モノが散らかっているだけではなく、ゴミが大量にたまってしまった汚部屋。一度汚部屋になってしまうと掃除をするのはなかなか大変です。しかし、健康への影響や生活の充実を考えると放ってはおけません。この記事では自力で汚部屋の掃除をするにあたっての具体的な手順とポイントについてまとめていきます。

汚部屋の片付け手順とコツ

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国644社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

汚部屋の片付けが自力でできる3つの目安

汚部屋となってしまった家の掃除は、精神的にも体力的にも多大な労力を必要とします。しかし、「かかる費用を抑えたい…」という場合には自力での片付けを視野に入れてもいいかもしれません。

次の3つの基準を満たしていれば、自力での片づけが可能だと言えるでしょう。

①洗面所やキッチンなどの水回りが使える

 片付けに伴う掃除(汚れの除去)では水道を使います。そのため、水回りが使えるかどうかは一つの基準となります。もし使えない場合はその修理のために業者をお願いしなければいけない可能性もあります。

②家の外にまではモノが溢れていない

 家や敷地の外まで荷物が広がっている場合は、ゴミの量が大変多く自力の片付けは困難です。迅速に対応するためには専門の業者に依頼するのが良いでしょう。

③自分以外の人の荷物はあまりない

 特にご両親や亡くなられたご家族の遺品など、他人の荷物が多くある場合、自力での整理が難しくなります。ただし処分してよいものが明確な場合や、処分するかどうかの判断ができるご家族で取り組める場合は、自力での片付けも可能でしょう。

上記の基準を満たさない場合には、自力での片付けが困難な可能性があります。そのような時には専門の業者に依頼してみるのも一つの手です。

〈協会認定〉汚部屋・ゴミ屋敷清掃業者はこちら

汚部屋掃除の準備①:計画を立てる

では実際に自力で汚部屋を掃除する際の手順を確認していきましょう。

まずは片付けの準備からです。はじめは計画を立てましょう。無計画に作業を始めると作業が行き詰まってしまいます。片付けが成功する計画を立てるポイントは、以下の4点です。

①数人で長時間作業ができる日程をあらかじめ決める

程度にもよりますが、作業は数日に渡ることが多いです。友人や家族などにも協力してもらい、連休などを使って、長時間・数日間作業時間を確保しましょう。目安としては最低3人、2~3日のスケジュールを確保すると良いです。

②作業する場所・時間を明確に決める

上で決めた日程をもとに、「初日の午前中で玄関を片付ける」や「2日目はリビングのゴミをすべて出す」といったように、時間・場所を区切った目標を立てましょう。

後々の作業のしやすさを考慮し、まずはゴミやモノを運び出す経路を確保することがポイントです。玄関や廊下などからの作業を優先しましょう。

③分別・搬出のスケジュールを考える

自治体によってゴミの分別ルール・回収曜日・頻度が異なったり、粗大ごみ処理の申込が必要だったりします。自治体のウェブサイトなどで前もって確認して、まとめたゴミがいつまでも家に残る状態がないようにしましょう。

④スケジュールに無理がないか確認する

短時間で効率的に終わらせる計画を立てても、予期せぬ事態でスケジュール通りに進まないこともあるでしょう。ご自身のモノの量・確保できる時間などを考慮し、余裕をもたせた計画を立ててください。前もって調整時間を設けると、作業の遅れに対応できるのでおすすめです。

汚部屋掃除の準備②:片付けに必要な道具を準備する

計画を立てたら、次はそれを行うための道具の準備をします。

必要なものは以下の5項目です。

①マスク・作業用手袋・エプロンなど

汚部屋は不衛生になりがちなため、身体に害を及ぼさないためにもしっかり準備しましょう。マスクや手袋などは、作業の途中で交換することも考えられます。少し多めに用意しておくと安心です。

②殺虫剤・ゴキブリ駆除剤など

生ゴミが多い場合、また虫が湧く夏の場合、ハエやゴキブリ、その他の害虫などが多く発生している可能性が高いです。

作業を始める前に、部屋全体に効果を発揮する霧状タイプの殺虫剤で害虫を駆除しておくと作業しやすいでしょう。

③多量のゴミ袋

少し高くても、少し大きめ(45L~90L)で厚く破れにくい袋を用意しましょう。自治体によっては専用のゴミ袋があるのでご確認ください。

家の中のゴミの量にもよりますが、100枚ほどは用意しておくと良いでしょう。

④梱包資材

ゴミをまとめるための梱包資材を用意しましょう。刃物や食器の破片等の危険物を包んだり、読まない雑誌や書籍などをまとめるのに役立ちます。 以下のようなものがあると便利です。

