部屋の片付けに関する話題が注目を浴びています。すっきりと片付いた部屋は、気持ちよく過ごせるうえに、家事なども効率よくできるようになります。さっそく部屋を片付けて快適な暮らしを楽しみましょう。

部屋の上手な片付け方法と物を捨てるコツ

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国706社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

部屋が散らかってしまう原因

部屋が片付いていないと、どこに何があるのか分からず必要な時に探し回ってしまうなど困ったことが起こります。掃除はきちんとしているはずなのに、なぜか片付かない、すぐに散らかってしまうという人は案外多いものです。

その原因として「物が多過ぎる」という事が考えられます。収納よりも多い物は、行き場がないため収納から溢れ出し、見た目もごちゃごちゃとした状態になってしまいます。さらに、物の定位置が決まっていないと、いくら片付けてもまた散らかってしまうのです。

部屋の上手な片付け方

まずは物を減らす

部屋をすっきりと片付けたいのであれば、まずは物を減らすことから始めてみましょう。使わなくなった物、壊れている物は思い切って処分しましょう。部屋にある収納に収まるくらいまで物を減らすことが大切です。

定位置を決めてあげる

次に、どこに何を置いたらいいのかを考え、自分が使いやすい場所、ここにあれば便利だと思える所にその物の定位置を決めます。

片付いた状態をキープする

ものの定位置を決めたら「使ったら定位置に戻す」ことを日常の中で習慣化しましょう。たったこれだけで、部屋が散らかってしまうのを防ぐことができます。

物を捨てるコツは基準を明確にすること

子供の頃から「物を大切にしなさい」と教わってきた私達にとって物を捨てるという行為は、時に罪悪感さえも感じてしまうものです。そこで納得して物を捨てられるように、自分なりのルールを作っておくとよいでしょう。

ルールの例をいくつか挙げてみます。

①決めた場所から溢れたら捨てる

物に定位置や収納場所を決めてあげて、そこから溢れたら捨てるようにしましょう。収納する場所を基準に物の量を決めれば、溢れる心配もなくなります。

②紙類はすぐに捨てる

ダイレクトメールやチラシなどはすぐに捨てるようにしましょう。また空き箱や包装紙も使い道が決まっていない限り捨てるようにしましょう。紙類は知らないうちに部屋のあちこちに溜まってしまうので散らかる原因になります。

③使う見込みがない物は捨てる

まだ使える物は捨てるのに抵抗を感じます。しかし、長い間しまいっ放しで使わなかった物はこの先も使うことはないでしょう。昔の自分が必要だった物が、今の自分に必要だとは限りません。物は使われてこそ、その価値があると考えましょう。

ゴミがひどい場合は業者に依頼する

手が付けられないほどゴミが溜まっていたり、家電などで処分方法が分からない場合もあります。そんなときは思い切ってプロの手を借りるのもおすすめです。

多量のゴミでも回収してくれるサービスをいくつかご紹介いたします。

不用品回収サービス

自治体のごみに出せない物やまだ使える家電などは、不用品回収サービスを利用するのもいい方法です。大きなものは自宅まで取りに来てくれるサービスを行っているところもあるので、都合のいい日に依頼して来てもらうといいでしょう。

ただし不用品回収業者の中には、無許可の業者や、無料回収とうたいながら物をトラックに積み込んでから高額な請求をする業者もいるため注意が必要です。

片付け業者・遺品整理業者

不用品の処分と同時に部屋の掃除もしてくれます。いるものといらないものを仕分けしてくれ、かつ貴重品や価値がありそうなものは見つけ出して保管してくれます。家具家電がたくさんある場合でもすべてトラックに運んで回収してくれるので、一度の依頼で不用品を片付けることができます。

散らかった部屋を自分で片付けるのはとても大変な作業です。一度業者さんに頼んで片付けてもらえば、あとはその状態を維持すればいいので気持ちも楽になるでしょう。

無許可の回収業者について

チラシやホームページで無料と記載のある回収業者もありますが、見積もりのみ無料だったり、回収のみ無料で処分費はかかるなど、完全に無料でないケースも見られます。

このようなトラブルを避けるため、事前に細かく料金設定を提示している業者を選ぶことをオススメします。環境省では無許可の業者をつかわないようにと警告をだしています。

環境省:無許可の回収業者を利用しないでください。(外部リンク)

