宅から運び出してくれますし、ピアノなどのつりさげ搬出もやってくれます。何よりこちらの指定日時に回収に来てくれるので、都合の良い日を選んで依頼でき、非常に便利です。

片付け業者は相見積もりを取ることでさらにお得に

粗大ゴミの片付け専門業者は世の中にたくさんあります。みんなの遺品整理の業者を探すから料金や口コミを比較できますので、いくつか業者をピックアップしてみましょう。みんなの遺品整理では経験豊富な相談員が1度の問い合わせで相見積もりの手配まで行ってくれます。

みんなの遺品整理とは

最も安い業者を選んでも良いですし、相見積の金額を見ながら料金交渉するのもよいと思います。そうすることでよりお得に家財を処分できますね。

 

ここまで家財処分の費用とお得にするコツをご紹介しました。家財を処分する場合は、品目によってお金にできるものとそうでないもの、回収に費用がかかるもの、そのまま捨てられるものに仕分けして、効率よく処分していくと良いでしょう。