☑新聞紙

☑ガムテープ

☑ビニール紐

☑段ボール

ダンボールなどは、コンビニエンスストアなどで無料で提供してくれることもあります。

⑤掃除道具

整理・片付けが終わったら、最後は部屋をきれいに清掃する必要がありますね。掃除機やほうき、雑巾やポリバケツなど基本的な道具は準備しておきましょう。

最近は100円均一ショップで、片付けのための便利グッズがたくさん販売されています。一度のぞいてみるといいかもしれません。

汚部屋掃除の作業①:掃除ができる状態にする

作業の準備ができたら汚部屋の掃除をはじめましょう。

掃除の4ステップとそれぞれのポイントをまとめていきます。

まずは作業を効率よく進めるために、部屋を掃除ができる状態にしましょう。

①害虫などが発生している場合はその駆除をする

ゴミ屋敷は不衛生なことが多く、害虫が大量に発生している可能性があります。作業を始めるに当たり、準備で購入した霧状タイプの殺虫剤などを使って先に駆除しておきましょう。

②作業ができるスペースを確保!

仕分け・ゴミの搬出をしていく上で、人が通れるくらいのスペースは確保しておく必要があります。とりあえず寄せるなどして作業ができるスペースを確保しましょう。

汚部屋掃除の作業②:明らかなゴミを処分!

害虫駆除・作業の動線が確保できたら、次はモノの絶対量を減らしていきましょう。最初から「仕分け」の作業はせず、まずはひと目でゴミだとわかる空き缶やペットボトルなどを捨てていきましょう。

①入り口付近からスタート

まずは入口付近にある、「明らかなゴミ」から処分していきましょう。

②場所・時間は小さく区切って

最初から部屋全体をきれいにしようとするのではなく、「自分の目の前1m四方を5分できれいにする」などと決め、モチベーションを維持できるようにしましょう。

汚部屋掃除の作業③:モノを3つに仕分けする

明らかなゴミを処分して仕分けのスペースができたら、次は「手元に残すモノ」「手放すモノ」「迷うモノ」の3つに分類していきます。

ここで、仕分けをしていくときのポイントがあります。

①手元に残すモノの「判断基準」を予め決めておく

仕分けるときの判断を明確にするために、前もって残すモノの判断基準を決めておくのがいいでしょう。例えば「~(特定の友人)からもらったモノは残す」「一年以上使っていないモノは手放す」等、できるだけ具体的な基準を定めましょう。「想い出の品は残す」のような曖昧な判断基準だと、モノが大量に残ってしまいます。

②手元に残すモノの「量」を先に決めておく

先に「この箱に入る分だけ取っておく」などと条件をつけておくと良いでしょう。こうすることで残すものが制限され、自ずとモノの量を減らすことができます。

かさばりやすい書類などは、写真に撮っておくかスキャナーでスキャンし、データとして保存するという方法もあります。

③手元に残すモノを「厳選」する

最後に手元に残すものを厳選しましょう。モノを手放すかどうか判断するコツは「今お金を出してこれを買うか」を考えることです。こうすることでそのモノが本当に必要かどうかを客観的に判断することができます。

基本的には、すべて処分する気持ちで臨むのがポイントです。必要はないけれど、どうしても想い出があり捨てられないものもあるかもしれません。そんな時は使ってくれる誰かに譲りましょう。寄付をしたり、フリマサイトで売ったり、リサイクルショップへ持っていくのも一つの手です。

汚部屋掃除の作業④:出たゴミの処分とクリーニング

仕分けが終わりモノが減ったら、不用品の処理や床・壁のクリーニングなどをして終了です。

不用品を処分する際、通常のゴミとしては出せない不用品をまとめて回収してくれる業者もあります。また、貴金属や大型家具・家電は不用品回収と買取を一度に行ってくれる業者もあるので、是非とも下のリンクから検索してみてくださいね。

分別不要のゴミ回収業者の料金相場はこちら

不用品の買取に対応した業者はこちら

 床・壁の掃除の際、生ゴミから浸出液が出てしまっている場合は、害虫を寄せ付けないためにも念入りに掃除しましょう。ハウスクリーニングを行ってくれる業者もあります。

ハウスクリーニングに対応した業者はこちら

汚部屋片付けの依頼にかかる費用相場

ここまで、自力で行う汚部屋の片付け方についてまとめてきました。しかし、「やっぱり自力では無理だ…」と思うこともあるかもしれません。そんなときには、業者に依頼してみるのも一つの手です。

業者に頼むメリット

業者に依頼することで、

・短時間できれいになる

・買取対応業者なら買取額を作業費用から差し引いてくれる

・細かな分別が不要

・作業終了後には簡易清掃を行なってくれる

といったメリットが得られます。

間取り別:業者の料金相場の目安

間取り 料金相場 作業人数 作業時間
1R・1K 30,000円~80,000円 1~2名 1~3時間
1DK 50,000円~120,000円 2~3名 2~4時間
1LDK 70,000円~200,000円 2~4名 2~6時間
2DK 90,000円~250,000円 2~5名 2~6時間
2LDK 120,000円~300,000円 3~6名 3~8時間
3DK 150,000円~400,000円 3~7名 4~10時間
3LDK 170,000円~500,000円 4~8名 5~12時間
4LDK以上 220,000円~600,000円 4~10名 6~15時間

