一家に一台、いや一人一台あるといっても過言ではない自転車。「この自転車どうしよう」というお悩みは、遺品整理や実家の片付けしていると必ず直面するのではないでしょうか。もちろん自分で使っていくことも可能ですが、スペース等の問題で引き取れない方もいらっしゃると思います。

いざ処分するとなると手間がかかる自転車。この記事では必要な手続きである防犯登録の抹消方法と、引取りや廃棄処分の費用、売却方法や買取について紹介します。放置自転車でお悩みの方でも手順を踏んでいけば簡単に理解できます。フロー形式でわかりやすく説明していきます。

自転車の処分方法と費用・手順を解説!

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国730社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

防犯登録の抹消

自転車の処分や売却の前に必ず行ってほしいのが、防犯登録の抹消です。

「自転車屋さんに引き取ってもらうから大丈夫」「友だちにあげるから大丈夫」という方もいると思いますが、その自転車が不法投棄や犯罪の道具にされた場合、防犯登録者である貴方が不利益を被るかもしれません。

少しの手間ですので、必ず行うようにしましょう。

防犯登録抹消に必要な書類・持ち物

防犯登録の抹消に必要な書類等は、以下の3つです

・自転車本体

・防犯登録の控えカード

・身分証明書

防犯登録抹消に当たっては特別な書類はほとんど必要ありませんが、書類を失くしてしまっていることはあると思います。

防犯登録の控えカードの紛失した場合は、自転車の保証書や車体番号のわかる領収書を持って行くようにしましょう。必要な書類がない場合には、事前にお住いの都道府県の防犯登録協会に確認するようにしてくださいね。

防犯登録抹消の手順とどこでできるか

防犯登録の抹消は近所で行えることが多いです。

・交番や警察署

・自転車販売店

これらの場所で、必要書類を持っていくことで簡単に手続きが受けられます。街の自転車屋さんでは防犯登録の抹消と引き取りを両方できることも多いので、確認してみてください。

防犯登録抹消の費用

費用は都道府県によってマチマチだというのが現状ですが、おおよそ無料から200円くらいまでになります。

また防犯登録の有効期限は、10年間という自治体が多いです。そのため、10年経過した自転車では防犯登録の抹消が必要ないこともあります。(神奈川県は7年などエリアによって有効期限に違いがあります。)

廃棄・処分の方法や費用

いよいよ自転車の処分です。この項では捨てる場合について解説していきます。

自治体に引き取ってもらう

ほぼすべての自治体で、自転車は粗大ごみとして出すことができます。

例として、東京都千代田区を見てみましょう。

1.粗大ごみ受付センターへ申し込む

2.有料粗大ごみ処理券を、コンビニ等で購入する

3.有料粗大ごみ処理券を貼って、自宅前やマンション指定の場所に出す

この3ステップで回収してもらえます。費用は費用は自治体によって異なり500~600円程度です。

お住まいのエリアによって多少の違いはありますが、大まかな流れは同じです。まずはごみ処理センターや自治体に連絡をしてみてください。

自転車屋さんに引き取ってもらう

街の自転車屋さんでは多くの場合、不要となった自転車の引き取りをしています。

例えば

・サイクルベースあさひ

・セオサイクル

・イオンバイク(新車購入時のみ)

では、無料または有料で引き取りを行っています。大手の自転車販売店以外でも引き取り可能なところは多いので、問い合わせてみましょう。

買い取り・無料で引き取りしてもらう

友人等に譲る

状態の良い自転車であれば、友人や使いたい人に譲ることもできます。その場合には譲渡証明書を用意し、警察に届け出なければいけません。また、新規で防犯登録をするように新しい所有者に徹底しましょう。

リサイクルショップ

同じく自転車の状態が良い場合には、リサイクルショップに買い取りもしくは引き取りをお願いすることもできます。業者によっては出張買い取りや引き取りを行ってくれます。

地域掲示板やネットオークション・フリマアプリ

自転車がスポーツバイクや電動アシスト付き自転車等、比較的高価な場合に使える方法です。

地元掲示板やフリマアプリ、ネットオークション(例:ジモティー・メルカリ・ヤフオクなど)では郵送や直接会って商品の売買をすることができます。サイトやアプリで自転車やと検索すると、他の出品者の費用相場が買取価格がわかりますのでリサーチしてみましょう。

