近年、耳にする機会が増えた「終活」という言葉。

「終活は退職した方や高齢の方がするもので若い自分には関係ない」

と思う方も少なくはないでしょう。

終活とは、自分の人生の終わりに向けた活動のことです。

具体的には、お墓や遺言、遺産相続の準備などの生前整理をおこないます。

また最近では、終活とは死後に向けた準備だけではなく、人生の最後を考えることで今をより大切に生きるための活動としての意味も広まっています。

終活は20代からでも始めることができます。

今回は、20代からできる終活の内容やメリット、注意点などについてわかりやすくご紹介していきます。

終活を20代からはじめた方が良い理由を徹底解説!

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国744社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

お急ぎの方はお電話にてご相談ください!

通話無料0120-905-734

※お客様相談窓口につながります。受付時間 8:00~19:00 (土日祝も対応)

終活は何をすること?

終活の内容はほとんどが生前整理をすること

「生前整理」という言葉に聞き覚えの無い方もいらっしゃるかと思います。

生前整理とは、財産関係の整理を含め、不用品やデジタルデータなどを存命のうちに整理することです。故人の死後にする「遺品整理」を、存命中におこなうことから対比されて「生前整理」という言葉になっています。

生前整理ですること することの主な内容
家財の整理 家の整理整頓をおこなう。
財産の整理 財産の把握・整理・譲渡をおこなう。
不用品の処分 整理整頓で発生した不要なモノを処分する。
デジタル整理 SNSのアカウント、FXなどの口座、ECサイトで自動保存されているクレジットカード情報、月額料金が発生するサービスなどを把握・整理する。
財産目録の作成 現在自分が所持している財産の一覧を作成する。
遺言書の作成 上記の財産の処分に関する自分の意思を、法律で定められた形式に沿って記入する。
エンディングノートの作成 デジタル整理で把握したアカウント情報とパスワードのセットや、死後の自分の希望をノートに記しておく。

具体的に何をするのか、注意点は何かなど詳しく知りたいという方は、こちらの生前整理についての記事をご覧ください。

生前整理とは?大切な人のために今からできる7つのこと

20代で終活をするのは早すぎる?

終活を始める年齢は自由

終活を始めるのに早すぎるということはありません。

早いうちから葬儀や保険などについて整理しておくことで、今から老後までにかかるお金について考えることができます。

また、自分の身にいつ何が起こるかわからない中、終活を通して死後の臓器提供や遺産相続などについて考えておくことは、年齢に関わりなく役に立つことです。

20代で終活をするメリット

終活をすることで、自分の死後だけではなく、現在にもメリットがあります。

20代で終活をするメリットには、以下の4点が挙げられます。

①時間とお金の節約になる

終活で身の回りを整理することで、どこに何があるのかを把握することができ、

日常生活においてモノの場所を探す手間が省けることで、モノを探すことに無駄な時間を使わずに済むようになります。

また、余計なモノを買う必要がなくなり、長い目で見て出費を抑えることもできます。

②将来の家族や自分への負担を軽減することができる

自身の死後に遺族がおこなう遺品整理や、各種サービスの解約など多くの手続きをする際、遺族の方々は契約先やパスワード等の情報を知らない場合が多いでしょう。

また、自分が老後に何かしらの手続きをする際も、契約先の情報全てを覚えてはいないかもしれません。

自分で前もって終活をしておくことによって、これらの手続きを少しでも減らし、将来の家族や自分への負担を軽減することができます。

③万が一の際に人に助けてもらいやすくなる

自分の死後に限らず、不慮の事故に巻き込まれてけがをしてしまい、意思疎通が難しくなった場合なども、終活は役立ちます。

保険や金銭面の手続きを自分でできない可能性もあるでしょう。

その際、家族や友人に頼むことになっても、重要な書類のありか、パスワードなどがわかりやすく整理されていればスムーズに助けてもらうことができます。

こういった「万が一」はいつ起こるかわかりません。20代に限らず、早くから終活をすることは、この「万が一」に備えるということでもあります。

④自分の心を整理することができる

終活は、今までの人生を振り返る良い機会になります。

20代のうちにモノや財産の整理をすることで、今後の自分の人生に何が必要で何を大切にしたいのか、早い段階で自分の心を整理することができます。

20代の終活で注意すべき点

ここまでは終活のもたらすメリットについて触れてきましたが、終活をする際に注意しなくてはならないこととして、以下の5点が挙げられます。

①セキュリティのこと

終活では、権利やお金、個人情報などに関連する大切な情報を扱います。

普段利用している各種サービスのアカウント名やパスワードを記入した書類を紛失、または情報が流出してしまった場合、パスワードや書類の再発行、最悪一度アカウントを停止するなど、余計な作業が発生していまいます。

こういったことを避けるためにも、大切な情報・証明書等は厳重に管理しましょう。

②法律のこと

20代で既に資産をお持ちの方は、ご自身の遺産の行き先を遺言状で指定するため、相続関連の法律について、確認することをおすすめいたします。

なぜなら、「遺言状」は遺書とは異なり、法律に沿った形式で記述しないと効力を持たなくなってしまうからです。

「20代で遺言状を書くのは早すぎる」と思われるかもしれませんが、特に下記に当てはまる方は、遺言状を書いておくことをおすすめいたします。

①不動産の処理など、相続する遺産の分け方が難しい

②法定相続分に応じてではなく、特定の相続人に相続を集中させたい

③もともと法定相続人ではない親族や友人、パートナーに遺産を渡したい

親族に意思を伝えておくこと

家財の整理や、死後の意思表示を考える際は、しっかりと家族や親しい方と話し合いをしておきましょう。話すのに勇気のいる内容ではありますが、家族や親しい方はもちろん、何よりあなた自身にとって最も重要なことです。

