相続手続きを進める際には、遺⾔書の有無がその後の財産分与に大きく影響します。「遺言書がある」と故人から聞かされていたとしても、肝心な原本が見つからなければ遺言の効力は生じません。

そこで今回は遺言書の探し方と、探すときのポイントについてご説明します。

遺言書が見つからない!遺品整理のプロが遺言書を探す場所とは

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国730社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

お急ぎの方はお電話にてご相談ください!

通話無料0120-905-734

※お客様相談窓口につながります。受付時間 8:00~19:00 (土日祝も対応)

遺言書の種類

一般的な遺言書には、次の3通りがあります。

①自筆証言遺言

自分で作成する遺言書のこと。遺言者本人が全文、日付、氏名を自筆で記載し捺印する必要があります。気軽に作成できて費用もかからないため、遺言書としては一番多く利用されていますが、法で定められた形式通りに書かれていないと無効になります。

②公正証書遺言

証人2名以上の立会いのもと、遺言者が話した内容を公証人が遺言書にして、公証役場に保管してもらう方式。原本が公証役場に保存され偽造や改ざんの恐れがないため、確実に遺言書を残したいときや相続財産の金額が大きい場合に利用されます。

③秘密証書遺言

遺言者本人が遺言に署名・押印した後で封をし、証人2名以上の立会いのもと公証役場で証明してもらう方式。亡くなるまで絶対に秘密を守りたい場合に最適ですが、法的に無効となる恐れがある割に手続きが煩雑なため、現在ではあまり利用されません。

公正証書遺言書が見つからないときは?

故人が「公正証書遺言」を残していると分かった場合は、遺言の原本が公証役場に数年間保管されているため簡単に探せます。手続きをした公証役場がどこか分からなくても、全国一括でコンピューター検索できるシステムになっているため、必要な書類を揃えればどこの公証役場からでも照会できます。必要な書類とは、遺言者の死亡を証明する戸籍謄本、及び遺言者と照会者の関係性が分かる戸籍謄本です。

ただし遺言書の内容までは分からないため、保管されている公証役場まで直接出向き、公正証書遺言の謄本を請求する必要があります。また、遺言者本人が存命の間は、家族や相続予定の人であっても公証役場での遺言調査はできません。

自筆証書遺言書が見つからないときは?

確実に遺言書はあるはずなのに、公証役場に問い合わせてもその所在が分からなければ、「自筆証書遺言」の可能性が高くなります。その場合は本人が秘密にしていれば、遺言を書いた事実はもちろん、内容や保管場所についても見つけるのは困難です。

まずは故人が生前懇意にしていた親友や、弁護士、司法書士、行政書士、顧問税理士など、遺言書の作成に関わったと思われる人に連絡を取り、原本を託されていないかどうかを確認してみましょう。

それでも見つからない場合は、遺品整理を行いながら見つけるしか方法はありません

遺言書の保管場所としてよくある例

自筆証書遺言の保管場所については、一般的には下記のような保管場所が考えられます。

遺言書がよく保管されている場所

・故人の自宅の机・タンス・食器棚などの引き出し、金庫や仏壇の中、本棚や本の隙間

・故人が経営していた会社・事務所の金庫や机、キャビネット内

・故人の口座がある銀行の貸金庫、または取り引きのあった信託銀行

・檀家となっているお寺や菩提寺

なお、自筆証書遺言書が封をした状態で見つかった場合は、家庭裁判所の検認手続きが必要なため勝手に開封してはいけません。開封してしまうと偽造や改ざんを疑われたり、場合によっては処罰される可能性もありますので、必ず家庭裁判所に持ち込むよう注意しましょう。

遺言書による相続は法定相続より優先され、遺産分割が終わった後に遺言書が見つかった場合、内容次第でモメ事になりかねません。生前に一度も遺言書の話をしたことがなかったとしても、必ず調査をするようにしましょう。

遺品整理で遺言書が見つからない場合は、専門業者に捜索してもらう

自力で探してみてもどうしても見つからない場合は専門の遺品整理業者に依頼するのも手です。遺品整理業者はサービスとして貴重品の捜索をおこなっており、たくさんの現場を経験しているプロです。

とくに遺品整理士の資格を持っている業者は貴重品の捜索のための研修や講座受講を受けています。ポケットの中身や、タンスの引き出しの裏、本のページの間などビックリするところに遺言書が隠されているケースも少なくありません。遺品整理士はこういったケースを多く経験しているため自分では探せなかった場合も見つけ出してくれることがあります。

