遺品整理の中でも特に苦労するのが、デジタル遺品の扱いです。パソコンやスマートフォンの中に入った重要なデータにアクセスできず、家族が大変な目にあうこともあります。万が一の時のために、デジタル遺品のパスワードを解除する方法を知っておきましょう。

デジタル遺品のパスワード解除方法と費用相場

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国394社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

お急ぎの方はお電話にてご相談ください!

通話無料0120-905-734

※お客様相談窓口につながります。受付時間 8:00~19:00 (土日祝も対応)

デジタル遺品とは

デジタル遺品とは、故人のパソコンやスマートフォンの中に遺されたデータのことです。これらの機器は基本的にパスワードがかかっており、本人以外は内部のデータにアクセスすることができません。そのため、遺品整理中の家族も中身を確認することができず、対応に困ることが多いのです。

特に問題になるのが、財産に関わるデータです。家族に隠れて借金や株取引をしている人は多く、死後に初めて明るみに出るケースも珍しくありません。取引で巨額の損失を出していたとしても、パソコンにアクセスできなければ、家族はその事実を知ることさえできないのです。

パスワードを解除するヒント

トラブルに巻き込まれないためにも、遺品整理では「開かずの扉」を作らないのが大原則です。遺品にパソコンやスマホがあれば、パスワードを解除してでも中身を確認しなければなりません。故人しか知り得ないパスワードを、どのようにして解除すればいいのでしょうか。

家族がまず試すべきなのは、故人の誕生日や電話番号といった、わかりやすい番号を入力してみることです。本来、このような推測しやすい数字はパスワードに用いるべきではありません。しかし、覚えやすさを優先して安直な数字を使っている人は多いのです。

個人の趣味に関わる言葉の語呂合わせなど、いろいろな数字を推測し、組み合わせを変えて入力してみましょう。遺品の中に数字のメモが残されていれば、それを試してみるのも有効です。ただし、何度も入力に失敗すると、セキュリティ機能が働いて再入力が不可能になることもあります。こうなってしまったら、別の方法を考えるしかありません。

パスワードが解除できないときは専門業者に依頼

自力でパスワードが解除できない時は、専門業者に解除を依頼してみましょう。パソコンの修理業者なら、パスワードの解析や解除を有料で請け負ってくれます。また、遺品整理業者もデジタル遺品のパスワード解析を行ってくれる場合があります。

個人のパソコンやスマホの中には、何が保存されているかわかりません。非常にデリケートなものなので、プライバシーを重視するなら遺品整理業者に依頼することをおすすめします。特に詳しい業者なら、重要なデータが保管されている可能性がある場所についてアドバイスもしてくれるでしょう。

パスワード解除の費用相場

パスワード解除の費用の相場は、10,000円前後です。ただし、非常に厳重なセキュリティが施されていた場合は、料金が高くなる可能性もあります。遺品整理業者に依頼する時は、通常料金とは別のオプションになることもあるので、見積もりをしっかりと出してもらいましょう。費用を抑えたければ、複数の業者から見積もりを取るのが有効です。

終わりに

近年ではパソコンやスマートフォンを持つのが当たり前になり、デジタル遺品に関わるトラブルも増加しています。アクセスできないからといってデジタル遺品を放置すると、大変な事態に陥ることもあるのです。費用を払う価値は十分にありますから、自力で解除ができない場合は必ず業者に依頼するようにしましょう。