テレビなどで時折耳にする「汚部屋」。そのままの状態で放置するとゴミ屋敷化してしまうこともあります。この記事では自分の部屋を「汚部屋」にしてしまう人の心理や、汚部屋に至る習慣、またその対策について解説します。

部屋が汚い! 汚部屋化してしまう人の心理と習慣

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国700社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

お急ぎの方はお電話にてご相談ください!

通話無料0120-905-734

※お客様相談窓口につながります。受付時間 8:00~19:00 (土日祝も対応)

【動画で解説!】汚部屋化してしまう人の心理と習慣

汚部屋化してしまう人の心理を知ろう

汚部屋に住む人の心理には、特徴的な共通点があります。汚部屋化してしまう人の心理状態を把握することは、汚部屋から抜け出す一歩です。5つの例をご紹介します。

①ストレス発散のため散財する

仕事や人間関係などに疲れてストレスが溜まると、お金を使い散財することで溜まったストレスを発散しようとする人がいます。この場合、特定の目的や欲しい物の為にお金を使うというよりも、お金を使うことそのものが目的になりがちです。

結果的に、不要なものを買ってしまい部屋中に溢れさせることになります。未開封のまま使わずに溜めこまれるケースが多くなるため、捨てることもできずにさらに不要品が溜まってしまい部屋が乱雑になってしまいます。

②ものを片付ける優先順位がつけられない

なかなか片付けに取りかかれず、「あとで片付けよう」と、捨てる決断を先延ばしにしてしまうと、物が溜まっていってしまいます。

物が捨てられない人は優先順位がつけられないことが原因の可能性もあります。片付けたいと思っていても、別の用事を思い出してついつい後回しにしてしまうと、一向に片付けられません。

また、片付けの途中で懐かしいアルバムや本を見つけ、片付けが終わらなくなってしまうこともあります。そのような場合は、TODOリストを作っておいたり、日ごとに目標を立てておくと、忘れずに片付けを行うことができます。

③寂しさや孤独を感じている

日常生活で感じる寂しさや孤独感が原因で、ものが多く狭い部屋を好む場合もあります。しかし、汚部屋になってしまうことで、人を部屋に呼びづらくなり、よけいに孤独感が増してしまいます。

孤独感によってネガティブになり、掃除や片付けを行う気力がなくなってしまうこともあります。

④捨てるのがもったいないと感じる

もらいものや着なくなった洋服など、使っていないものでも、「いつか使うだろう、捨てるのはもったいない」と思いとっておくと、部屋が物であふれて汚くなってしまいます。

ずっと使っていないものや、使っているイメージがわかないものは捨てるようにすると、部屋がすっきり片付きます。

⑤ 幅の広い趣味を持っている

特定の趣味に凝っているわけでなく興味の幅が広い場合、広く浅い趣味を持つ傾向があります。そのような人の場合、それぞれの趣味に関連したものを最初にたくさん集めようとし、結果としてさまざまなものが部屋を占領することになります。

部屋を汚してしまう4つの習慣

日々の習慣が、部屋を汚くしてしまう原因になっていることがあります。ここでは、部屋を汚してしまう4つの習慣をご紹介します。

①その場で元の場所に戻さない

外出先から帰っても着ている物をクローゼットに戻さずに部屋着に着替える習慣はありませんか?所定の場所にその場で戻さないと部屋を散らかってしまう原因になります。

②なかなか物が捨てられない

何年も前に買ってほとんど使ったことがない文房具や邪魔になるだけの置物など、これといった使い道はない不用品を捨てずに取って置く人がいます。そのような人は「いつか使うこともあるだろう」と様々なものを部屋に溜め込んでなかなか捨てようとしません。

結果として、埃が被ったままの状態で部屋のあちこちにものが放置されることになります。

③物を無秩序に収納しようとする

例えば急な来客で散らかった部屋を手早く片付ける必要があるとき、外に出ている小物類をその場しのぎに適当な場所に押し込むことがあります。その場合、片づけた物を後で出そうと思ってもどこに仕舞ったか分からなくなり、探すのに一苦労することになります。

④大量に物を購入する

「足りなくなったら困るから」「いつか必要になるから」と同じものを大量に購入したり、今は使わなくても安かったから、と買ってしまったりなど、とにかく物を大量に買う癖がある人は要注意です。

既に購入してあったにもかかわらず、それを確認せずに買ってしまう傾向があり、家の中はストックされたもので溢れかえることになります。

汚部屋による悪影響

汚部屋になってしまう人の心理や習慣を紹介してきました。汚部屋で暮らし続けると、汚部屋の住人に様々な悪影響があります。

メンタルへの悪影響

部屋が汚いことは精神的な面でも悪影響があります。汚い部屋で生活しているとストレスがたまり、疲れやすくなります。ストレスによる疲れから、片付けを行う気力がなくなり、さらに部屋が汚くなってしまうのです。

また、部屋が汚い状態が続くと部屋の片付けができないことによって自己嫌悪感が高まり、仕事など様々なことに対するやる気がなくなってしまいます。

健康への悪影響

部屋が汚いとホコリやカビ、害虫によって健康への悪影響があります。ホコリなどによって出たハウスダストは、アレルギー性鼻炎や皮膚炎、喘息などの原因となります。また、カビの中には肺炎につながるものもあります。

汚部屋は放置するとゴキブリ、小バエなどの害虫が住み着くこともあります。空気中に舞った害虫の死骸を吸い込むことでアレルギー症状が出ることや、食中毒、感染症になってしまうこともあります。

人間関係への悪影響

部屋が汚いことで、友人や知人などを部屋に呼ぶことができなくなります。このことで孤独感が増しネガティブな精神状態になり、余計片付けができなくなることもあります。

また、一緒に生活をしている家族と衝突することもあります。部屋をきれいにしたい家族と価値観の違い喧嘩が起こったり、汚い部屋にイライラして人間関係が悪い影響を及ぼすこともあります。

”汚部屋”にしないためにはどうすればいい?

