冷蔵庫が不要になり、できるだけ費用を抑えて処分したい場合、一番お得なのは業者に買い取ってもらう方法です。この記事では買い取りが難しい場合の処分方法や処分費用の目安などを紹介いたします。

冷蔵庫を処分したい!無料で引取してもらうには

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国385社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

無料で冷蔵庫を処分する方法

冷蔵庫の処分費用を抑えたいのであれば、買い取りをしてもらうのが最もお得です。古物商の免許を持っている業者やリサイクルショップなどに査定してもらいましょう。

また新しい冷蔵庫に買い替えることを考えている場合、無料で下取りをしてもらえるサービスがあったり、処分する冷蔵庫を買った電気量販店で引き取ってもらえたりします。しかしここで気を付けてほしいことは、引き取り自体は無料ですが、運搬費や家電リサイクル料金がかかってしまうことです。

買取してもらえない冷蔵庫の処分方法

買い取りしてもらえなかった冷蔵庫の処分方法ですが、これらの方法があります。

1.引き取ってくれる小売店や許可業者の紹介で、市町村に代行で引き取ってもらう。

不要な冷蔵庫を引き取りしてもらうのが難しい場合、最寄りの市町村に問い合わせると、どうやって処分するのか詳しく教えてもらえます。

2.指定の引取場所へ冷蔵庫を持ち込む

家電リサイクル券を使用して、郵便局でリサイクル料金を事前に払っておき、最寄りの指定引取場所へ冷蔵庫を持ち込む方法があります。ここに自分で持っていく手間がかかりますが、その分運搬費はおさえることができるので、費用は家電リサイクル料金だけで済みます。

高く買取してもらうコツ

買い取ってもらえない理由

買取できない冷蔵庫は、製造年月日から10年以上経過しているもの。そして、当たり前ですが冷蔵庫自体に不具合があり、既に正常に機能しなくなってしまっているものは引き取りされません。他にも冷蔵庫表面の傷、汚れが激しいものは引き取りが難しい場合があります。

買い取ってもらう際のコツ

それでは、冷蔵庫をどうやって高値で買い取りしてもらえるかの方法を紹介します。まず第一に冷蔵庫の中をきれいに掃除することから始めましょう。そして製氷機や棚、説明書などの付属品も全てそろえておきます。

リサイクルショップなどでの買い取りの場合、新生活が始まる3月~4月の時期は冷蔵庫の売れ行きが良いです。そこを狙って冷蔵庫を売りに出すのも一つの選択肢でしょう。また家電量販店やリサイクルショップでは、無料での出張査定サービスがあるので、それも有効に活用してくださいね。

終わりに

不要になった冷蔵庫を処分する場合、その方法は家電リサイクル法という法律に沿ってきちんと処分しなければなりません。こういった冷蔵庫の処分の方法は、買い取りや引き取りなど含め、いくつもあります。そのため、たくさんある中から自分の状況に合った最善の方法を選択することが一番です。自治体に引き取ってもらう場合は、きちんと下調べをしたり、詳しい人に相談したりするとよいでしょう。