親族や近親者が亡くなったあと、故人の遺品整理があります。思い出の品など故人を象徴するような品物の処理をめぐって、頭を悩ませてしまいます。遺品整理のつらい理由を考察し、その対策を考えてみましょう。

遺品整理がつらいときの対策

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国706社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

遺品整理とは

遺品整理とは、亡くなった故人が残した家の中の遺品を整理して片付けることです。

遺品整理は、「必要なものと不要なものを分類する」ことと、「不用品のリサイクル・廃棄処分をする」ことの2つの作業に大別できます。

遺品整理を行うことに対してつらいと感じる方は多くいらっしゃいます。この記事では、つらい気持ちを乗り越えて整理をすすめるための方法を紹介していきます。

遺品整理がつらい3つの理由

遺品整理を行うのがつらいと思う方も多くいらっしゃると思います。なぜつらいと感じる方が多いのか、理由を3つ紹介します。

①故人を思い出して遺品整理がつらい

遺品整理は、故人が愛用していた品物や故人を思い起こす品物のため、非常につらい作業になります。もちろん、形見として残すものはありますが、それでもなかなか踏ん切りがつかないものです。

遺族が遺品整理をすると、どうしても故人への感情が高まってしまい、作業が進まない状況も出てきます。遺品整理がつらい理由として挙げられます。

②遺品整理をする時間や人手が足りなくてつらい

忙しくて遺品の整理を行う時間がなかったり、遠方に実家があるためなかなか整理をしに行くこと自体が困難な場合もあります。

特に故人の家が大きい場合は、複数人で整理を行わないと終わらせることが厳しいです。始めたものの膨大な遺品の整理が一向に終わらず、肉体的につらいと感じる方もいらっしゃると思います。

③やり方がわからなくて遺品整理がつらい

初めて遺品整理を行うため、何から行えばよいのかわからないという方も多くいらっしゃると思います。

引っ越しや通常の片付けとは異なり、持ち主の亡くなった遺品を、残すのか捨てるのか判断することはなかなか難しいことです。また、遺品の中でも価値の高いものは、売るかどうかの判断も必要になります。

悲しみをのりこえて遺品整理をするには?

故人への愛情が深いほど、遺品整理が進まないのは当然のことです。しかし、遺品整理は一つの区切りとして、遺族にとって生活を再出発させるためにも重要です。

故人にとっても、一刻も早く遺族たちには日常生活に戻ってほしい、と思っているはずです。故人の供養の意味でも、気持ちを切り替えて遺品整理をすることが大切です。

親の遺品整理をする時期

故人が亡くなってすぐは、なかなか遺品整理をする時間はとれません。葬儀やお墓の準備など、やることが多く、落ち着くまで時間がかかります。

遺品整理をする時期は基本は人それぞれですが、四十九日、1周期、3回忌などの法事が最適です。親族が集まるので、両親の兄弟・姉妹と相談しながら、残したい遺品を決められるというメリットがあります。

空家を放置すると税が跳ね上がる可能性も

実家の遺品整理ができず、空き家のまま放置している場合は注意が必要です。実家が「特定空家」に指定されると固定資産税が跳ね上がる可能性があります。

実際に「空き家対策特別措置法」によって、固定資産税が今までの6倍になってしまうケースもあります。

遺品整理を始める方法

遺品の量が多く、整理にどう手を付ければよいのかわからないという方もいらっしゃると思います。

ここでは、遺品整理の始め方を簡単に紹介します。詳しいコツが知りたい場合はこちらの記事をご参照ください。

〈参考記事〉自分でおこなう遺品整理の仕方と手順

①貴重品と残したいものを分類する

まずは、必ず残しておかなければならない貴重品を探します。以下のリストを参考に探してみましょう。

残すべき貴重品
  1. 預金、貯金されている銀行等の通帳
  2. 印鑑
  3. 土地の権利書等、不動産関連の書類
  4. 生命保険、損害保険関係の書類
  5. 年金手帳、年金関連の書類
  6. 有価証券関連の書類、金融資産の書類
  7. 指輪や金塊等の貴金属
  8. 借入金の関連書類
  9. クレジットカード、携帯電話、インターネットのプロバイダー、公共料金関係の契約状況が確認できる書類