またあまり捜索の時間が取れなかったり、自身が高齢で自力で探すのは大変だという場合にも利用することをおすすめします。

みんなの遺品整理に掲載されている遺品整理業者すべて遺品整理士の資格を取得しており、遺言書捜索のプロです。厳しい審査を通過した業者のみを掲載していますので、依頼を検討するときはチェックしてみてくださいね。

遺言書捜索が得意が遺品整理業者の料金と口コミを見てみる

安くて安心な業者を探す方法

自分や家族だけで片付けを行うのには限界があることも多いと思います。仕事との兼ね合いで時間が取れない、家が遠方で頻繁に片付けに行くことができない、思い入れのある品に対して思い切った整理ができなかったりなどです。そんな時には、プロである片付け業者に依頼することもできます。

業者に依頼する際に何よりも重要なのは、「しっかりとした安心できる業者に依頼すること」です。大切な家財や思い出がつまった家を整理するのですから、いい加減な業者、ましては悪徳業者には依頼したくないものです。

また料金を安くしたい・出費を抑えたいというご要望もあるでしょう。私たちみんなの遺品整理は「安心×低価格×高品質」なサービスを多くのユーザー様に届けたいと考え、以下のサービスを提供しています。

みんなの遺品整理が選ばれている3つの理由

1、業者比較で最安値が見つかる!

・業界最安値級 (1K:15,000円~)

・複数社への一括見積もりで、本当に安い業者がわかる

・見積もり無料・追加料金一切なし

・高価買取とリサイクルでさらにお値引き

・全国600社以上の空き状況、希望エリアから業者をご紹介

 

2、安心して利用できる仕組みを実現

・個人情報がいきなり業者に公開されない

・専門アドバイザーに無料相談可

・上場企業基準の厳しい加盟審査

・遺品整理士の資格をもつ優良業者のみ紹介

・作業後の口コミアンケートで評判の良い業者を厳選

 

3、ご利用満足度98.1%!カンタンで手間まで削減

・1度の問い合わせで3社に一括見積もり

・業者に何度も説明する手間を省きます

・キャンセルや日程調整も代理対応

・忙しい方、遠方の方は立ち合いなしの作業可

・即日対応、供養、清掃、消臭まで豊富なワンストップサービス

遺品整理業者の審査基準について

また当サイトみんなの遺品整理は、遺品整理士認定協会と提携しており、遺品整理士が在籍する業者のみをご紹介しています。またご紹介する業者はすべて厳しい加盟審査をおこなっております。

全国10,000社以上いるといわれている業者の中から、

・法律を守って運営しているか

・過去にクレームや追加料金がないか

・電話対応や接客の質が良いか

などの項目で審査し、厳選して掲載しています。600社以上の業者から料金、口コミ、スタッフ、サービス内容、作業事例、実際の支払い費用で比較できます。

遺品整理業者の料金や口コミを見てみる

まずは無料相談

はじめての遺品整理でどうすればいいかわからないという方のご相談も受け付けております。

・遺品整理の料金や流れ

・どの業者が良いのかわからない

・ホームページでみつけた業者は大丈夫?

など気軽にご相談くださいませ。業界歴9年以上の業界知識の豊富なスタッフが回答いたします。

まずは無料相談・お急ぎの方はこちら

【監修者:一般社団法人遺品整理士認定協会】

遺品整理業界の健全化を目的に2011年設立。

遺品整理士養成講座を運営し、認定試験・セミナー・現場研修などを実施している。

法令順守をしている30,000名を超える会員、1,000社を超える法人会員が加盟。法規制を守り、遺品整理業務を真摯に行っている企業の優良認定、消費者保護のための遺品整理サービスガイドラインの制定もおこなっている。

 

【執筆者:みんなの遺品整理事務局】

東証一部上場企業の株式会社LIFULLのグループ会社である株式会社LIFULL senior(ライフルシニア)が運営しています。2017年より業界最大級の遺品整理・実家の片付け業者の比較サイト「みんなの遺品整理」を運営し、全国で累計件数30,000人以上の皆様からご相談・ご依頼をいただいております。

はじめての遺品整理でも、専門知識が豊富な相談員が中立な立場で、無料アドバイスをさせていただきます。大切な人の生きた証を残しつつ、気持ちよく次の世代へ資産や遺品を引き継ぐために、私たちは、お客様一人一人に最適なお手伝いができる情報提供・業者のご提案を致します。