カセットコンロで使うガスボンベってどう捨てればいいか困りますよね。いつか使おうと思って家にしまっておき、気づいたら何年も放置してサビだらけなんてこともあります。

使いかけや古くなってしまったガスボンベを廃棄する際の処分方法について紹介いたします。

古いガスボンベの安全な処分方法について

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国273社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

使用済・もしくは使用途中のガスボンベは、使い切ってから捨てましょう

先端をコンクリートに押しあてる

キャップを外し、コンロに接続する先端部をアスファルトやコンクリートなどの固いところに押しあててください。またガスは吸い込むと大変危険なのでかならず屋外の火の気がないところで行って下さい。

音がしなくなれば捨てられます

中身がまだ入っている状態でガスボンベを振るとシャカシャカといった音が鳴ります。これは液体ガスがまだ中に入っている証拠です。音がしなくなったのを確認して自治体のごみ出しルールに従って廃棄しましょう。

穴あけは危険なので控える

ガス抜きをする際は市販の穴あけ器を使えば簡単に穴をあけることが可能です。ただし引火などの事故が多発しているためおすすめしません。自治体も回収する際に穴はあけないように指示しているところも増えています。

古くなって使用できないガスボンベはどうすればいいの?

専門の業者に依頼をする

劣化やサビで地面に押しつけてもガスが抜けない、または破裂したりしないか心配というときは専門の回収業者に依頼しましょう。大量のボンベでも対応してくれますし、費用も安い業者であれば数3,000円程度で回収してくれます。

そもそもガスボンベの使用期限は?

ガスボンベは購入後、5年程度は使っても問題ないです。メーカーのホームページなどに記載があるので確認してみましょう。ただし屋外で保管している場合は湿気などで劣化がはやい場合があります。その際は上記のメーカーに問い合わせることをおすすめします。送料を払えば処分費用は無料の会社もあるようです。