親族や近親者が亡くなったあと、故人の遺品整理があります。思い出の品など故人を象徴するような品物の処理をめぐって、頭を悩ませてしまいます。遺品整理のつらい理由を考察し、その対策を考えてみましょう。

遺品整理がつらいときの対策

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国481社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

お急ぎの方はお電話にてご相談ください!

通話無料0120-905-734

※お客様相談窓口につながります。受付時間 8:00~19:00 (土日祝も対応)

遺品整理とは

遺品整理は、故人が残した品物や縁のある品を整理し、処分することを言います。故人が使用していた衣類や筆記具などの日常生活品、車や土地・家屋などの動産や不動産に至るまで多種多様です。遺品整理は非常に煩雑で不動産は権利の移転に伴う登記もあるので、時間がかかる作業になります。

最近では少子高齢化による核家族化など、遺族による遺品整理の負担が増加しています。そこで「遺品整理士」という民間団体で資格の認証制度をつくり、遺族に代わって遺品を整理する専門家を育成しています。このほかにも「遺品供養士検定」という制度もあります。

遺品整理がつらい理由

遺品整理は、故人が愛用していた品物や故人を思い起こす品物のため、非常につらい作業になります。もちろん、形見として残すものはありますが、それでもなかなか踏ん切りがつかないものです。

遺族が遺品整理をすると、どうしても故人への感情が高まってしまい、作業が進まない状況も出てきます。遺品整理がつらい理由として挙げられます。

悲しみをのりこえて遺品整理をするには?

故人への愛情が深いほど、遺品整理が進まないのは当然のことです。しかし、遺品整理は一つの区切りとして、遺族にとって生活を再出発させるためにも重要です。

故人にとっても、一刻も早く遺族たちには日常生活に戻ってほしい、と思っているはずです。故人の供養の意味でも、気持ちを切り替えて遺品整理をすることが大切です。

親の遺品整理をする時期

親の遺品整理をする時期やタイミングについて考えてみましょう。特に一方の親が健在ならいいのですが、両親ともに亡くなった場合、なかなか遺品整理が進まない状況が考えられない状況が出てきます。

特にご子息が幼少期のころ、誕生前に関する親の遺品は記憶にありませんよね。どのような品物か、思い入れのあるものなのか分かりません。

そこで、遺品整理をするタイミングは四十九日、1周期、3回忌などの法事が最適です。親族が集まるので、両親の兄弟・姉妹に生前のようすを聞きながら、遺品整理ができるメリットがあります。法事のときでもない限り、なかなか親族が集まる機会がないですから。

自分だけでは進まないときは業者に依頼する

遺族にとっては、どうしても感情移入をしてしまい、遺品整理が進みません。そんなときは、遺品整理士などの専門業者に依頼するのも選択肢として考えておきましょう。

業者は数多くの遺品整理を手掛けてきたプロです。多くの経験とキャリアがあるので、故人への配慮を持って遺品整理を効率的かつ合理的に進めてくれます。最近は少子高齢による核家族化で、遺族の遺品整理の負担も増加し、専門業者に依頼するケースも増えています。

遺品整理士が在籍する業者の料金や口コミを見てみる

遺品整理では、故人の愛用品を見るたびに、再び悲しさやつらさがこみあげてくるものです。しかし、供養する意味もあり、遺族が頑張って前向きに生活をするということを故人にアピールするためにも、遺品整理は大切です。