まずは汚部屋に至る心理傾向や習慣がどのようなものなのか自分で確認してみましょう。

そして思い当たる習慣があれば、すぐにその習慣をやめるのが汚部屋対策への第一歩です。また、汚部屋をキレイにするには以下のようなコツがあります。

定期的にルールを決めて片付けをする

一度掃除をしても、使ったものをすぐに片付けないため、少し経つと部屋にものが散らかってしまうという場合は、定期的に片付けを行うようにルールを決めてみましょう。

例えば、「毎日の夜寝る前に10分片付けをする」「毎週土曜日の午前は片付けをする」など決めて行うと、部屋をキレイに保つことができます。

買い物をするときは部屋の収納を考える

ものを買うときは、衝動買いをせず、部屋のどこに置くのかや、使う場面を想像し、本当に必要かどうかを考えてから買うようにしましょう。

また、すでに持っているものを買わないように、自分の部屋にあるものを把握するようにしましょう。そのために、新しいものを買う前に片付けをしておくことも大切です。

部屋にあるものをできるだけ増やさない

物を増やさないように心がけることも大切です。ごみになるものはすぐに捨てるようにし、収納できる量に対してものが増えすぎないように気をつけましょう。ものが増え過ぎたらその分、使っていないものを捨てるようにすると良いです。

汚部屋をすぐに片付けたいなら

汚部屋を片付けたいけど、時間がない、やる気がいまいち起きない、という方や、部屋が散らかりすぎていて自分で片付けることが難しい…という方もいらっしゃるのではないでしょうか?そのような時には業者に依頼するのも一つです。

料金がかかってしまうというデメリットもありますが、プロの手によって短時間で綺麗に部屋を片付けてくれます。

汚部屋片付けを業者に依頼する際に何よりも重要なのは、「しっかりとした安心できる業者に依頼すること」です。

汚れているとはいえ、自分のプライベートな空間に他人を招き入れるわけですから、いい加減な業者、ましては悪徳業者には依頼したくないものです。

また料金を安くしたい・出費を抑えたいというご要望もあるでしょう。私たちみんなの遺品整理は「安心×低価格×高品質」なサービスを多くのユーザー様に届けたいと考え、以下のサービスを提供しています。

みんなの遺品整理が選ばれている3つの理由

1、業者比較で最安値が見つかる!

・業界最安値級 (1K:15,000円~)

・複数社への一括見積もりで、本当に安い業者がわかる

・見積もり無料・追加料金一切なし

・高価買取とリサイクルでさらにお値引き

・全国600社以上の空き状況、希望エリアから業者をご紹介

 

2、安心して利用できる仕組みを実現

・個人情報がいきなり業者に公開されない

・専門アドバイザーに無料相談可

・上場企業基準の厳しい加盟審査

・遺品整理士の資格をもつ優良業者のみ紹介

・作業後の口コミアンケートで評判の良い業者を厳選

 

3、ご利用満足度98.1%!カンタンで手間まで削減

・1度の問い合わせで3社に一括見積もり

・業者に何度も説明する手間を省きます

・キャンセルや日程調整も代理対応

・忙しい方、遠方の方は立ち合いなしの作業可

・即日対応、供養、清掃、消臭まで豊富なワンストップサービス

遺品整理業者の審査基準について

また当サイトみんなの遺品整理は、遺品整理士認定協会と提携しており、遺品整理士が在籍する業者のみをご紹介しています。またご紹介する業者はすべて厳しい加盟審査をおこなっております。

全国10,000社以上いるといわれている業者の中から、

・法律を守って運営しているか

・過去にクレームや追加料金がないか

・電話対応や接客の質が良いか

などの項目で審査し、厳選して掲載しています。600社以上の業者から料金、口コミ、スタッフ、サービス内容、作業事例、実際の支払い費用で比較できます。

遺品整理業者の料金や口コミを見てみる

まずは無料相談

はじめての遺品整理でどうすればいいかわからないという方のご相談も受け付けております。

・遺品整理の料金や流れ

・どの業者が良いのかわからない

・ホームページでみつけた業者は大丈夫?

など気軽にご相談くださいませ。業界歴9年以上の業界知識の豊富なスタッフが回答いたします。

まずは無料相談・お急ぎの方はこちら

終わりに

この記事では、汚部屋を作ってしまう人の心理と習慣について解説しました。人が住まいを汚してしまう心理はさまざまですが、結果として部屋を汚す習慣がついてしまうとその状況から脱出するのはなかなか困難です。

自分にそのような心理的な傾向があり部屋が汚いと感じている人は、深刻な状況に陥る前にぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。