自分の意思をしっかり伝え、家族や親しい人に相談しておくことで、後のもめごとを減らすことができます。また、あなたの死後にご家族、親しい方の間で何かを決める際の助けにもなります。

④無理にモノを捨てすぎないこと

終活を始めると、あれもこれも捨ててしまおうという気持ちが生まれて、本来必要なモノまで無理して捨ててしまう方がいます。

しかし、必要なモノまで捨ててしまうと、結果として捨てる前よりも生活が不便になり、本来かからなかった時間やお金というコストが余計にかかってしまいます

あくまでも今必要なモノは残しつつ、「いつか使う」と思って使っていないものなどから処分することをおすすめします。

⑤お金のプランをしっかりと立てること

終活では、今後の人生や自分の死後に向けて備えるため、財産の整理をおこないます。

その中で、貯金や株式、保険など、将来に向けた資産運用について考える方もいらっしゃるかもしれません。

そこで、現在の収入や、健康状況などを見たうえで、これから起こりうるライフイベントを予想し、いつどこでどのくらいのお金が必要になるかを考えてみると良いでしょう。

身の丈に合わない無理な貯金や、不要な保険に入って今の生活を圧迫してしまわぬよう、焦らずご自身に合ったマネープランを立ててみましょう。

終活の片付けを安く、評判のよい業者に依頼方法

終活に伴う片付けやまとめて不用品処分をして欲しい人は、業者に依頼することをおすすめしています。終活のアドバイスをしてくれる専門のプロ業者も存在しています。

業者にお願い依頼するときに重要なのは、「しっかりとした安心できる業者に依頼すること」です。大切な家を整理するのですから、いい加減な業者、ましては悪徳業者には依頼したくないものです。

また料金を安くしたい・出費を抑えたいというご要望もあるでしょう。私たちみんなの遺品整理は「安心×低価格×高品質」なサービスを多くのユーザー様に届けたいと考え、以下のサービスを提供しています。

みんなの遺品整理が選ばれている3つの理由

1、業者比較で最安値が見つかる!

・業界最安値級 (1K:15,000円~)

・複数社への一括見積もりで、本当に安い業者がわかる

・見積もり無料・追加料金一切なし

・高価買取とリサイクルでさらにお値引き

・全国700社以上の空き状況、希望エリアから業者をご紹介

 

2、安心して利用できる仕組みを実現

・個人情報がいきなり業者に公開されない

・専門アドバイザーに無料相談可

・上場企業基準の厳しい加盟審査

・遺品整理士の資格をもつ優良業者のみ紹介

・作業後の口コミアンケートで評判の良い業者を厳選

 

3、ご利用満足度98.1%!カンタンで手間まで削減

・1度の問い合わせで3社に一括見積もり

・業者に何度も説明する手間を省きます

・キャンセルや日程調整も代理対応

・忙しい方、遠方の方は立ち合いなしの作業可

・即日対応、供養、清掃、消臭まで豊富なワンストップサービス

遺品整理業者の審査基準について

また当サイトみんなの遺品整理は、遺品整理士認定協会と提携しており、遺品整理士が在籍する業者のみをご紹介しています。またご紹介する業者はすべて厳しい加盟審査をおこなっております。

全国10,000社以上いるといわれている業者の中から、

・法律を守って運営しているか

・過去にクレームや追加料金がないか

・電話対応や接客の質が良いか

などの項目で審査し、厳選して掲載しています。700社以上の業者から料金、口コミ、スタッフ、サービス内容、作業事例、実際の支払い費用で比較できます。

遺品整理業者の料金や口コミを見てみる

まずは無料相談

はじめての遺品整理でどうすればいいかわからないという方のご相談も受け付けております。

・遺品整理の料金や流れ

・どの業者が良いのかわからない

・ホームページでみつけた業者は大丈夫?

など気軽にご相談くださいませ。業界歴9年以上の業界知識の豊富なスタッフが回答いたします。

まずは無料相談・お急ぎの方はこちら

まとめ

ここまで、20代で始める終活を通して万が一に備え、今の暮らしをより良くする方法や、注意点について紹介してきました。

この記事を読んでくださった方には、終活を通して今を見つめなおし、自分の最期について考える機会を持っていただけますと幸いです。

 

【監修者:一般社団法人遺品整理士認定協会】

遺品整理業界の健全化を目的に2011年設立。

遺品整理士養成講座を運営し、認定試験・セミナー・現場研修などを実施している。

法令順守をしている30,000名を超える会員、1,000社を超える法人会員が加盟。法規制を守り、遺品整理業務を真摯に行っている企業の優良認定、消費者保護のための遺品整理サービスガイドラインの制定もおこなっている。

 

【執筆者:みんなの遺品整理事務局】

東証一部上場企業の株式会社LIFULLのグループ会社である株式会社LIFULL senior(ライフルシニア)が運営しています。2017年より業界最大級の遺品整理・実家の片付け業者の比較サイト「みんなの遺品整理」を運営し、全国で累計件数30,000人以上の皆様からご相談・ご依頼をいただいております。

はじめての遺品整理でも、専門知識が豊富な相談員が中立な立場で、無料アドバイスをさせていただきます。大切な人の生きた証を残しつつ、気持ちよく次の世代へ資産や遺品を引き継ぐために、私たちは、お客様一人一人に最適なお手伝いができる情報提供・業者のご提案をいたします。