実家の片づけをしているときに使っていない大量の食器を発見。こんなときどうすればいいか困りますよね。普段使いしているたくさんのお皿から、桐箱にはいったもらいもの、よく両親が使っていたグラスなど色々ありますよね。この記事では食器の正しいを処分の仕方をご紹介します。

食器の処分方法ってどうすればいいの?

ご実家のお片付けにお困りですか?

みんなの遺品整理では、全国263社優良遺品整理業者から複数業者の相見積もり・全国即日対応可能

食器の種類とゴミの出し方について

食器は以下の種類に分けられます。あまり知られていないかと思いますが、捨て方は素材や大きさによって異なるため、注意が必要です。

陶器やガラス製のもの

一般宅でよく使われているタイプのものです。燃えないごみとして分別しましょう。ゴミとして出す際に割れてしまうと清掃員の方がケガをしてしまう恐れがあるため段ボールにいれる・新聞紙にくるむ・ゴミ袋にガラス製品や食器が入っている旨を表記しましょう。

金属製のもの

金属ごみとして分別して出します。地方自治体によっては燃えないゴミとして出すところもありますので、注意してください。ボールやおたま、鍋やフライパンなどの調理器具も金属製であればこの種類に該当します。

プラスチック製品

燃えるごみ、またはプラスチックごみと同様、資源ゴミとして出します。自治体によってどちらに区分されるか異なりますのでWebサイトなどで確認してみましょう。

サイズが大きなもの

素材にかかわらず1辺の長さがある程度の大きさだと粗大ごみ扱いとなります。エリアによって30cmや、50㎝など基準があるのでこちらも各自治体のルールを確認してみましょう。

注意点としてはエリアによって回収日が決まっているため、タイミングによっては捨てるまでに時間がかかります。燃えないゴミの回収が月1回~2回のところもありますので注意してください。

急いでいるとき、食器が大量の場合は業者に依頼する

遺品整理や生前整理で、片づけをしている物件が賃貸の場合に退去日が迫っていて、早急に片づけをしないといけない場合もあるでしょう。また食器はかなり重いため、たくさんあるものをすべて自分だけで運び出すのは骨が折れます。そんなときは片付け業者への依頼を検討してみましょう。

食器だけでなく家具家電なども運び出してくれるため、手間も時間もかけることなく、片づけを終えることができます。また決まった日時までに完了させないといけない状況であれば即日対応してくれる業者もいます。業者によっては福祉施設に回収した食器を寄付してリサイクルしているところもあります。

当サイトみんなの遺品整理では全国の優良遺品整理業者と提携しておりますので、大量の食器の処理でお困りであればお気軽にご相談ください。

食器の処分をしてくれる片付け業者の料金を見てみる