安くて評判のよい片付け業者をさがす方法

自転車の他にも処理したい家具・家電がたくさんある場合は、片付け業者がおすすめです。

自転車だけでなく家具家電やゴミなどもまとめてトラックに運んで回収してくれます。それに、回収した家具の買取やリユースなども行ってくれる業者もあります。

業者に依頼する際に何よりも重要なのは、「しっかりとした安心できる業者に依頼すること」です。いい加減な業者、ましては悪徳業者には依頼したくないものです。

また料金を安くしたい・出費を抑えたいというご要望もあるでしょう。私たちみんなの遺品整理は「安心×低価格×高品質」なサービスを多くのユーザー様に届けたいと考え、以下のサービスを提供しています。

みんなの遺品整理が選ばれている3つの理由

1、業者比較で最安値が見つかる!

・業界最安値級 (1K:15,000円~)

・複数社への一括見積もりで、本当に安い業者がわかる

・見積もり無料・追加料金一切なし

・高価買取とリサイクルでさらにお値引き

・全国700社以上の空き状況、希望エリアから業者をご紹介

 

2、安心して利用できる仕組みを実現

・個人情報がいきなり業者に公開されない

・専門アドバイザーに無料相談可

・上場企業基準の厳しい加盟審査

・遺品整理士の資格をもつ優良業者のみ紹介

・作業後の口コミアンケートで評判の良い業者を厳選

 

3、ご利用満足度98.1%!カンタンで手間まで削減

・1度の問い合わせで3社に一括見積もり

・業者に何度も説明する手間を省きます

・キャンセルや日程調整も代理対応

・忙しい方、遠方の方は立ち合いなしの作業可

・即日対応、供養、清掃、消臭まで豊富なワンストップサービス

遺品整理業者の審査基準について

また当サイトみんなの遺品整理は、遺品整理士認定協会と提携しており、遺品整理士が在籍する業者のみをご紹介しています。またご紹介する業者はすべて厳しい加盟審査をおこなっております。

全国10,000社以上いるといわれている業者の中から、

・法律を守って運営しているか

・過去にクレームや追加料金がないか

・電話対応や接客の質が良いか

などの項目で審査し、厳選して掲載しています。600社以上の業者から料金、口コミ、スタッフ、サービス内容、作業事例、実際の支払い費用で比較できます。

遺品整理業者の料金や口コミを見てみる

まずは無料相談

はじめての遺品整理でどうすればいいかわからないという方のご相談も受け付けております。

・遺品整理の料金や流れ

・どの業者が良いのかわからない

・ホームページでみつけた業者は大丈夫?

など気軽にご相談くださいませ。業界歴9年以上の業界知識の豊富なスタッフが回答いたします。

まずは無料相談・お急ぎの方はこちら

終わりに

いかがでしたでしょうか。自転車を処分する際には、必ず防犯登録の抹消を忘れないようにしてください。処分や買い取りでは手間がかかりますが、一つ一つはさほど大きな手間ではありません。他の整理と合わせて、少しずつやっていきましょう。

【監修者:一般社団法人遺品整理士認定協会】

遺品整理業界の健全化を目的に2011年設立。

遺品整理士養成講座を運営し、認定試験・セミナー・現場研修などを実施している。

法令順守をしている30,000名を超える会員、1,000社を超える法人会員が加盟。法規制を守り、遺品整理業務を真摯に行っている企業の優良認定、消費者保護のための遺品整理サービスガイドラインの制定もおこなっている。

 

【執筆者:みんなの遺品整理事務局】

東証一部上場企業の株式会社LIFULLのグループ会社である株式会社LIFULL senior(ライフルシニア)が運営しています。2017年より業界最大級の遺品整理・実家の片付け業者の比較サイト「みんなの遺品整理」を運営し、全国で累計件数30,000人以上の皆様からご相談・ご依頼をいただいております。

はじめての遺品整理でも、専門知識が豊富な相談員が中立な立場で、無料アドバイスをさせていただきます。大切な人の生きた証を残しつつ、気持ちよく次の世代へ資産や遺品を引き継ぐために、私たちは、お客様一人一人に最適なお手伝いができる情報提供・業者をご提案します。