また、悪徳業者に騙されないよう複数の業者に相見積もりをとり、信頼のできる業者を選ぶことが大切です。相見積もりの際は、3社を目安として相見積もりを取りましょう。

相見積もりをとることで、料金の大体の相場を知ることができ、不当な料金を請求している業者を見分けることができます。国民生活センターでも多くの被害報告が入っており、呼びかけをしています。

国民生活センター:廃品回収を依頼したら高額な請求をされた(外部リンク)

安くて評判の良い片付け業者を探す方法

片付け業者に依頼する際に何よりも重要なのは、「しっかりとした安心できる業者に依頼すること」です。いい加減な業者、ましては悪徳業者には依頼したくないものです。

また料金を安くしたい・出費を抑えたいというご要望もあるでしょう。私たちみんなの遺品整理は「安心×低価格×高品質」なサービスを多くのユーザー様に届けたいと考え、以下のサービスを提供しています。

みんなの遺品整理が選ばれている3つの理由

1、業者比較で最安値が見つかる!

・業界最安値級 (1K:15,000円~)

・複数社への一括見積もりで、本当に安い業者がわかる

・見積もり無料・追加料金一切なし

・高価買取とリサイクルでさらにお値引き

・全国700社以上の空き状況、希望エリアから業者をご紹介

 

2、安心して利用できる仕組みを実現

・個人情報がいきなり業者に公開されない

・専門アドバイザーに無料相談可

・上場企業基準の厳しい加盟審査

・遺品整理士の資格をもつ優良業者のみ紹介

・作業後の口コミアンケートで評判の良い業者を厳選

 

3、ご利用満足度98.1%!カンタンで手間まで削減

・1度の問い合わせで3社に一括見積もり

・業者に何度も説明する手間を省きます

・キャンセルや日程調整も代理対応

・忙しい方、遠方の方は立ち合いなしの作業可

・即日対応、供養、清掃、消臭まで豊富なワンストップサービス

遺品整理業者の審査基準について

また当サイトみんなの遺品整理は、遺品整理士認定協会と提携しており、遺品整理士が在籍する業者のみをご紹介しています。またご紹介する業者はすべて厳しい加盟審査をおこなっております。

全国10,000社以上いるといわれている業者の中から、

・法律を守って運営しているか

・過去にクレームや追加料金がないか

・電話対応や接客の質が良いか

などの項目で審査し、厳選して掲載しています。600社以上の業者から料金、口コミ、スタッフ、サービス内容、作業事例、実際の支払い費用で比較できます。

遺品整理業者の料金や口コミを見てみる

まずは無料相談

はじめての遺品整理でどうすればいいかわからないという方のご相談も受け付けております。

・遺品整理の料金や流れ

・どの業者が良いのかわからない

・ホームページでみつけた業者は大丈夫?

など気軽にご相談くださいませ。業界歴9年以上の業界知識の豊富なスタッフが回答いたします。

まずは無料相談・お急ぎの方はこちら

片付いた部屋で新たな生活を送ろう

きれいに片付いた部屋は、それだけで気持ちも明るく元気になるものです。日々のちょっとした習慣やコツで、いつでも気持のよいきれいな部屋にしてみませんか?

【監修者:一般社団法人遺品整理士認定協会】

遺品整理業界の健全化を目的に2011年設立。

遺品整理士養成講座を運営し、認定試験・セミナー・現場研修などを実施している。

法令順守をしている30,000名を超える会員、1,000社を超える法人会員が加盟。法規制を守り、遺品整理業務を真摯に行っている企業の優良認定、消費者保護のための遺品整理サービスガイドラインの制定もおこなっている。

 

【執筆者:みんなの遺品整理事務局】

東証一部上場企業の株式会社LIFULLのグループ会社である株式会社LIFULL senior(ライフルシニア)が運営しています。2017年より業界最大級の遺品整理・実家の片付け業者の比較サイト「みんなの遺品整理」を運営し、全国で累計件数30,000人以上の皆様からご相談・ご依頼をいただいております。

はじめての遺品整理でも、専門知識が豊富な相談員が中立な立場で、無料アドバイスをさせていただきます。大切な人の生きた証を残しつつ、気持ちよく次の世代へ資産や遺品を引き継ぐために、私たちは、お客様一人一人に最適なお手伝いができる情報提供・業者をご提案します。