また、アルバム・写真や残したい故人の想い出の品を貴重品とは別で分類しておきましょう。

想い出の品は、周囲親族の人々に形見分けで贈ることも考えて選びましょう。

〈参考記事〉形見分けの方法・時期・注意点

②遺品の買取をする

価値のある遺品は買取をしてもらいます。骨董品や芸術品がある場合は骨董・古美術専門業者へ、貴金属や宝石類は質屋谷保席専門業者などに買取してもらいましょう。

家具や家電はリサイクルショップに、小さめの遺品はオークションサイトやフリマアプリで買取をすると高額に買い取ってもらえます。

〈参考記事〉遺品の買取の方法

③不用品を処分する

可燃ごみ、不燃ごみ、資源ごみなどは自治体の決まりに沿って回収してもらえますが、粗大ごみや家電等は処分にお金がかかる場合があります。安く処分したい場合は自分で大型の不用品を処理場や業者に運ぶ必要があります。

一方で、大きなゴミが多くて運べない場合は、業者に引き取りをお願いするという選択肢もあります。

〈参考記事〉不用品処分でお困りの方へ!家財別の廃棄方法と捨て方ガイド

自分だけでは進まないときは業者に依頼する

遺品整理の際に感情移入をしてしまい、なかなか進まない場合や、人手を集めたり、遺品整理の時間がない場合があると思います。

そんなときは、遺品整理士などの専門業者に依頼するのも選択肢として考えておきましょう。

遺品整理業者の特徴と作業内容

作業の特徴 「作業対象=遺品」と認識
→物の扱いが丁寧
対応可能な作業
  1. 不用品の回収と処分
  2. 必要品と不用品の分別
  3. 貴重品の捜索
  4. 遺品の買取
  5. 遺品の供養
  6. お焚き上げ
  7. 無料の簡易清掃
  8. ハウスクリーニング・消臭作業
  9. 家屋の解体
  10. 車・バイクの買取処分
  11. リフォーム
  12. 不動産仲介・買取
  13. 相続の相談

遺品整理業者に依頼するメリット

  自分で行う 遺品整理業者に依頼する
メリット
  1. 費用が安い
  1. 遺品の整理から買取、不用品の回収まで一括で行ってくれる
  2. 数日以内に終わる
デメリット
  1. 時間と手間がかかる
  2. 肉体的・精神的につらい
  1. 作業量に応じた費用がかかる

業者は数多くの遺品整理を手掛けてきたプロです。多くの経験とキャリアがあるので、故人への配慮を持って遺品整理を効率的かつ合理的に進めてくれます

最近では少子高齢化による核家族化など、遺族による遺品整理の負担が増加しています。

そこで「遺品整理士」という民間団体で資格の認証制度をつくり、遺族に代わって遺品を整理する専門家を育成しています。このほかにも「遺品供養士検定」という制度もあります。

遺品整理士が在籍する業者の料金や口コミを見てみる

遺品整理では、故人の愛用品を見るたびに、再び悲しさやつらさがこみあげてくるものです。しかし、供養する意味もあり、遺族が頑張って前向きに生活をするということを故人にアピールするためにも、遺品整理は大切です。

料金を安く抑えるコツ「相見積もり」

遺品整理業者に依頼する場合も、3社を目安として複数の業者から見積もりを取ることが大切です。

相見積もりを取ることでその地域における料金の相場がわかりますし、1番安い業者に依頼することもできます。不当に高い料金を請求してくる悪徳業者を見分けられ、安心して依頼ができるのもメリットです。

