テレビにもときどき取り上げられる「ゴミ屋敷」の問題。自宅がゴミだらけになってしまい、自分だけではどうしようもなくなってしまい、さらにゴミが増えてしまうという悪循環に陥ってしまう…。考えただけで恐ろしいですよね。では、一体どんな人がなぜ自宅をゴミ屋敷にしてしまうのでしょうか?ゴミ屋敷になる人の特徴と原因を紹介いたします。

ゴミ屋敷の原因は?家をゴミ屋敷にしてしまう人の特徴

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国425社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

ゴミ屋敷とは

ゴミ屋敷とはその名前の通り、「自宅のほとんどがゴミで覆われてしまっている家」の事を指します。居室内だけにゴミが溜まっているならまだしも、ゴミが完全に自宅の敷地からはみ出てしまっているケースもあります。

長時間放置されてしまったゴミは悪臭が発生したり、害虫を誘引してしまい、周辺住民とのトラブルに発展してしまうケースがほとんどです。自分はゴミ屋敷の問題は無関係だと決め込む人も少なくないでしょうが、決してそんなことはありません。

ゴミ屋敷になる人の心理状態「セルフネグレクト」

通常であれば、ゴミはこまめに決まった日に捨てるため、自宅内にゴミが溜まってしまうことはありえません。ただ、住んでいる人がなんらかの事情により精神に不調をきたしてしまうと一気にゴミ屋敷化が進んでしまうのです。

例えば、一緒に住んでいた方の死別などにより孤立してしまった場合はショックにより、普段できていたことがどんどんできなくなっていく場合があります。他にも仕事場での人間関係によるストレスや、突然のリストラなど人によって原因は様々です。ゴミ捨てなどの簡単なことでもやる気がなくなってしまうのです。

こういった症状を「セルフネグレクト」といいます。外出するのも億劫になり、自分の身の回りのことである家事ですら、行う気持ちがなくなってしまいます。

ゴミ屋敷になりやすい人の特徴と原因

ゴミ屋敷にしてしまいやすい人とは、どのような人なのでしょうか。

一人暮らしの人

ゴミ屋敷になってしまいがちな方の特徴としては、「1人で住んでいる」ということが挙げられます。2人以上で住んでいるのであれば、1人がゴミ捨てに対して消極的だった場合でも、もう1人がしっかりゴミを捨ててくれるでしょう。

しかし、なんらかの事情で1人になってしまった方は全ての身の回りのことを自分で済ませなければいけなくなります。ゴミ捨てを同居人に全て任せっぱなしにしていた場合は、ゴミ捨てのルールが分からずゴミを放置、そのままゴミ屋敷になってしまった、なんてこともあるのです。

精神的な負担がかかる仕事に就いている人

また仕事や家庭などで精神的に大きなストレスを抱えている人もなりやすい傾向にあります。また最近では女性や若い人のゴミ屋敷も少なくありません。看護師や介護士など人のお世話をする職業の方に多いといわれています。

ゴミ屋敷は精神的にもデメリットが多い

ゴミ屋敷に住むメリットは全くなく、その一方でデメリットは挙げたらきりがありません。不衛生な環境で生活していくことは体調面はもちろん、精神面にも悪影響を及ぼしてしまいます。ゴミ屋敷に住んでいることに対する劣等感や、周辺住人に迷惑をかけている事にプレッシャーを覚えてしまうでしょう。

ゴミ屋敷になってしまったときの対策

一度自宅をゴミだらけにしてしまうと、自分ではどうすればいいのか分からなくなってしまいます。膨大なゴミを処分するためには、第三者の力を借りることが大切でしょう。もちろん自力で片付けできればよいのですが、ゴミ屋敷の片付けは体力的にも非常に大変です。

ゴミ屋敷をまだ自分で片付けられる基準

または知人や友人に手伝ってもらうのも一つの手ですが、「人にゴミ屋敷なことを知られたくない」他人に協力をお願いするのは恥ずかしいという気持ちがある方も多いです。

可能であれば専門業者に依頼するのがいいでしょう。ゴミ屋敷の片付け業者はゴミの処分方法だけでなく、ゴミ屋敷になってしまった人の精神的な配慮にも精通しているので、ゴミ屋敷問題を一気に解決することができるはずです。

片付け業者の力を借りることが、解決への近道の場合も

自宅をゴミ屋敷にしてしまった場合は、早急に解決する必要があります。ただ、あまりにも長い間放置してしまうようだと自力での解決は難しいかもしれません。そんなときは専門業者に相談し、できるだけ早く解決するように努めましょう。

安心して依頼できるゴミ屋敷片付け業者の料金と口コミを見てみる