一人暮らしの人の多くが心配するのが孤独死です。寂しいとか不安とか気持ちの問題もありますが、残された家族の迷惑となってしまうと考える人も多いです。この記事では、孤独死になってしまった部屋の遺品整理と掃除方法について紹介します。

孤独死されたお部屋の遺品整理と清掃方法

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国474社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

孤独死とは

孤独死とは孤立死とも呼ばれ、主に一人暮らしの人が当人の家の中など、誰にもみとられない状態で亡くなることです。都市部では人的交流が疎遠になりがちであり、一時期都市部で発生した孤独死について報道等で注目されました。

不動産関係において孤独死があった物件は、「事故物件」と分類されます。そのため「不動産価値を著しく損ねた」として孤独死を遂げた遺族に対し不当な賠償請求をするケースが多数報告されています。

部屋の臭いや体液の状態を確認する

孤独死の多くは、発見までに時間がかかり遺体が腐敗しているケースが多いです。遺体が腐敗すると独特の腐敗臭からなる死臭を放ち、場合によってはその死に際して血液や体液が部屋に飛び散った状態になります。

腐敗した遺体を運び出してもその臭いは建物の建材や遺品に染みつき長く残ってしまいます。経験や心構えのない人がこのような臭いに直面すると吐き気や頭痛などの体調不良を起こすことがあるので注意しましょう。

また、残された血液や体液から伝染病に感染することもあるので、不用意に血液や体液に触れないように注意しましょう。

脱臭や除菌をする

遺体が発する死臭は、独特のものであり一般的な脱臭剤では臭いが消えません。しかし、今ではインターネット上で死臭の消臭にも対応している消臭剤が販売されています遺品整理や片付けをするときは、このような消臭剤の使用をおすすめします。

除菌剤についてもインターネットで強力な除菌剤が売られていますが、このような部屋の掃除を専門する業者には不十分だと評する商品も多いです。孤独死があった部屋の除菌は正直難しいので、室内作業のときはマスクとゴム手袋を必ず着用して予防するようにしましょう。

家財を回収・処分する

孤独死のあった場所の清掃方法としてまずやるべきことは、血液や体液のついた家財を処分することです。自分で処分する場合は、自治体の担当窓口に処理方法を相談するようにしましょう。臭いや衛生面の問題から自治体によっては回収を断ることもあります。その場合は、回収業者に相談・依頼しましょう。

 

無料回収をする回収業者もありますが、このような業者は無許可かつ不法処理をしている可能性があるので依頼しないようにしましょう。

自分で難しい場合は特殊清掃業者に依頼する

孤独死があった場所の片付け・清掃については、特殊清掃業者に依頼するのが一番良いです。特殊清掃業者とは亡くなった方の家を原状回復するスペシャリストのことです。専門的な脱臭機材を使い、徹底的に除菌・消臭をおこないます。また特殊な薬剤をつかって染み込んでしまった体液を掃除します。

特殊清掃業者が使う脱臭機はオゾン脱臭機といい、購入すると80万から100万円以上する高価な機材です。そのため業者を依頼する際にはこういったプロが扱う機材を使用している業者をおすすめします。通販サイトで買えるような数万円の脱臭機では臭いが完全に除去できず、数日たつと臭いが再発してしまいます。

片付けや掃除なので自分でと思うでしょうが、実際には臭いや衛生面から自分でやるのは難しいと言うのがほとんどです。特殊清掃業者に清掃だけでなく遺品整理を依頼する人も多いです。

特殊清掃業者は家財の回収処分もしてくれる

大体は別料金が発生しますが、遺品整理も依頼すると専門的な資格を持った人が簡易的に分類した後、1つ1つ遺族に確認しながら処理作業を丁寧に進めてくれます。現在では特殊清掃だけでなく、大量に発生したゴミの処理も請け負う清掃業者も増えています(別料金が発生)。

孤独死を放置すると手が付けられない状態に

孤独死とは悲しいことですが、衛生面の問題からできるだけ早く清掃し片付けをする必要があります。また孤独死を放置し続けると臭いや体液がフローリングやコンクリートに染み込んで特殊清掃では対応ができないくらいひどい状況になってしまうことも。こうなると大規模なリフォームにが必要になり、費用も跳ね上がってしまいます。臭いによる近隣への迷惑や、体調不良や感染症などにつながる心配もあるので、費用は発生しますが自分でどうにかしようとせず専門業者に依頼することも積極的に考えましょう。

安心できるプロの特殊清掃業者の料金や作業事例を見てみる