「一社ごとに見積もりをとる手間を省きたい!」という方は、「みんなの遺品整理」を利用してみてはいかがでしょうか?一度のお問合せで最大3社まで相見積もりができるサービスです。

業者を選べない…そんなときはこちらからお問い合わせください

安くて評判の良い業者を探す方法

遺品整理を業者に依頼する際に何よりも重要なのは、「しっかりとした安心できる業者に依頼すること」です。

大切な人の遺品を整理するのですから、いい加減な業者、ましては悪徳業者には依頼したくないものです。

また料金を安くしたい・出費を抑えたいというご要望もあるでしょう。私たちみんなの遺品整理は「安心×低価格×高品質」なサービスを多くのユーザー様に届けたいと考え、以下のサービスを提供しています。

みんなの遺品整理が選ばれている3つの理由

1、業者比較で最安値が見つかる!

・業界最安値級 (1K:15,000円~)

・複数社への一括見積もりで、本当に安い業者がわかる

・見積もり無料・追加料金一切なし

・高価買取とリサイクルでさらにお値引き

・全国600社以上の空き状況、希望エリアから業者をご紹介

 

2、安心して利用できる仕組みを実現

・個人情報がいきなり業者に公開されない

・専門アドバイザーに無料相談可

・上場企業基準の厳しい加盟審査

・遺品整理士の資格をもつ優良業者のみ紹介

・作業後の口コミアンケートで評判の良い業者を厳選

 

3、ご利用満足度98.1%!カンタンで手間まで削減

・1度の問い合わせで3社に一括見積もり

・業者に何度も説明する手間を省きます

・キャンセルや日程調整も代理対応

・忙しい方、遠方の方は立ち合いなしの作業可

・即日対応、供養、清掃、消臭まで豊富なワンストップサービス

遺品整理業者の審査基準について

また当サイトみんなの遺品整理は、遺品整理士認定協会と提携しており、遺品整理士が在籍する業者のみをご紹介しています。またご紹介する業者はすべて厳しい加盟審査をおこなっております。

全国10,000社以上いるといわれている業者の中から、

・法律を守って運営しているか

・過去にクレームや追加料金がないか

・電話対応や接客の質が良いか

などの項目で審査し、厳選して掲載しています。600社以上の業者から料金、口コミ、スタッフ、サービス内容、作業事例、実際の支払い費用で比較できます。

遺品整理業者の料金や口コミを見てみる

まずは無料相談

はじめての遺品整理でどうすればいいかわからないという方のご相談も受け付けております。

・遺品整理の料金や流れ

・どの業者が良いのかわからない

・ホームページでみつけた業者は大丈夫?

など気軽にご相談くださいませ。業界歴9年以上の業界知識の豊富なスタッフが回答いたします。

まずは無料相談・お急ぎの方はこちら

【監修者:一般社団法人遺品整理士認定協会】

遺品整理業界の健全化を目的に2011年設立。

遺品整理士養成講座を運営し、認定試験・セミナー・現場研修などを実施している。

法令順守をしている30,000名を超える会員、1,000社を超える法人会員が加盟。法規制を守り、遺品整理業務を真摯に行っている企業の優良認定、消費者保護のための遺品整理サービスガイドラインの制定もおこなっている。

 

【執筆者:みんなの遺品整理事務局】

東証一部上場企業の株式会社LIFULLのグループ会社である株式会社LIFULL senior(ライフルシニア)が運営しています。2017年より業界最大級の遺品整理・実家の片付け業者の比較サイト「みんなの遺品整理」を運営し、全国で累計件数30,000人以上の皆様からご相談・ご依頼をいただいております。

はじめての遺品整理でも、専門知識が豊富な相談員が中立な立場で、無料アドバイスをさせていただきます。大切な人の生きた証を残しつつ、気持ちよく次の世代へ資産や遺品を引き継ぐために、私たちは、お客様一人一人に最適なお手伝いができる情報提供・業者をご提案します。