最近は、断捨離や整理整頓など部屋の片付けに関する話題が注目を浴びています。すっきりと片付いた部屋は、気持ちよく過ごせるうえに、家事なども効率よくできるようになります。さっそく部屋を片付けて快適な暮らしを楽しみましょう。

部屋の上手な片付け方法と物を捨てるコツ

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国297社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

部屋が散らかってしまう原因

部屋が片付いていないと、どこに何があるのか分からず必要な時に探し回ってしまうなど困ったことが起こります。掃除はきちんとしているはずなのに、なぜか片付かない、すぐに散らかってしまうという人は案外多いものです。

その原因として、「物が多過ぎる」という事が考えられます。収納よりも多い物は、行き場がないため収納から溢れ出し、見た目もごちゃごちゃとした状態になってしまいます。さらに、物の定位置が決まっていないと、いくら片付けてもまた散らかってしまうのです。

部屋の上手な片付け方

部屋をすっきりと片付けたいのであれば、まずは物を減らすことからはじめてみましょう。使わなくなった物、壊れている物は思い切って処分しましょう。部屋にある収納に収まるくらいまで物を減らすことができれば、あとはどこに何を置いたらいいのかを考え、自分が使いやすい場所、ここにあれば便利だと思える所に、その物の定位置を決めてあげるのです。そして「使ったら元の場所に戻す」たったこれだけで、部屋が散らかってしまうのを防ぐことができます。

物を捨てるコツは基準を明確にすること

子供の頃から「物を大切にしなさい」と教わってきた私達にとっては、物を捨てるという行為は、時に罪悪感さえも感じてしまう事もあります。そこで納得して物を捨てられるように、自分なりのルールを作っておくといいでしょう。

・決めた場所から溢れたら捨てる

物に定位置や収納場所を決めてあげて、そこから溢れたら捨てるようにしましょう。収納する場所を基準に物の量を決めれば、溢れる心配もなくなります。

・紙類はすぐに捨てる

ダイレクトメールやチラシなどは、すぐに捨てるようにしましょう。また空き箱なども使い道が決まっていない限り捨てるようにしましょう。紙類は知らないうちに、部屋のあちこちにたまって散らかる原因になります。

・使う見込みがない物は捨てる

まだ使える物は捨てるのに抵抗を感じます。でも、長い間しまいっ放しで使わなかった物はこの先も使うことは無いでしょう。昔の自分が必要だった物が、今の自分に必要だとは限りません。物は使われてこそ、その価値があると考えましょう。

ゴミがひどい場合は業者に依頼する

手が付けられないほどゴミが溜まっていたり、家電など、どうやって処分するのか分からない場合もあります。そんなときは思い切ってプロの手を借りるのもおすすめです。

・不用品回収サービス

自治体のごみに出せない物やまだ使える家電などは、不用品回収サービスを利用するのもいい方法です。大きなものは自宅まで取りに来てくれるサービスを行っているところもあるので、都合のいい日に依頼して来てもらうといいでしょう。ただし不用品回収業者は無許可の業者や、無料回収とうたいながら物をトラックに積み込んでから高額を請求する被害も増えているため注意が必要です。

・片付け業者や遺品整理業者

不用品の処分と同時に部屋のお掃除をしてくれます。いるものといらないものを仕分けしてくれ、かつ貴重品や価値がありそうなものは見つけ出して保管してくれます。家具家電がたくさんある場合でもすべてトラックに運んで回収してくれます。散らかった部屋を自分で片付けるのは、とても大変な作業です。一度、業者さんに頼んで片付けてもらえば、あとはその状態を維持すればいいので気持ち的にも楽になるでしょう。またみんなの遺品整理に掲載している業者はすべて追加料金は一切なしのため安心です。

片付け業者の料金を見てみる

 

きれいに片付いた部屋は、それだけで気持ちも明るく元気になるものです。日々のちょっとした習慣やコツで、いつもきれいな部屋で気持ちよく過ごしたいものですね。