※上記金額は作業費を含む人件費・車両費・回収運搬費・廃棄物処分費をあわせた概算費用となります。家の中のゴミの量によって料金が変わります。 

お近くの汚部屋清掃業者はこちら

安くて評判の良い業者を探す方法

実は、遺品整理業者は汚部屋の片付けにも対応しています。

汚部屋片付けを業者に依頼する際に何よりも重要なのは、「しっかりとした安心できる業者に依頼すること」です。汚れているとはいえ、自分のプライベートな空間に他人を招き入れるわけですから、いい加減な業者、ましては悪徳業者には依頼したくないものです。

また料金を安くしたい・出費を抑えたいというご要望もあるでしょう。私たちみんなの遺品整理は「安心×低価格×高品質」なサービスを多くのユーザー様に届けたいと考え、以下のサービスを提供しています。

みんなの遺品整理が選ばれている3つの理由

1、業者比較で最安値が見つかる!

・業界最安値級 (1K:15,000円~)

・複数社への一括見積もりで、本当に安い業者がわかる

・見積もり無料・追加料金一切なし

・高価買取とリサイクルでさらにお値引き

・全国600社以上の空き状況、希望エリアから業者をご紹介

 

2、安心して利用できる仕組みを実現

・個人情報がいきなり業者に公開されない

・専門アドバイザーに無料相談可

・上場企業基準の厳しい加盟審査

・遺品整理士の資格をもつ優良業者のみ紹介

・作業後の口コミアンケートで評判の良い業者を厳選

 

3、ご利用満足度98.1%!カンタンで手間まで削減

・1度の問い合わせで3社に一括見積もり

・業者に何度も説明する手間を省きます

・キャンセルや日程調整も代理対応

・忙しい方、遠方の方は立ち合いなしの作業可

・即日対応、供養、清掃、消臭まで豊富なワンストップサービス

遺品整理業者の審査基準について

また当サイトみんなの遺品整理は、遺品整理士認定協会と提携しており、遺品整理士が在籍する業者のみをご紹介しています。またご紹介する業者はすべて厳しい加盟審査をおこなっております。

全国10,000社以上いるといわれている業者の中から、

・法律を守って運営しているか

・過去にクレームや追加料金がないか

・電話対応や接客の質が良いか

などの項目で審査し、厳選して掲載しています。600社以上の業者から料金、口コミ、スタッフ、サービス内容、作業事例、実際の支払い費用で比較できます。

遺品整理業者の料金や口コミを見てみる

まずは無料相談

はじめての遺品整理でどうすればいいかわからないという方のご相談も受け付けております。

・遺品整理の料金や流れ

・どの業者が良いのかわからない

・ホームページでみつけた業者は大丈夫?

など気軽にご相談くださいませ。業界歴9年以上の業界知識の豊富なスタッフが回答いたします。

まずは無料相談・お急ぎの方はこちら

今後汚部屋にしないために

一度汚部屋になってしまうと、自力でやるにしても、業者に頼むにしても、多くの時間や手間がかかってしまいます。当記事では汚部屋の片付け方についてまとめましたが、「汚れた部屋の片づけをすること」と「部屋をきれいに保つこと」は似ているようで大きく違います。今後自分の家を綺麗に保つためにも、日々の心掛けを大切にしていきましょう。
 

【監修者:一般社団法人遺品整理士認定協会】

遺品整理業界の健全化を目的に2011年設立。

遺品整理士養成講座を運営し、認定試験・セミナー・現場研修などを実施している。

法令順守をしている30,000名を超える会員、1,000社を超える法人会員が加盟。法規制を守り、遺品整理業務を真摯に行っている企業の優良認定、消費者保護のための遺品整理サービスガイドラインの制定もおこなっている。

 

【執筆者:みんなの遺品整理事務局】

東証一部上場企業の株式会社LIFULLのグループ会社である株式会社LIFULL senior(ライフルシニア)が運営しています。2017年より業界最大級の遺品整理・実家の片付け業者の比較サイト「みんなの遺品整理」を運営し、全国で累計件数30,000人以上の皆様からご相談・ご依頼をいただいております。

はじめての遺品整理でも、専門知識が豊富な相談員が中立な立場で、無料アドバイスをさせていただきます。大切な人の生きた証を残しつつ、気持ちよく次の世代へ資産や遺品を引き継ぐために、私たちは、お客様一人一人に最適なお手伝いができる情報提供・業者のご提案を致します。