身内の誰かが亡くなったとき、整理すべき遺品は数多くあります。その中でも着物は思い入れ深いと感じる人も多いでしょう。どのように処分をすれば良いのか戸惑ってしまいますよね。この記事では着物の処分について、買い取ってもらう方法や自分で再利用する方法、処分する方法に分けてお伝えします。また、買取業者の選び方やおススメの方法もご紹介します。

遺品整理で着物を処分するには?

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国449社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

母の着物が捨てられない方へ

着物には思い出が詰まっている

長い時間を共に過ごした母の遺品は、簡単には捨てられません。実際に母が着物を着ていた場面を容易に想像できてしまい、悲しくなってしまうこともあるでしょう。長い時間をずっと一緒に過ごしてきた人なので当然のことです。

気持ちの整理をつけよう

簡単に気持ちを消化することは難しいですし、思い出はすぐに消えてなくなりません。ですが、いつまでも手を付けないままだと、ますます処分できなくなってしまうことも。急ぐ必要はありませんが、ある程度気持ちの整理がついたら処分を検討しましょう。

着物を処分するおすすめの方法

1、切って再利用する

長年保存していれば、虫に食べられて穴が空いているかもしれません。その場合は身内の誰かが着用したり、親戚に譲ることもできないでしょう。誰も着れないなら、綺麗な部分を切り取って再利用してみるのもありです。ほかにも雑貨や小物にアレンジしてみることで思い出の着物を、違う形としてずっと残しておく方法も。

2、リサイクルショップに出す

思い切ってリサイクルショップに出すのもひとつの方法です。着用可能な着物を買い取って、メンテナンス後に中古品として販売されます。安い買取金額になってしまいますが、着たい人に着てもらうのもおすすめです。

3、人に譲る

どうせなら知り合いに着てもらいたいと思う人もいるでしょう。ゴミとして処分せずに欲しい人に譲った方が、嬉しい処分方法になりますよね。着物は着る人の体型に合わせて仕立ててあるので、故人に近い体型の人がいれば、そのまま着てもらえます。

4、遺品整理業者に処分を依頼する

譲る人もいない場合は、遺品整理業者に依頼して買取や処分してもらえます。着物の買取だけでなく家具家電やゴミなどもまとめて処分をしてもらうこともできます。ちなみに廃棄物として処分されたくなければ、お焚き上げしてもらうことも可能です。遺品整理業者は数がか多いので、相見積もりを取って料金を比較しましょう。

「みんなの遺品整理」で着物買取・お焚き上げができる業者を見てみる

物が良ければ一度買取査定をおすすめします。

着物は高級品です。高品質なものが多いので、なかなか捨てられないと思う人も多いはず。そういう場合は、思い切って買取査定することをおすすめします。なかなか素人には着物の価値がどれくらいなのかわかりません。ゴミとして処分するなら、一度専門家に相談して、その着物の価値を確かめてみませんか。

訪問査定も可能

着物の数が多い場合は、自宅に来てもらって査定してもらいましょう。ちなみに有名着物作家が手がけたり、有名産地の着物、10年以内の新しい着物であれば、高値がつくこともあります。

買取業者・査定業者の選び方

大事な着物を買い取ってもらうのに、悪徳業者には頼みたくないですよね。そんな時に使ってみてほしいのが当サイトです。

 みんなの遺品整理」は、『安心な業者を、カンタンに比較できて、お得に利用できるサービス』です。

当サイトでは、追加料金一切無し・作業経験が豊富な業者に一括で相見積もりを取ることができます。300社以上の業者が掲載されており、料金や口コミ、スタッフ、作業事例で比較することもできます。

安心

・遺品整理士の資格を持つ業者の中から厳選して掲載

・問い合わせ時に個人情報がいきなり業者に公開されない

カンタン

・様々なサービスや口コミで遺品整理業者を比較

お得

一度のお問い合わせで3社まで相見積もり手配。実際の金額を比べて、依頼する業者を決定!

遺品整理業者の料金や口コミを調べるにはコチラ

一括見積もりをしたい方・お急ぎの方はコチラ

みんなの遺品整理」では、全国に10,000社以上いるといわれる遺品整理業者の中から、【回収した遺品を法律にそって処分しているか・過去のクレームや追加料金の請求をしたりしていないか・電話対応や接客レベルが一定を超えているか】などを審査し、厳選して掲載しています。 

多くの選択肢に惑わされないように

着物を処分する方法は様々です。切って再利用する、親戚に譲る、買い取ってもらうなど、どの選択肢が最も良いのかしっかり考えましょう。故人のためにも後悔のない選択をすることが重要です。